習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

01

休止して一ヶ月も更新がないのに
毎日多くの方が見に来てくれております。
お詫びの意味も込めて、一つ記事を。

京成線の東中山に昨年3月にオープンした
とものもと 」というラーメン屋に再訪しました。

前回(記事は こちら)は中華そばをいただきまして
塩そばが始まったら、また来ようと考えていたのです。

平日夜の早い時間に訪れたにも関わらず
ほぼ満席の盛況ぶり。

02

注文したのは、先月下旬から提供が始まった塩。
特製塩らーめん・980円。
サイドメニューの 紅孔雀卵かけご飯・200円 も。

塩らーめんの基本の具は
船橋三番瀬産のホンビノス貝や海苔、あおさ。
豚と鶏二種類のチャーシュー、穂先メンマ。
特製にすると、ワンタン3個と味玉が乗せられます。

03

スープをいただくと、ホンビノス貝の旨味がズドン!と
一本芯の通った力強い味わい。

それでいて個性の強いホンビノス貝のクセは抑えられ
スッキリと飲みやすい清湯スープに仕上げられています。
レベルの高い塩スープを、私以上にツレが気に入っておりました。

具材もそのどれもがそつなく美味しい・・・。
ちなみに写真では、海苔の下に鶏チャーシューが隠れてます(笑)。
餡がたっぷり入ったワンタンが格別な旨さなので
特製にすることを強くオススメします。

04

麺は全粒粉の入った細麺で薫りがよく
適度なコシがあり、切れるとしなやかさを感じさせます。
スープのノリもよく
あおさ海苔が絡むと、磯の風味が加わってたまらん・・・。

全体的に見て、完成度の高い塩ラーメンでした。
きっと醤油ラーメンも、昨年食べたときより
飛躍的に美味しくなっているだろうと思います。

05

卵かけご飯は、黄身の甘みが濃厚で
たっぷりとかけられた鰹節の旨味と薫りが
なんとも言えず美味!

サイドメニューまで隙のない美味しさでした。

今度は醤油ラーメンを食べてみたいので
近いうちにまたお邪魔することになりそうです。

01

市ヶ谷の名店「麺や庄の」が期間限定で
船橋東武に出店しております(※6月23日まで)。

ちょっと面白いラーメンを出していると聞きまして
帰りに「 麺や庄の 東武百貨店 」に寄って来ました。

02

それがこのふなばしタンメン。メニューはこの一本勝負。

出汁にはホンビノス貝、具には小松菜、三番瀬の海苔など
船橋産の食材にこだわった地産地消のタンメンとのこと。

注文すると、でかいフライパンでガコンガコン!と
豪快に野菜が炒められます。

03

ふなばしタンメン(味玉のせ)・990円 です。

豚骨をベースにホンビノス貝の出汁を加えたスープは
骨太で、中々重厚な仕上がり。
シャキシャキしたモヤシやキャベツ、パリパリと香ばしい海苔が
食感のアクセントに。

メニュー写真に比べると、具のホンビノス貝が
やけに小さく見えますが、個体差があるので仕方無いかな。
ホンビノス貝って正直なところ
具としてはあまり好きではない食材。

出汁にするには良いのですが
そのまま食べるならハマグリやアサリには
敵わないような気がします。

04

麺は自家製の中太麺で、スープとの絡みよし。
全粒粉入りの麺は、スープの脂の重さのせいか
香りの存在感が薄まってしまってますが
このミスマッチがなんか面白い(笑)。

後半は生姜をスープに溶かして
よりワイルドでアグレッシブな風味にすることで
最後まで飽きることなく食べられます。

味玉やチャーシューもそつなく美味しく
中々レベルの高いタンメンでした。
あと十日間の営業ですので、気になった方はお早めに。

このページのトップヘ