習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

01

新津田沼駅から、各駅電車しかない新京成線に乗ること16分。
鎌ヶ谷大仏駅にやってきました。
千葉県内で蕎麦の屈指の名店と呼ばれる
天庵 」に初訪問を。

人気店なのに週末の二日間しか営業しないので
行列必至!
この日も開店の少し前に到着するも、既に満席で
席に着くまで30分ほどかかりました。

02

カウンターが5席にテーブルが3つ。
ちょうど客が入れ替わるタイミングだったので
窓際の明るい席に座ることが出来ました。

03

お酒やそれに合うツマミもありますが、私達はお蕎麦を。
一番人気の天ぷらせいろを大盛りで。

あと気になったごまだれを、ツユだけ単品注文。
辛味大根おろしは残念ながら売り切れでした。

04

天ぷらせいろ(大盛り)・1900円 です。
ごまだれ・200円 は、二人前を出してくれました。

05

天ぷらは海老と、カボチャやナスなど数種の野菜。

塩でいただきましたが、ふわっと揚げられて中々のもの。
主役の海老は甘みがあって、食感よし。

06

水で打った十割の蕎麦は太めで、コシを楽しむというより
モッチリした食感。のど越しを味わうタイプかな。

個人的にはエッジが立って、程よい硬さがある蕎麦が好みですが
こういうタイプも悪くないですね。

07

ツユは鰹節がたっぷりきいて、キリッと辛口。
蕎麦の甘みがより引き出される感じ・・・。

新蕎麦の時期になれば、蕎麦の薫りもふくよかになって
より相性が良くなるのでしょう。

08

ごまだれのツユも、胡麻のコクが存分に感じられて好印象。
交互につけていただくと、お互いの個性が際立っていいですね。

09

蕎麦を平らげた後は、蕎麦湯をいただきます。

熱々で濃厚な蕎麦湯を、棒でかき混ぜてから注ぐと
蕎麦の薫りがグッと力強くなって、思わずニンマリ・・・。

ごまだれの方でも試してみましたが
こちらもまた面白い風味になって、
最後まで楽しませていただきました。

01

お盆前の祝日。
ツレの希望でランチに「葉菜」に向かうも休業。
HPや食べログには書かれてませんが、祝日は休みのようですね。
せっかく三年ぶりに来たのになぁ。皆様もご注意を!

というわけで、すぐそばにあったこちらに入ることに。
つけ麺の老舗「 つけめん 丸長 」です。
長年地元の方に愛されている人気店でして
13時半を回っていたのに、ほとんどの席が埋まってました。

02

注文したのは チャーシューつけそば(大盛)・1000円。
ツレは つけそば・700円 を。

03

動物系の出汁をベースに、鰹節をきかせた和風のつけダレ。
砂糖とお酢の甘酸っぱさに、胡椒をガッツリ入れて
スパイシーで刺激的な味わいに仕上げています。

具にはメンマと刻まれたチャーシューが。

04

大盛りにしたので、自家製の平打ち麺が山のように盛られます。
期せずして、この日は『 山の日 』でした(笑)。

麺には適度に甘みと香りがあり、コシも十分。
そえられたチャーシューは脂身が少なく、さっぱりしてます。

05

独特な味わいのつけダレが、麺にしっかり絡んで旨い!
甘・辛・酸味がやや勝ったバランスですが、
ベースの出汁もしっかりしているので
物足りなさは、さほど感じさせません。

胡椒がバシッときいた強い刺激が
後半になると、ややつらく感じて来るので
初めての方にはスパイス控え目な つけそばB がオススメです。
でもこのスパイシーさが、ハマる人にはハマるんだろうな。

最後にスープ割りをお願いすると
出汁の美味しさがクリアに感じられていいですよ。

このページのトップヘ