習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2011年02月

01

浅草には美味いと評判の洋食屋がいくつもあります。
その中でも名店中の名店として知られる「グリルグランド」へやってきました。

02

注文したのは オムハヤシ(単品)・1890円。
こちらには食べたいメニューがたくさんあるのですが
初訪問時は魔神さんが 美味すぎる! とまで絶賛されたオムハヤシと決めておりました。

03

ケチャップライスにとろとろ玉子が乗ったオムライスの上に
店自慢のデミグラスソースがたっぷりとかけられます。
ソースの具には細切り肉とタマネギ、マッシュルーム。お肉多目なのが嬉しい。

04

まずはそのソースからいただきますと、これがとんでもない美味さ!
「香味屋」のハヤシライスにも引けを取らない牛肉のコクがあり、甘みと酸味が絶妙。
そして後にほんのり残る苦味が味に奥行きと重厚さを持たせ、大人の味わいに仕上がってます。

05

中のケチャップライスはしっとりして、風味付けに使われた白ワインの香りがたまりません。
ふわふわとろとろの玉子とデミグラスソースとともにいただくと唸るほどの旨さ!
普段美味しいものを食べるとついニヤけてしまう私ですが、今回は旨さの衝撃が強すぎたのか
能面のような無表情で、たんたんと食べてしまいました・・・。

06

食べ終えた後にはただため息が出るばかり。
ライス、玉子、ソースが完璧で、それぞれが互いに負けない存在感を持つ絶品のオムハヤシでした。

07

次回はハヤシライス? それともメンチカツ?
プラチナポークソテーやビーフシチューにも非常にそそられます。

オムハヤシを5年前に食べられた魔神さんのレポは こちら

01

前回の訪問から数日たった日、6時半に築地に着くと「寿司大」の前に並びなし!
食べたいものがあったので、迷うことなく飛び込みました。

02

席に着くと同時に焼き穴子を頼み、一緒に注文したのがお目当てのコレ。
caprisさんにオススメされた ホタテの殻焼き です。

03

熱々に焼かれた身はぷりぷりで、鮮度がいいだけあって肝はクセが全くありません。
ひもの食感もいいですね。今の時期は特に美味しく感じます。

04

さてつまみをいただいた後は握りを。最初は 平貝。
ホタテも美味いですがこちらもいいですな。シャリシャリした歯ざわりがなんとも言えません。

05

白魚 は爽やかな香り。

06

久々に 車海老 を。甘みが強いです。

07

大好物の サバ。前回お邪魔したときもいただきましたが、今回のモノは遥かに良い出来。

08

ここで最初に頼んでおいた 焼き穴子(塩&醤油) が出されました。
身の厚い穴子を使っているだけあって、脂のノリが素晴らしい!

(※)焼き穴子は注文後、生の穴子をさばくとこから始めますので15分ほど時間がかかります。
なので頼む際はお早めに! 出来れば入店後すぐに注文されてください。
終盤に注文すると無駄に15分も待つことになり、表で待つ方にも大変迷惑がかかってしまいます。


09

ノドグロ をこちらでいただくのは久しぶり。脂は甘みが強いのに、後味は意外と爽やか。

10

タラの白子 は軍艦で。
一口で食べるのが難しいほど大きい白子は、クリーミーでまろやかな味わい。

11

ここで絶品の サバ をお代わり。美味すぎる・・・。( ゚Д゚)

12

最後の〆に 煮ハマ をいただいてご馳走様。今回も満足させていただきました。
2月も並びが少ないときにお邪魔させてもらおうと思います。でもそんな日あるのだろうか!?

このページのトップヘ