習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2006年12月

karaku01

高級店なのに、格安のランチを出す「鮨からく」に再訪しました。
今回食べたのはづけ・中落ち・穴子丼・1500円です。
ネタが所狭しと乗っけられます。

karaku02

まずはランチで最も人気のある穴子。中々肉厚で脂の乗りも悪くないです。
柔らかいネタですから盛り付けがあまり美しくないのはご愛嬌。(^^;
個人的にはツメをもうちょっとかけて欲しいところ。

karaku03

次はマグロのヅケです。
こちらのヅケは長時間漬けられて、かなり濃い目に味が染みこんだタイプ。
しかし決して下品な味付けではなく、醤油の辛さも控え目なのが嬉しいです。

karaku04

で最後が中落ちです。
個人的にはこの中落ちが最も好印象。
トロと違い脂はそれほど乗ってないのですが
上品な脂の旨さと赤身の旨さを併せ持ってます。

穴子単体で考えると「高はし」の穴子の方が
ヅケ単体で考えると「寿司大」のヅケの方が好みですが
中落ちも合わせて1500円という値段は中々お得だと思います。
次回は中落ちだけの丼にしてみようかな。

doutanuki01

津田沼から電車で10分強の下総中山に無化調ながらも
正統派な豚骨ラーメンを出すお店があります。
店名の「どうたぬき」は熊本の刀銘から取っているとか。
半年ほど前に一度来まして、この日は二度目の訪問となります。

doutanuki02

そのときはなかったメニューがゴマ味のラーメンとつけ麺です。
どちらにするか迷いましたが、今回はつけ麺にすることに。
九州ラーメンの麺を使って、旨いつけ麺が出来るか非常に興味があったので。

doutanuki03

つけ麺(1玉、ラー油有)・850円です。デフォで850円のつけ麺て結構高いなぁ。
見た感じラーメンの具とスープをただ分けたように見えます。
キュウリがつけ麺っぽさを出してますけど。

doutanuki04

つけダレは豚骨がベースで濃厚なゴマの味と風味が足されたもの。
ラー油入りにしたのでそれに辛さも加わって味にアクセントとパンチがあります。

doutanuki05

自家製の麺は九州ラーメンにありがちな、低加水のバリバリとした食感ではなく
表面は滑らかでしっとりした食感で、とろみの強いつけダレとの絡み良し。
具はチャーシューが特に旨いですね。

以前ラーメンを食べたときは無化調ゆえにパンチの無さを
感じましたが、これはゴマを使うことによって味の厚みが増してます。
しかし麺自体がそれほど旨いわけではないので
つけ麺が評判のお店と比べると、かなりもの足りなさを感じてしまうのも確か。
それにこの麺とつけダレだとつけ麺にする必要性も全く感じられません。

やはり九州豚骨はラーメンに限る!と改めて感じた一日でした。
そうだ、今度は渋谷の「唐そば」でつけ麺試してみよう。(゚∀゚)b
でもあそこまで行くと、多分「すずらん」に引き寄せられるなぁ・・・。( ̄Д ̄;;

gyuuan01

ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きと夜は5000円以上のメニューばかりなのに
ランチは格安の値段で食べさせてくれるお店が銀座にある「牛庵」です。
テレビでも何度も紹介されてますね。

gyuuan05

お昼は1000円以下のメニューが並びます。
私達の目当ては限定の和風ハンバーグ。
開店よりちょっと早めに到着すると既に3人待ってました。(^▽^;)
みなさん限定目当てなんでしょうか。

開店して席に着くと、やはりみなさん限定ハンバーグを注文。
この日は33食用意されてました。
開店してすぐにお店はお客で一杯になり
限定ハンバーグはどんどん残り少なくなっていきます。
この日は開店して30分ぐらいで無くなったとか。

gyuuan02

注文後15分ほどして、待望の和風ハンバーグ・980円が到着しました。
肉の本来の味を味わってもらうために味付けは塩コショウのみだそうです。
薄味のソースをかけていただきます。

うーん、残念ながらあまり美味しくない。( ̄Д ̄;;
写真ではわかりませんが、ハンバーグはあまりジューシーでなく
口に入れるとモソモソします。
この日はたまたまあまり脂の乗りがよくない肉だったのかな。
相方も同じ感想だったようで二人で苦笑い。(^▽^;)

gyuuan03

このままでは帰れないので(w、新たにサービスステーキ・980円を注文。
これは美味しかったですね。
和牛ではないでしょうが、お肉は柔らかく脂の乗りも中々。

焼き加減もレアなので私好み。二人で半分ずつ食べましたが
二人とも最初からこれを頼めばよかったとこれまた苦笑いです。(^^;

gyuuan04

これも追加で頼んだ牛庵特製コロッケ・360円。
こちらも文句なしに美味しかった。
下味がしっかりしてて、ソースがいらないくらい。

揚げたてなのもポイント高いです。(゚∀゚)b
追加で頼んだメニューが美味しかったのに救われましたが
お目当てのハンバーグが微妙でちと残念。

でも他のサイトでは絶賛されてるしなぁ。今度もう一回食べてみよう。(^^;

suzuran01

前回つけ麺をいただいて、その麺の旨さに感動した「すずらん」に再訪しました。
今回は平打ち麺か、ひもかわ麺にしようと思いましたが
あいにくこの日は普通の太麺しか用意できないとのこと。

まぁ、それでも麺が美味いので全然問題なしです。(*゜v゜*)

suzuran02

そして今回は旨いと評判の豚角煮をトッピング。
味噌角煮つけそば・1150円です。
今回はもちろん麺大盛でオーダー。麺も角煮もボリュームあるなぁ。

suzuran03

つけ麺のお店でベースの味が味噌味って珍しいですよね。
醤油味のつけ麺もあるのですがイマイチ評判がよろしくないようです。
いつかそちらも試してみねば。
この日のつけダレも尖った塩気のない優しい味噌味。
まろやかな味で麺の風味の邪魔をしないのがいいですね。

suzuran04

麺については今回も言うことなし。
大盛なので350gとかなり多いですが、あっという間に完食しました。(゚∀゚)b
角煮のほうはトロトロの柔らかさで、甘辛い味付けが麺によく合います。

う〜ん、今回も大満足です。
渋谷には行きたい店がまだまだたくさんあるんですが
ついついこちらに寄ってしまうなぁ。(^▽^;)
私の中のすずらんブームはしばらく終わりそうにありません。

takahashi01

今日こそはあんこう煮食べたいなぁと「高はし」の前まで来ると行列なし。
ようやく念願のあんこうがいただけます。
しかし表のメニューを見ると、私の大好物のあなご丼もオススメみたい・・。
人生初のあんこう煮をとるか、大好物のあなご丼をとるか
それが問題だ。(ーΩー )うーむ・・。

takahashi02

てなわけで両方食べることに。(^▽^;)。
あなご丼+あんこう煮・3100円です。
昼からちょっと贅沢しちゃいました。
実はあなご丼のほうも穴子二段重ねのスーパーにしようかと思ったのは内緒。

takahashi03

私の中で既に定番のあなご丼・1100円。
うむ!今回もヾ(@⌒¬⌒@)ノ 美味い!
今回の穴子は特に肉厚で脂の乗りも素晴らしいですね。
フワフワトロトロで口の中でとろけます・・・。
味付けもいつも通り完璧。コクがあって上品なタレです。

takahashi04

そして初対面のあんこう煮・2000円です。
この日は北海道から空輸したあんこうを使っているとか。
まずスープを飲んでみるとこれがまた美味い(゚∀゚)b これがあんこうの味か!
味噌を使ってないのでコッテリでなくあっさりとした
しみじみ美味いと感じるスープです。これはイイですね〜。

takahashi05

中は具沢山であんこうの色々な部位が入ってます。
それぞれどこの肉かも内臓かも判りませんが、
そのどれもが違った食感と味でおもしろいですね。身はかなりあっさりしてます。

個人的にはプルプルした食感の皮(?)とか、
コリコリした腸(?)のような部分が特に美味しいと感じました。
今後寒くなってくるにつれて脂の乗り具合が
変わってきて、旨さも変わっていくのでしょうね。

takahashi06

あんこうの中でも特に旨いアンキモもかなり沢山入ってました。
「寿司大」で食べたアンキモは旨味が濃縮されたような鮮烈な味ですが
こちらは優しく深い味わいですね。

もちろんスープを一滴も残すことなく完食。
いや〜、これからの時期に特にこたえられない一品ですね。

次回訪問するときも、何を食べるかかなり悩みそうです。(^▽^;)

このページのトップヘ