習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2007年06月

unsui01

ラーメン評論家石神氏によると、ダシに節系ではなく生の魚を使った
鮮魚系らーめんブームがそろそろ来るかもしれないとのこと。
その存在すら知らなかったので色々と検索したところ、松戸の「雲水」が中々の評判。

unsui02

てなわけで早速やってきました。メニューには塩と醤油がありまして、評判の良い塩を注文。
塩らーめん・600円です。数種類の魚のアラでダシを取ったというスープを一口いただくと・・・。
お!旨い。前評判通りお鍋のダシのような味わいですが旨みが強いのに優しく後味スッキリ。
もちろん鮮魚系特有の香りもあるのですがクセでなく風味のレベルに抑えられてます。
これは時間と温度管理が難しそうなスープだな〜。

unsui03

具はチャーシュー、メンマに白ネギに海苔とオーソドックスで特筆することはないかな。
麺は浅草開化楼製の縮れ麺なんですが、正直このスープには合ってない気がします。
特に麺を食べた後に残る後味がどうも好きになれません。(^^; これは麺自体の香りのせいかな?

総合的に見ると残念な感想になってしまいましたがこのスープはおもしろいですね。
鮮魚系らーめんの可能性を秘めた一杯でした。

22i01

東京駅へ寄る機会があり、昼時だったのでランチでもと。時間に余裕がありましたので
様々な選択肢のある中、雑誌やメディアで評判の店まで徒歩で向かいました。
歩くこと15分ほどで着いたのが、茅場町の駅近くの洋食屋「津々井」です。
こちらも近くの「吉野鮨」と同じく老舗ですね〜。

22i02

頼んだのは雑誌で見て旨そうだった和風ハンバーグ丼・1050円。一日限定20食の丼です。
ハンバーグの上に大盛のオニオンスライスが乗っけられます。

22i03

オニオンをどけると大きなハンバーグが姿を現します。
表面をソテーした後、オーブンでじっくりと1時間かけて火を通すというハンバーグは
驚くほどジューシーなのが売りということですが、見た目はあまりジューシーに見えません。

22i04

いやいや、割って見るまでは判りません。で割ってみたところそこまでジューシーでもない。
(^▽^;) 口の中で少々モソモソします。肉自体の旨みもあんまり感じられないなぁ。

22i05

しかしシャキシャキしたオニオンスライスと特製の和風醤油ダレとの相性がよく
どんどん箸が進み、気がつけば完食。(=゜∇゜)
肝心のハンバーグの印象はイマイチだったものの総合的に見れば満足できる一杯でした。(^^;

次回はもう一つの人気メニューのオムライスを食べてみようと思います。

takenibo01

メディアやネットで評判の店、「たけちゃんにぼしらーめん」の代々木店にお邪魔しました。
ここは私の友人がハマっている店で、彼は週1ペースで来ているとか。

takenibo02

初来訪でしたので店の人にオススメを聞くと、塩らーめんがオススメとのこと。
てなわけで塩らーめんに具が追加された塩スペシャル・950円を注文。

takenibo03

スープは鶏ベースで深い味わいを持ち、飲んだ後に煮干しの風味が返ってくる感じ。
上品であっさりしていながらも力のあるスープですね〜。(゚∀゚)b
麺は中細でコシのあるしなやかなタイプで、噛むとプツンプツンと小気味よく切れて
歯に跳ね返ってくる感じがいいです。
これはちょっと「伊藤」の麺に食感が似てるなぁ。
あちらの方がコシや麺の香りは数段上ですが、製麺所の麺でこれだけ旨いなら満足できます。

takenibo04

具の厚切りバラロールチャーシューと半熟味玉もいい感じ。(*゜v゜*)
隙が無い完成度の高いらーめんといった印象でした。
後日友人に連絡すると、醤油の平打ち麺もオススメとのこと。次回はそれだな。(-ω☆)キラリ

dai01

定期的にお邪魔している築地の「寿司大」にやってきました。
早朝6時半に待ち客4名。このくらいなら許容範囲内です。
5分後には私の後ろに10名ほどの外国の方が並ばれました。危なかった〜。( ̄Д ̄;;

dai02

15分ほど待って店内へ。この日もお好みで色々と注文することに。
まずは絶妙なシメ加減の小肌。

dai03

続いてアオリイカ。塩とスダチで食べるとイカそのものの甘みを感じられていいですね。

dai04

この日1、2を争う旨さだった赤ムツ(ノドグロ)。皮付きなのが嬉しいですね。
脂が乗ってて白身なのに口の中でトロリと溶けます。

dai05

タコは身の締まりがよくその弾力が気持ちいいです。
食べた後に鼻に抜ける香りとほんのり舌に残る旨みがたまりません。これも塩がオススメ。

dai06

コリコリした食感が楽しいアワビ。

dai07

春の光り物の代表であるサヨリは見た目の美しさも味の一つ。

dai08

まだ旬ではないものの肉厚で中々脂が乗った鯖。鯖好きの私は必ず注文してしまいます。
煮切りは寿司の旨さを左右する重要な要素の一つですが
寿司大の煮切りは特にマグロと鯖に相性が良いように感じます。

dai09

お次はちょっと珍しい天然のホタテ。身が厚く大きくてシャリを覆い隠します。(^▽^;)
食べ応え満点で養殖のホタテに比べると磯の香りと味が一層強い感じ。
好みの分かれるところですが私は非常に気に入りました。

dai10

この日赤ムツに負けない旨さだったのが、つきじろうさんも絶賛されたカワハギの肝乗せ。
新鮮で鮮烈な味わいの肝と淡白であっさりした旨みを持つ身がそれぞれの味を引き立てる感じ。

dai11

この他に赤身や春子鯛を食べた後、シメは穴子を。
上手く掴まないとホロホロと崩れてしまいそうな身を慎重に口に運びます。

全12貫食べて4200円(税抜4000円)。味にも値段にも大満足です。(゚∀゚)b
次回の訪問も非常に楽しみです。そんなに暑くならないうちにあと2回ぐらい行きたいなぁ。

このページのトップヘ