習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2008年10月

01

「八千代」にやってきました。

02

この日のお目当てはTV番組で紹介されてたハモのフライ。
お気に入りであるアジフライとセットで注文できるか聞くと大丈夫とのこと。
いつものようにタルタルソースを多めでお願いしました。

03

あじハモフライ定食・1300円です。
朝からヘビーなメニューをガッツリ!といただきます。 (=゜∇゜)

04

まずはお目当てのハモフライを。肉厚で甘みのある身は弾力があり、骨切りも完璧です。
ここでは初めて食べましたが美味いですね〜。独特の食感がなんとも言えません。

05

そしてアジフライもいつも通りの迫力のある大きさ。衣はそこまで立ってないですね。
1月に食べた凶暴なくらい衣が立った アジフライ に比べると上品な仕上がりですが
そのせいかアジのふんわりした食感が際立っています。
口に入れると中からアジの旨味がジュワ〜!と弾けるように出てきますよ。

06

多めにかけてもらったタルタルソースがまたフライによく合います。
タマゴがゴロゴロッと入り、ボテッとしたタルタルソースが私は大好きなんですよね。

次回来たときはカキフライかな〜。勿論タルタルは多目で。 (゚∀゚)b

01

ラーメン職人として名を馳せる田中玄氏が、自身の集大成として三ノ輪に店を出しました。
その名も「ラーメン創房 一茎草」。
この店のコンセプトについて興味のある方は、是非玄さんの ブログ をご覧になってください。
そこには店名の由来や、彼のラーメンに対する思いも克明に記されております。

02

ラーメンのメニューは6種類。あの魔神さんが4ッ星、5ッ星をつけたメニューが並ぶ中で
初訪問の私が注文したのは「玄麺」。やはり最初は基本のメニューをいっときましょう!

03

玄麺(本格派醤油ラーメン)・780円です。
おっ! デフォルトのラーメンなのに味玉が半分が付くんですね。

04

具はチャーシュー、メンマに味玉、ほうれん草。白髪ネギに糸唐辛子。そして焦がしネギが。
チャーシューは出す直前に焙られ、柔らかくしっとり。臭みはないのに肉の味がやけに濃い。
メンマも食感がよく、野菜、玉子に至るまで素材の良さを感じさせます。

05

そして美しい琥珀色のスープを一口飲んだ私は衝撃を受けました。
魔神さんは
『一口目は、何の変哲もない味。
       〜しかし飲み進む内に、美味さが増幅して、レンゲが止まらなくなる。』
と評されていますが、私は一口目からその味にノックアウトされてしまいました。(^^;

東京しゃもや豚・魚介で取ったダシはそれぞれが深いところでバランスが取れ
近藤醸造の醤油、糀屋三郎衛門の昔みそといった私の知らない調味料を合わせたラーメンは
まさにコンセプトとしてある「江戸前喧嘩ラーメン」という表現がぴったりの強い味。
無化調ならではの優しい味を逞しくさせ、香りもより複雑玄妙なものに仕上げています。
これはスゴイ。〜〜〜〜〜((((((ノ゜゜)ノ

06

麺は中細の縮れ麺で、小麦の味わいも中々。スープの乗りがよく相性も申し分ないですね。
しかし魔神さんによると、今は亡き「ラーメン創房玄」で使っていた自家製麺と比べると
差があるとのこと。是非いつか自家製麺で食べてみたいものです。

あまりの旨さにひたすら食べ続けること10分強で見事に完食完飲!
食べ終えた後についたため息まで美味しいラーメンでした。 (゚∀゚)b
店を出るとき店員さんに、「次回はつけ麺をどうぞ!」と言われましたが
多分何を食べても美味いんだろうな・・・。 (^▽^;)

既に4回も行かれた魔神さんのレポは こちら
これを読んだら次回何を食べるかますます悩んでしまう私でした。(^^;

01

9月の末に久々に「かとう」にお邪魔してきました。

02

いただいたのは昨年も食べて美味しかった 新さんま塩焼き定食・1400円です。

03

高はし」の秋刀魚に比べると太さは劣るものの、食べ応え十分の大きさです。
脂もしっかりのってますね〜。 (=゜∇゜)

04

焼き加減はしっかりと焼く「高はし」とは違い、焦げているのは皮の表面だけ。
パリッと焼かれた香ばしい皮と脂ののった身を一緒に食べると非常に美味!
大根おろしやスダチと合わさると、旨さは更に倍増します。

05

秋刀魚の肝も丸々と太ったものが。
いただくとこちらもしっかりと脂がのり、後にはじんわりと苦みが・・・。
旨いですが、肝の味と香りはどうしても「高はし」の秋刀魚に軍配が上がるかな?
所々にウロコが入っていたのも少々気になるところ。(^^;

しかし身の味は比べても全く遜色ありません。
逆に焼き加減に関して言えば、こちらの秋刀魚を気に入る人も多いかもしれません。
使われる秋刀魚は違うものの、秋刀魚定食は「高はし」だと2300円。
差額900円分の価値を、肝の味の差に見出せるかどうかによって
どちらの秋刀魚が好きか分かれると思います。

06

この日のメニューはこちら。今はもう牡蠣が始まっているのかな?
そういえばここの名物とも言える金目鯛の煮付けをまだ食べてないなぁ。(^▽^;)

01

以前、絶品のエビフライを求めて「レストラン七條」にお邪魔した帰りに
神保町周辺を歩いて気になったのがこちらの「いもや」です。
そのときは店の前に7人ほどの行列が出来ていて、非常に興味をそそられたのです。

4ヶ月たって涼しくなった頃、今度は食べにやってきました。
この日の待ちは運良く3人。私が並んだ後も続々と客が訪れます。

02

5分ほど待って無事入店。こちらのメニューは天丼と海老天丼のみ。
初訪問なのでまずは天丼を注文。5、6人前を大鍋で豪快に揚げるのがこちらの手法。

03

注文して待つこと7分、天丼・550円の到着です。
シジミの味噌汁がついてこの値段は立派! この味噌汁が侮れない美味しさです。
天丼のネタは海老、キス、イカに海苔といたってシンプル。
何か野菜も一品欲しいところですが、値段を考えると仕方ないかな。

04

衣はふんわりとした食感で、甘辛のタレは後味さっぱり。
個人的にはパリッ!と立った衣が好きですが、フリットのような食感の天ぷらも
悪くありませんね。
タネは冷凍物で、イカが噛み切るのにちょっと苦労する硬さでしたが
海老はプリッとした食感が残ってて甘みも中々。

嬉しかったのはお米が非常に美味しかったこと。
天ぷらを食べ終えてもカウンターに置かれた漬物だけでガツガツ食べてしまいました。

05

食後の満足感は550円という価格では中々味わえないものでした。
懐が寂しいときでも食べられる天丼があるなんて嬉しいですな。

01

「米花」にまたもやお邪魔してきました。

02

今回頂いたのは 鯖の味噌煮定食 です。秋は鯖も旬ですな。

03

なんといっても秋鯖の魅力は脂のノリ。甘めの味噌がよく合います。

04

ところがメインの鯖味噌より気に入ってしまったのが、お惣菜の昆布の煮物。
歯ざわりがなんとも言えません。どうやら特別な昆布を使われてるみたいです。

もしかすると私は惣菜が目当てでここに来ているのかも。 (^▽^;)

05

そしてこの日は焼鳥のレバー・200円も注文。
ここでは鮮度の良いレバーが入ったときしか出さないとか。
以前 を頼んだときもその大きさに驚かされましたが、レバーもやはり見事なサイズ。
注文が入ると炭でじっくりと焼いてくれます。

06

一口食べてひっくり返すとこんな感じ。
食べるとまったりとしたコクのある旨味が口の中にあふれます。 (゚∀゚)b
焼き加減が絶妙なので、ボソボソ感とか全くないんですよね。

今度焼鳥を頼むときは 塩 でお願いしてみよう。

01

10月最初の記事は、築地で最も長い行列が出来る「寿司大」です。
神崎さんの「週刊・築地紀行」の実食レポを読み、そそられた私は早速お邪魔。

02

この日もお好みで注文することに。最初の1貫は気仙沼の鰹。
脂がのっているのは勿論のこと、身質が非常に締まっていて香りも素晴らしい。
強烈な先制パンチでした。

03

2貫目はスミイカの新イカ。鮮度が良いのでパキパキッとした食感で強い甘みを持ちます。

04

お次は小鯛。一般的に鯛の旬は春とされてますが
こちらの職人さんによると、小鯛が最も美味しいのは今頃かもしれないとか。
春の鯛とは身の厚みが全然違うそうです。この日はふんわりした皮が特に美味でした。

05

そしてお目当てのカワハギをまずは握りで。半年振りの再会となるカワハギはやはり絶品!
なんといってもフレッシュな肝の旨さがたまりません。

06

高級魚である赤ムツは、白身でありながらその脂のノリに驚かされる一品。
こちらも皮目の部分が特に美味いですな。 (=゜∇゜)

07

貝はツブ貝を。コリコリした食感だけでなく
香りも美味さの重要な要素なのだとあらためて気づかされます。

08

神崎さんが絶賛された カワハギの肝巻き も注文しました。
カワハギは握りでも美味ですが、つまみで食べると肝の旨さがより鮮明に感じられますね〜。
味はまろやかでクドさがなく、香りは力強いのにいやらしさがありません。
当り前の話ですが、こないだ家の近所のスーパーで買ったカワハギとは全然違います。(^^;

09

値段はその日の仕入れによって若干異なりますが、だいたい千五、六百円とのこと。
気軽に頼める値段ではありませんが、カワハギ好きの方はきっと満足されると思います。

神崎さんが
『「大」に行ってこのメニューがあったら、絶対食べるべきですよ、皆の衆。』
と言われるのも納得の味でした。 (゚∀゚)b

10

楽しみにしていた生いくらももちろん注文。秋の始まりを感じる一貫。
皮が柔らかくスーッと溶けるような食感で、豊かな旨味に圧倒されます。(*゜v゜*)
今秋は何回食べられるでしょうか?

11

カワハギの肝も美味でしたが、アンキモだって負けていません。
この日のモノは今まで「寿司大」で食べた中でも1、2を争う旨さ!
脂が最高潮にのる冬よりも、ほどよくのった今の時期の方が美味しいかもしれません。

12

あと鯖も食べたかったんですが、この日はモノがあまり良くないということで
やんわりと断られました。仕入れても使わなければ当然無駄になるわけですが
損をしても自信のないネタは出さない姿勢は素晴らしいですな。
職人としての 誇り を感じました。

鯖は次回以降のお楽しみということで、生いくらや新イカをもう一度注文してご馳走様。
握り10貫とつまみを食べて、5500円ほどでした。この内容なら決して高くはないですね。
寒さが厳しくなる前に、あと2回ぐらいはお邪魔したいなぁ。(^▽^;)

このページのトップヘ