習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

01

前回の記事の続きです。蕎麦の後にデザートを食べようと
新京成線沿線でいいとこがないか探していると
こちらの店がヒットしました。

ケーキ屋ですが、カフェも併設している「 菓人KICHISE 」。
二和向台駅から5分ほど歩いた場所にあります。

02

ショーケースには数々の美しいケーキが並んでいます。
写真に写っているのはほんの一部。

カフェ利用を伝え、各々ケーキを選んで席で待ちます。

03

飲み物には ホットコーヒー・324円 を頼みました。

04

ツレが頼んだケーキは セシル・410円。

味見させてもらいましたが、チョコはカカオの風味が濃く
ビターなチョコレートムースは滑らかで、大人の味わい。

05

私は ミルティーユ・432円 を。

アーモンドタルトの上に、レモンが薫るレアチーズケーキ。
酸味が爽やかなブルーベリークリームでコーティング。

どちらのケーキも最後まで飽きの来ない見事なバランスで
とても気に入ってしまいました。
新京成線でスイーツを食べるならここだな!

06

こんな美味しそうなメロンのスイーツもありまして・・・。

追加注文したい気持ちをグッと抑え、帰ったのでした。

01

新津田沼駅から、各駅電車しかない新京成線に乗ること16分。
鎌ヶ谷大仏駅にやってきました。
千葉県内で蕎麦の屈指の名店と呼ばれる
天庵 」に初訪問を。

人気店なのに週末の二日間しか営業しないので
行列必至!
この日も開店の少し前に到着するも、既に満席で
席に着くまで30分ほどかかりました。

02

カウンターが5席にテーブルが3つ。
ちょうど客が入れ替わるタイミングだったので
窓際の明るい席に座ることが出来ました。

03

お酒やそれに合うツマミもありますが、私達はお蕎麦を。
一番人気の天ぷらせいろを大盛りで。

あと気になったごまだれを、ツユだけ単品注文。
辛味大根おろしは残念ながら売り切れでした。

04

天ぷらせいろ(大盛り)・1900円 です。
ごまだれ・200円 は、二人前を出してくれました。

05

天ぷらは海老と、カボチャやナスなど数種の野菜。

塩でいただきましたが、ふわっと揚げられて中々のもの。
主役の海老は甘みがあって、食感よし。

06

水で打った十割の蕎麦は太めで、コシを楽しむというより
モッチリした食感。のど越しを味わうタイプかな。

個人的にはエッジが立って、程よい硬さがある蕎麦が好みですが
こういうタイプも悪くないですね。

07

ツユは鰹節がたっぷりきいて、キリッと辛口。
蕎麦の甘みがより引き出される感じ・・・。

新蕎麦の時期になれば、蕎麦の薫りもふくよかになって
より相性が良くなるのでしょう。

08

ごまだれのツユも、胡麻のコクが存分に感じられて好印象。
交互につけていただくと、お互いの個性が際立っていいですね。

09

蕎麦を平らげた後は、蕎麦湯をいただきます。

熱々で濃厚な蕎麦湯を、棒でかき混ぜてから注ぐと
蕎麦の薫りがグッと力強くなって、思わずニンマリ・・・。

ごまだれの方でも試してみましたが
こちらもまた面白い風味になって、
最後まで楽しませていただきました。

このページのトップヘ