習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2010年12月

01

日本橋にできた COREDO室町 に初訪問してきました。

02

築地にもある「紀ノ重」が出店していました。結構繁盛してますね~。

03

ランチメニューはこんな感じ。ただ私のお目当てはこちらの店ではないんですよ。

04

私がお邪魔したのは「中国名菜 孫」です。
この店が赤坂にあった頃、訪れた魔神さんが4ッ星を付けたメニューを食べに来たのです。

05

ランチのメニューがこちら。

06

海鮮と五目の揚げそばが今回のターゲット。

07

海鮮と五目の揚げそば・1300円 です。あっさりした冬瓜のスープが付いてきました。

08

大きめの皿に揚げそばがしかれ、たっぷり具材の入った餡がかけられます。

09

具はイカ、海老、ホタテ。
椎茸やエリンギなどの数種のキノコにチンゲン菜、人参、ブロッコリー。
海鮮はプリッと、野菜類はシャッキリした食感で絶妙の火の通り具合。

10

パリッとした麺は油で揚げているのに全く油っこさを感じさせません。
油切れが完璧ですね、コレ。

11

餡は麺と具材の本来の味を邪魔しない必要最小限の穏やかな味付け。
化調は使われていないか、使われていたとしても極少量でしょう。
餡が絡んでしっとりとした揚げ麺もまた旨し!
なるほど、これは魔神さんが絶賛されるだけあるなぁ・・・。 (^▽^;)
他にも色々と気になるメニューがありますので、再訪決定です。

魔神さんがかつて赤坂で食べられた五目かた焼きそばの記事は こちら

12

まいたーんさんお気に入りの「ビストロ 石川亭」も出店されておりました。こちらにも行かねば!
神田にある「ビストロ 石川亭」のまいたーんさんの記事は こちら

01

昨日は昼過ぎに築地で昼食を。どこで食べるか思案しながら場内を一周するも
「米花」は既に暖簾が外され、「高はし」はほとんどの品が売り切れ。
「寿司大」には人数を数える気にもならないほどの行列が。
では「磯野家」で牡蠣めしにするかと考えていると、ふとこんな看板が目に入りました。

場内の「鳥藤」が新しいメニューを始めたんですね。これは試さなくてはなりません。

02

そんなこんなでお邪魔したのは「鳥藤場内店」。今頃初訪問ですよ。 (^▽^;)
開店したのは10月ですが、メニューにいまいち魅力を感じなかった私は未訪でした。

03

今回注文したのは新メニューの中で一番気になった モツ野菜炒め定食・900円。
鳥スープとチキンポテトサラダが付いてきます。
スープは勿論のこと、サラダが旨いんですよ。油分控えめで意外とさっぱり。

04

大きめの皿に様々な部位のモツがたっぷり。レバーや皮など5種類、いやそれ以上あるかな?
中華料理屋で肉野菜炒めを頼むと、ほとんどが野菜で小さい肉がちょびっと・・・、
なんてことがよくあってショックを受けるんですが、こっちは逆の意味で衝撃を受けました。
具材のほとんどがモツなんですよ。

05

早速いただいてみるとこれが旨いのなんの!
先月食べた「鳥藤分店」の鳥もつ煮丼の美味しさで、ここのモツが旨いのは判ってましたが
強火で手早くモツに火を通すことによって、具材が硬くなるのと味が濃くなり過ぎるのを防ぎ
食感の良さが際立ってます。

特に美味しさに差が出るのがレバー。柔らかさとジューシーさに驚き!
鮮度の良いモツは煮込むより炒めた方が旨いことを証明するような一品ですね。

06

モツと野菜をご飯に乗せて、豪快にかっ込むと当然のように美味い・・・。
こんだけ乗せても全体の4分の1ぐらいなんですよ。 (^▽^;)
合間に鳥スープを飲みながら食べると最高に美味でした。

ただ女性だともっと野菜が欲しいと思われる方もいらっしゃるでしょうね。

07

さて、新メニューをもう一品。こちらは とりたたき・400円 です。
以前あったメニューの復刻版ですね。昔のものより薄切りスタイルになってるかな。
特製醤油と柚子コショウが一緒に出されます。

08

こちらも美味い。鮮度の良い鶏肉だからこそ出せるメニュー。
マグロで言えば上質の赤身みたいなものですかね。
さっぱりしてるのに思った以上に旨味を強く感じます。
しかしちょっと特製醤油が私には甘すぎるかな? 卓上のポン酢をかけて食べるのもアリですぞ。

09

店内に貼られていた新メニュー一覧の写真も一枚。今週の月曜日から始められたんだとか。
とりシュウマイが気になるなぁ・・・。近いうちに再訪せねば!
そうそう、今まで提供されていたメニューも変わらず注文できるそうですよ。

同じ日に来店されて、鶏白湯スープの雑炊、温玉入りポテトサラダ、親子丼(小)を
召し上がられたまいたーんさんの記事は こちら
雑炊に強烈に惹かれるなぁ・・・。

01

先週も「米花」に二度お邪魔してきました。
なにやら怪しいフィギュア付きのライトが登場してますね。

「米花」が夜にバーをやり始めたら、結構繁盛するんじゃないでしょうか。

02

まずは火曜日にいただいた おまかせ がこちら。メインは牡蠣フライとシメサバでした。

03

フライの牡蠣は中々の大きさのものが4つ。ふんわりと揚がってます。
ジローさん特製のアヤシイソースをかけていただくと美味でした。
このソースには賛否両論あったみたいですけどね。 (^^;

04

小鉢は鰹と白菜の煮物。ちょいと濃い目の味付けでご飯のおかずに最適。
シメサバも美味しくて、ついご飯をお代わりしてしまいました・・・。

05

そして木曜日にいただいた おまかせ がこちら。メインは刺身の盛り合わせですね。

06

ご飯の上にちょこんと乗ってるのはCちゃんからお裾分けしていただいたニシンの昆布巻き。
もちろんお母さん特製のもの。いい昆布が入ったそうで、しばらくは店に置いてるとか。
これがびっくりするほど美味いんですよ・・・。昆布が昆布じゃないみたいです。 (^^;

07

お椀は豆腐が入ったタラ汁。タラからいい出汁が出てるんですよ。

08

刺身盛り合わせは好物のシメサバにワラサ、赤貝。
「米花」で出される赤貝はいつも美味ですが、この日のものは特に旨かった!
鮮度がとびきり良かったのかも!?

09

脂ののったサバとワラサの旨さに思わずニヤリ・・・。
サバの旨いうちに「寿司大」にも行きたいのですが、毎日行列に跳ね返されております。

10

小鉢は大根の葉の煮物とエビ芋。エビ芋って関東ではあまり見ませんよね。
ほっくりしてて、風味が素晴らしい! 甘さも強くて大変気に入りました。

※ ニシンの昆布巻きは店内では一本200円で、お土産用には二本400円で販売しております。

01

前回の記事に続き、今回も「鳥藤」の月限定メニューのレポを。

02

12月の限定は6月にも登場した合鴨と九条ねぎの炙り親子丼でした。
私も6月にいただいて、大変気に入ったメニュー。復活大歓迎です!

03

合鴨と九条ねぎの炙り親子丼・900円 です。

04

丼一面に九条ネギが豪快にかけられます。

05

そのネギをちょいとどけてみると、香ばしく炙られた合鴨肉がごっそりと。
レンゲをどこに入れても肉が飛び込んで来るのに驚き。
こんなにたっぷりと材料を使えるのは、鶏肉専門店の強みなんでしょうね。

そういや以前、銀座のとある評判の良い店で食べた親子丼には小さい鶏肉が4つしか入ってなくて
違う意味で衝撃を受けたなぁ・・・。 (^▽^;)

06

卵の火の通り具合もいいですね。
黄身と白身を混ぜすぎないことでそれぞれの味と食感が濃く残ります。

07

強い歯ごたえと旨味の強い合鴨に、生の九条ネギの鮮烈な香りと辛味がやけに合います。
どちらも主張の強い味わいなのに、歯車がきっちりと合わさったような相性の良さにまた驚愕!

これ旨いな~。箸が、いやレンゲが止まりませんでしたよ。 (^^;
あえて生のネギを使うところが美味さの秘訣ですな。

08

お店特製のこちらをかけると、味と香りが更に深みを増して美味でございました。

限定といえば絶品のキーマカレーも復活するかもしれませんね。楽しみに待つことにします。

01

11月の限定を求めて場外の「鳥藤」へ。なんだか月末の恒例みたいになりましたね。

02

B-1グランプリを取った鳥もつ煮を丼にされましたか。
テレビで見た鳥もつ煮には私も興味を持ってましたのでこれは楽しみ。

03

鶏肉専門店の鳥もつ煮丼・850円 です。
既に食べられた方々のレポによると、味がかなり濃いという話でしたので
いざという時のために 温泉玉子・80円 もオーダーしました。

04

熱々の鳥スープがつくのが嬉しい。「鳥藤」では味噌汁の役割を担ってますね。

05

さて主役の鳥もつ丼は凄いビジュアルですね。具がたっぷりでご飯が見えません。

06

具はレバーや砂肝、きんかんなど。どこの部位かよく判らないものもチラホラ。
食感がどれも面白いですね。そして味付けは思ったより濃くないです。
甘辛いことは甘辛いんですが、クドさは感じませんでした。おかずにちょうどいい感じ。

でも味の感じ方には個人差がありますからねぇ。 (^^;

07

手羽先も2本入っておりました。骨の周りの肉が旨いですね。
温泉玉子は必要なかったかな~と思いつつ・・・。

08

中盤に丼に投入!
玉子でほんのり味の濃さが中和された上に、まろやかさ&美味しさアップ!
やっぱり頼んでよかったようです。 (^▽^;)
12月の限定は何でしょうね? まさかクリスマスにちなんでフライドチキンなんてことは・・・。
今日にもなべひろさんがつぶやいてくれることを期待しております。

11月初旬にご飯別盛りの定食スタイルで食べられたつきじろうさんの記事は こちら
ナンコツの唐揚と一緒に注文されたまいたーんさんの記事は こちら
ビールを頼みたい気持ちを抑えながら食べられたしょうさんの記事は こちら

09

おまけで新店情報を一つ。
あまり皆さんの役に立ちそうも無い情報ですいません。 (^^;

このページのトップヘ