習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2007年11月

01

私がラーメン激戦区松戸で特に好きなラーメン屋を3店選ぶとしたら
これまで紹介した「とみ田」と「兎に角」と、この「味処 むさし野」を選びます。

02

和食出身の主人が作る優しい味わいのラーメンやつけそばが大好きなんですよね。
そしてサイドメニューの季節のごはんがまた絶品なのです。

03

人気メニューの塩そばと迷いましたがつけそば・750円と季節のごはん・300円を注文。

04

麺は中太の平打ち麺でコシがあり水切りが完璧。具はどれも味付けが控え目で上品な味。

05

つけダレは魚介ダシが濃厚に出ながらも酸味と辛味のバランスが取れた和風味。
麺との相性もよく優しい味わいながら最後まで飽きの来ない味です。

06

そしてメインメニューより好きかもしれないのがこの季節のごはんです。
この日は鯛飯の上に牡蠣の酒蒸しとイクラの醤油漬け、小柱の刺身が乗せられていました。

07

磯の風味の強い牡蠣も酒蒸しにすることで味のバランスを壊すことがなく
イクラの味付け、鯛飯の塩加減が絶妙なので全体的に調和が取れています。
麺を食べ終えた後にスープ割りと一緒にいただくと格別の美味さ。(=゜∇゜)
このご飯が食べたくてついつい来てしまうんですよね〜。
いや〜、美味かった。(゚∀゚)b 寒くなる前にもう一回ぐらい来たいなぁ。

01

「寿司大」に前回お邪魔した際、閉店間際だったせいかあまり待たずに入れました。
それに味をしめてこの日も2時少し前にやってきたところ20名を超える大行列・・・。
さすがに1時間半は待てませんので寿司大を諦めて
どこで食べようかと考えながら場内を歩いていると「禄明軒」がまだ営業中なのを発見。

02

普段早朝の5時とか6時に来ることが多い私はこの店が開いているのを
あまり見たことがありません。てなわけでこの日のランチはここに決定です。
店頭の黒板に書かれたカラフルなメニュー表がいいですね〜。
ここはやはり旬のアレをいっときましょう。

03

カキバター焼きライス・800円です。価格はかなりリーズナブルですね。
硬めに炊かれたご飯がバターソテーによく合いそう。

04

カキはそれほど大きくはないものの7、8個も入ってボリュームたっぷり。
バターの照りの美しさが磯の香りとともに私の食欲を刺激してきます。
早速いただくとカキの旨味とバターのコクと香ばしさが最高の相性!
火が通り過ぎていることもなく中はジューシーでプリプリとした食感。

05

半分はそのままで、残りはレモンをかけていただきました。
レモンの爽やかな酸味がいいですな〜。思ったとおり硬めのご飯との相性がよく
ライスは瞬く間に無くなってしまいました。(^▽^;)
キャベツの千切りもカキバターソースを絡めていただくとウスターソースとは
また違った旨さでよいですね。

大ぶりのカキを使いベーコンで更に旨み、香ばしさをアップさせた
たけだ」のカキバターほどのインパクトはありませんが
800円でこの味と量なら文句のつけようがありません。
店員さんの接客も良く満足して築地を後にするのでした。

01

船橋の人気店「赤坂味一」に訪問しました。店に着くと煮干しの香りがして食欲を刺激されます。
広い店内はカウンターもテーブル席もほぼ満席。昼時を外したのに大盛況ですね〜。

02

基本メニューである中華ソバ・500円を麺硬めで注文。今時500円は安いなぁ。

03

麺の量はかなりあります。具はチャーシュー、メンマ、ナルトにワカメとシンプル。

04

スープは煮干し、鰹、ゲンコツで取ったダシにチャーシューの煮汁を足して作られます。
煮干しの風味が際立ちながらも優しい味で、食べ進めるうちに旨さがじんわりとわかってきます。

05

麺は中細の縮れ麺。スープの持ち上げは悪くなくコシもあります。
麺の量は大盛にしなくてもかなり多いので満腹必至です。
でも大盛を注文する人が多かったなぁ。

06

麺の多さに少々苦戦しながらも15分ほどで完食。美味かった〜。(=゜∇゜)
煮干しのスープって中毒性がありますよね。ほぼ毎日通う常連も多いみたいです。
もしかすると船橋で最も多くの人に愛されている店かもしれません。

01

連日早朝から行列が出来る「寿司大」では昼の2時までに並べば食べることができます。
この日は昼に中途半端に時間ができまして、2時前に築地まで行ってみると寿司大の前には
10人ほどの待ち客。運良く30分ほどで入店することが出来ました。

02

寿司大にはおきまりのメニューが3種類あります。
初訪問される方には絶対に3670円のおまかせをオススメしますが
あまり量が食べられない女性には、7貫で2100円のにぎり寿司がいいかもしれません。
この日はまずその2100円のにぎりを頼み、その後にお好みで追加することにしました。

03

1貫目は中トロ。勿論本マグロです。程よく脂がのり大トロに負けない美味しさ。

04

2貫目は新イカ。スミイカの子供でこの時期だけ楽しめる味。
驚くほど身が柔らかく、それでいてイカならではのシャキシャキした食感も楽しめます。
甘味が強いのもその特長。1匹から2貫分しか作れないとか。

05

3貫目は赤身。
この日の赤身は前回と違い脂はさほど強くなく、赤身本来の旨さを味わえました。

06

4貫目は赤貝のひも。コリコリした食感がいいですね。

07

5貫目は〆具合が絶妙の小肌。

08

6貫目は白魚。寿司大で初めていただきましたがさっぱりして旨いですね。

09

最後の7貫目は穴子。この日の穴子は尾っぽのとこだったのがちょっと残念。
以上で終りですが小食の方なら充分満足できるかもしれませんね。
ちなみにおきまりでもその日によってネタは結構違います。

10

そしてお好みで追加注文を。まずは久々にいただいた車海老。
見事な大きさですね〜。プリプリした身の弾力と甘さがたまりません。

11

次は温かいタラの白子の軍艦。
一口で食べられないぐらいにドカッ!と豪快に盛られた白子はクリーミーで美味!

12

前回その旨さに感動したカワハギの肝乗せは残念ながら売り切れ。
閉店間際なので仕方ないのですがこれが一番悲しいんですよね〜。(^^;
というわけで後は残っているネタでオススメのものを握ってもらうことに。
これは平目のエンガワ。脂がのってるのに上品な味でした。

13

お次は旬の鰆。寒鰆といって関東で特に喜ばれるネタです。

14

サバを頼んだところ、切れ端しか残ってないということでサービスで出してくれました。
こういった心遣いが嬉しいですね。切れ端でも味は文句なし!

15

この時期絶対に食べておきたい生いくらも勿論注文。
お隣のボタン海老も甘みが強かったなぁ。(=゜∇゜)

16

最後はここに来たら必ず食べておきたいマグロのヅケ。見た目の美しさも味のうちですね。

2100円のにぎりにお好みで8貫追加注文してお会計は4700円ちょっと。
絶品の寿司を腹いっぱい食べてこの値段はやはりお得。
いや〜、美味かった。(゚∀゚)b 次回の訪問が楽しみです。

このページのトップヘ