習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2009年07月

01

神保町のカレーの名店巡りの2軒目にお邪魔したのはこちら。
欧風カレーの「ボンディ」です。

02

カレーは1450円からと中々いいお値段。まぁ、基本的に欧風カレーって高めですよね。
欧風カレーの具って私の中では牛肉のイメージが強いので、今回はビーフカレーを注文。

03

注文してから出来上がるのを待つ間、ホクホクのジャガイモをつまんで時間を潰します。

04

10分ほどで ビーフカレー・1450円 が到着しました。

05

ライスにはチーズが乗せられるのがこちらのスタイル。
ご飯の熱によって徐々に溶けていくチーズの視覚効果(?)は食欲を増進させますな。 (^▽^;)

06

ここのカレーは辛さ控え目と聞いていたので中辛でオーダー。

07

早速ライスにかけていただきます。
・・・甘っ!! バターがすんごい効いてますね。
カレーは様々なスパイスとフルーツを用い、小麦粉でとろみをつけたいかにも王道の欧風スタイル。
そこにコクのあるバターとライスの上のチーズが更にまろやかさを演出したような感じ。
これはカレー初心者の私にとって判りやすい味。 (^^;

08

ゴロゴロッと入れられた牛肉は肉質は並ですが、程よい柔らかさで好印象。

総じて美味しいカレーでしたが、中盤以降は甘さの強い味に少々飽きが。
バターのコーティング感が、なんだか他の味や香りを塗りつぶしてるようにも・・・。
辛口でオーダーすればよかったかな。

09

こちらはTVで取り上げられる機会が多く、食事時には行列も出来る人気店ですが
カレー食べ歩き系ブログにおいてはあまり好評価を受けていない理由がなんとなく判りました。
玄人には好かれにくい味なんですよね。いや、もちろん私はど素人ですけど。 (^▽^;)

カレー食べ歩き上級者のたいめいさんの記事は こちら

10

帰りに街を見上げると、旦八さんのところで知った欧風カレーの店が。
こちらにもいつかお邪魔しようと思います。

旦八さんの「ガヴィアル」の記事は こちら
「ボンディ」と系統が同じみたいですね。ビジュアルも似てるなぁ・・・。 (^^;

*今週から月・水・金と週3回の更新にさせていただきます。
とか言いながら、また忙しくなってペースが遅くなってしまったらすいません。 ( ̄Д ̄;;

01

「かとう」へやってきました。

02

今回は長年(?)の宿題メニューだった金目煮がお目当て。
大女将にお茶を出されるとともに注文しました。 『はい、キンメ煮〜〜!』

03

待つこと10分ちょいで 地金目鯛煮付定食・1500円の到着です。
上の写真にあるのは一品料理の値段で、定食にするとこのお値段。
ただご飯、味噌汁や小鉢などのご飯セットは450円なんですよね。計算が合いません。
単品で注文すると高くなるのか、定食にするとサービスされるのかは不明。 (^^;

ちなみにキンメの煮付けにはアタマとシモがありまして、これはシモの部分。
アタマの写真は神崎さんの記事でどうぞ こちら
キンメの肝が羨ましい。アジ酢も旨そうだなぁ・・・。

04

さてまずは主役の金目鯛。見るからに味が濃そうですが、思ったよりも上品な味付け。
身はふんわりと柔らかく、皮目の部分の脂の甘さがたまりません。

05

脇役のはずの豆腐も主役に負けない存在感を放ちます・・・。
煮汁がたっぷりしみて美味いのなんのっ! 「大森」みたいに豆腐増量できればなぁ。 (^^;

金目鯛の煮付けは「高はし」と「米花」でもいただきましたが
どの店もそれぞれの持ち味が出ていて美味いですね。

06

このアングルだと脂のノリの良さがよく判りますね〜。

煮付けの味は良かったのですが、惜しかったのはご飯の味が好みでなかったこと。
所々がダマになってべちゃべちゃしていたのでほとんど残してしまいました。 (-o-;
でも他の客の中にはご飯をお代わりする人もいたしなぁ・・・。
もしかするとあえて柔らかめにご飯を炊いているのかな?

07

ご飯の味を確かめるためにも、秋になったら再訪しようと思います。
今度はサバなんかいいですね。

01

「米花」の店内オブジェに新たな仲間が加わりました。ハワイの首飾りなんですって。
shun325さんの記事にその使用例がのっております。記事は こちら

02

さて、今回いただいたのは 海鮮丼・1500円。
おまかせメニューの時に出される海鮮丼とはやはり迫力が違うなぁ!

03

具はボタン海老、ブリ、メジマグロ、ホタテにアワビ。
厚切りされたネタが豪華に丼を彩ります。ご飯がほとんど見えませんね〜。

04

メジマグロの脂のノリが素敵。(=゜∇゜) 中トロのとこですかね。

05

アワビは柔らかく、口の中でもっちりと。ホタテも非常に甘いです。

神崎さんは羨ましいことに活きたアワビの踊り喰いをされています。記事は こちら

06

鮮度のよいボタン海老やブリも美味しかったけれど、特に印象に残ったのはこのメジマグロ。
脂がのりつつ、赤身の味もしっかりと感じられ、香りも素晴らしい!
築地の海鮮丼専門店に、これより旨いマグロを出す店はないかもしれません。

つきじろうさんも5月に訪れて、海鮮丼を食べておられます。記事は こちら
ジローさんにその時の様子をちょっと聞いたところ、非常に紳士な方だったとのこと。

Jin JYTYさんが書かれた5月の海鮮丼の記事は こちら 6月の海鮮丼の記事は こちら
特に5月の海鮮丼は ( ゜Д゜) スゲー!

のんさんが食べられた海鮮丼の記事は こちら 
巨大な漬けマグロがゴロゴロと入ってたんですと。 (^▽^;)

煮付け定食&海鮮丼の豪華セットを食べられた釣りキチ四平さんの記事は こちら
これはもう、米花スペシャルと名づけてもいいかも!?

このページのトップヘ