習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2007年07月

suegen01

新橋にある鳥割烹の「末げん」はちょっと変わった親子丼が評判です。

suegen02

それがこの親子丼。こちらではかま定食・1050円と呼ばれています。
奥久慈軍鶏と滋養鶏、合鴨の3種類の挽き肉を玉子でとじたものがご飯の上に乗ります。

suegen03

この挽き肉が物凄い旨味を持っていて、玉子と合わせられているのにその存在感を全く失わず
黄身のとろみと甘みが加わりとんでもない旨さに。(=゜∇゜)
味付けが上品なのは素材に自信があるからでしょうね。
ふわふわの玉子とじの食感もよく三つ葉が後味をキリリと締めます。

suegen04

そしてこの生姜を効かせた吸い物がまた美味。(゚∀゚)b 
鶏のダシがよく出ていながらこちらも上品な味付けでいくらでも飲めそう・・・。

suegen05

素材から出た甘さを強く感じる親子丼とあっさりした吸い物を交互にいただくと堪えられない旨さ。
大変気に入りました。是非再訪したいですね。(*゜v゜*)

shinoda01

松戸のみのり台に「中華そば 志の田」という店が出来ました。
ご主人は「ちばき屋」出身だそうです。
ちばき屋は以前船橋ラーメン横丁にも支店があり何度かお邪魔しましたが、昨年撤退。
そのちばき屋に似た味なのか?それとも全く違った味なのか? 興味津々でやってきました。

shinoda02

自家製麺なので麺の旨さが判りやすいつけ麺も食べてみたいですが
今回は味玉中華そば・750円を注文。見るからに豚骨魚介系のダブルスープで
運ばれてくると煮干しの香りに食欲をそそされます。
まずスープをいただくと・・・、美味い!(=゜∇゜)
動物系と魚介系のそれぞれの旨さをバランスよく感じられます。
後にほんのり煮干しの苦みが残りますがそれは決していやらしくなく、まろやかな旨さを
引き締め、すっきりさせます。この後味の個性は非常に好みですね〜。

shinoda03

麺はスープと絡みのよいしなやかな細麺で、噛むとプツンプツンと弾けるように切れる食感が
気持ちいいですね。スープとの相性も抜群です。

shinoda04

そしてちばき屋出身ということで期待した味玉も文句ない旨さ。(゚∀゚)b
この旨さは本家譲りなんでしょうね。

修行先のスタンダートな醤油ラーメンとは違い、力強いダブルスープの旨さで
グイグイ惹き付けられるラーメンでした。太麺を使ったつけ麺の方も是非食べてみたいですね。
近いうちに再訪しようと思います。

komugibo01

久々に渋谷に来る機会がありまして、深夜に食事するハメになってしまいました。(^^;
そんなときに重宝する店の一つがここ「小麦房」です。

komugibo02

この日頼んだうどんはおろしぶっかけ(中)・441円です。
深夜なので茹で立てではなく茹でたものをお湯で温めて出されますが
うどんのコシは中々のもの。いかにも小麦がギュッ!と詰まった感じの張りのある麺です。
おろしとの相性が最高ですね〜。

komugibo03

ちくわ、カボチャ、かしわ天・280円も注文。
タイミングがいいと揚げたてを食べられるんですが、この日はあいにく・・・。
でもセルフタイプのうどん屋にしては味がいいのでついつい頼んでしまいます。

komugibo04

そしておまけにミニそぼろ丼・190円もいただきました。
ちょっと甘辛く煮られた肉そぼろと卵そぼろの組み合わせはジャンクな味ですが
深夜に食べるとミョ〜に旨いです。(*゜v゜*)

komugibo05

あれやこれやと贅沢に注文してガッツリといただくと満腹必至!
これだけ食べても1000円でお釣が来るのが嬉しいですね。(゚∀゚)b

karaku01

この日は銀座にて同僚と食事することに。私個人としては未食の宿題店を希望したのですが
同僚が以前訪問した「からく」に再訪したいとのこと。てなわけで行ってきました。

karaku02

今回注文したのはづけ、鯛のごま和え丼・1000円です。

karaku03

鯛のごま和えの味付けは素材自体の味を邪魔しない程度で上品な仕上がり。
白身の旨さがしっかりと感じられ、丁度良い厚さで食感も非常に良いです。

karaku04

ここのマグロのヅケはいつも旨いですが、この日は特によい出来でした。
マグロ自体のネタの良さもさることながら漬かり具合が私の好みにベストマッチ。(゚∀゚)b
前回の訪問でここのヅケを気に入った同僚も同じ感想だったようで
もう一杯おかわりしようかと真剣に悩んでました。(^▽^;)

この味で1000円なら安いな〜。価格以上の満足感を得て店を出ると10名ほどお待ちでした。

01

末広町にやってきました、お目当てはここ「鳥つね自然洞」。親子丼の名店です。

02

開店直後でしたので以前から食べたかったモツ入りを食べることができました。
特上もつ入り親子丼・1900円です。この日は私の次の人の注文でモツは売り切れ。
やっぱり大人気なんですね〜。

03

玉子の黄身の色が映えたオレンジ色が食欲をそそります。
定番のトロトロ半熟仕上げで、最も美味しく感じる絶妙な火の通り具合です。(=゜∇゜)
鶏肉には比内地鶏と名古屋コーチンの胸とモモを使い、それぞれの味の違いも楽しめます。
特上に使われる鶏肉は非常に味が濃いのが特徴。

04

そして念願のモツもまたすごい存在感!モツにも様々な部位を使われてるようですが
その中でもやはりレバーの旨さに驚かされます。上質なフォアグラみたい。(゚∀゚)b

無言で丼をかっ込むこと数分であっと言う間に完食。至福の時間でありました。
玉子、鶏肉、モツとどれもが絶品の親子丼でした。
たまにしか入荷できないという白レバーもいつか食べてみたいですね。

このページのトップヘ