習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2011年03月

01

先週末は「米花」の常連のお二方&ジローさんと鶯谷駅で待ち合わせ。
4人で下町をちょっと散策した後、お邪魔したのは洋食の名店「香味屋」です。

02

オーダーを任された私が最初に頼んだのは コンソメスープ。
澄み切った琥珀色のスープは、旨味が幾重にも押し寄せてくるような複雑で奥深い味わい。

03

メンチカツ は「香味屋」の看板メニューの一つ。
人参のグラッセやマッシュポテトなど付け合わせも隙の無い美味しさ。

04

ナイフを入れるとあふれでる肉汁!
タネは丁寧に挽かれた肉を使うことで舌触りが優しい。食感が高級感を演出してますね。
下にしかれたデミソースをつけていただくと、旨味がメンチカツの内と外から攻めてきます。

05

箸休め(?)に注文した 取合わせサラダ はドレッシングの美味しさが光りました。

06

もう一つの看板メニューである ハヤシライス も注文。
ソースポットが重いと感じるほど牛肉がたっぷり入ってますね〜。

07

ジローさんが食べようとしてたハヤシがあまりに美味しそうだったので
ブログの写真用に撮らせていただきました。

洋食屋の命ともいえるデミグラスソースを、惜しみなく使うだけあって重厚な旨味が!
ただこの日のソースは甘味と酸味が勝ってたかな? もう少し苦味もあると後味がしまったかも。
とは言えそれはあくまでも私の好み。これでも充分すぎるほどに旨いんですよね。

スープからハヤシライスまで一人5000円弱と結構かかりましたが
皆さん味には満足された様子・・・。(個人的判断&希望的観測)

08

「香味屋」で絶品の洋食を堪能した二時間後。何故か焼肉屋の前にいる4人・・・。
すっかりジローさんのお気に入りとなった「鶯谷園」で、焼肉も少しだけ食べていくことに。
実は私、ここで試してみたいことがあったんですよね。

09

5時の開店と同時に入店し、ここでもオーダーは私が担当。
とりあえず キムチの盛り合わせ・750円 を。勿論飲める人用にビールもね。 (^^;

10

私が試したかったこととは、お肉をもみだれ無しで注文できるかということ。
こちらは並でも質のいいお肉を使ってますが、もみだれの味付けが濃い目というのが
前回お邪魔した私の感想でして。(前回の記事は こちら
最初は気にならないのですが、後半になるとその味の濃さが少しクドく感じたのです。
それで調味だれ無しで注文できないか頼んだところ、あっさり注文を受けてくれました。

写真は 並ハラミ・900円。並でもいい具合にサシが入ってます。

11

こちらは店一番の人気メニューである 特上ランプ・1300円。これはもみだれアリで注文。

12

まだほんのり赤いうちに食べるのが私好み。口に入れると溶けます・・・。
この後並ロースや特上ヒレ、テグタンスープなどをいただいてご馳走様!

アルコールが入って上機嫌になったジローさん。ここへはまだ二度目の来店なのに
『 鶯谷に来たら、やっぱりここで〆なきゃね〜。 』 と言ってニヤリ。

「鶯谷園」へは「米花」の常連さんを大勢連れてまた来ましょう!
皆でそんな話をした後、6時に解散。楽しい時間はあっという間に終わったのでした。

01

先週の水曜はしょうさんからお誘いを受けて「寿司大」へ。
二週続けての訪問なんて何年ぶりだろう。この日も待たずに入店できました。

02

店内に入ると埋まってた席は半分ほど。
しかも数分後にはお客がはけて、私としょうさんの貸し切り状態に!
といってもその贅沢な時間が続いたのは数分でしたけどね。 (^^;

03

暇だったこともあって、今回は店長さんにちょっとしたお願いを。
小皿を用意してもらい、いつもの写真と変化を出してみようかと。
さすがに50回近くも記事にしていると、撮る側にしてもマンネリなんですよね。 (^▽^;)
今回は 大トロ から。

04

釣りアジ。

05

スミイカのウニ乗せ。

06

鴨川の〆サバ。
まいたーんさんが前日に召し上がったサバ(後にリンク参照)とは
脂の厚みに随分差があるなぁ。

07

焼き穴子。
身の厚みに文句なし! これは時間がかかるネタなので、早めに注文してくださいね。

08

鰆 は今回は背の部分。

09

忘れちゃいけない ホタルイカ。

10

アオリイカ もいただいてイカ尽くし。塩が身の甘みを引き立てます。

11

赤身のヅケ。
普段よりは赤が映えてるかな? でも全体的に見るとあまり代わり映えしませんね。

「寿司大」には今回も満足させていただきました。
一緒にお邪魔したしょうさんの記事は こちら
我々がお邪魔した前日に行かれたまいたーんさんの記事は こちら
サバの美味しさとノドグロのある無しで明暗が分かれたようですが、一勝一敗ですね。 (^^;

そして季節外れの一品を注文された旦八さんの記事は こちら
その一品を食べに今週もお邪魔してしまうかも。 (^▽^;)

01

「磯野家」に一年ぶりにお邪魔してきました。

02

お目当ては左上に貼られたかきめし。今シーズンの牡蠣は小さめですが
終わりの時期ならいい大きさになってるかも!? と淡い期待を抱いて入店しました。

さて、ここでいつも迷うのはかきめしと一緒に何を注文するかということ。

03

今回注文したのは 豚ロースの生姜焼定食 with かきめし(大)・1335円。
390円追加すれば、定食のご飯をかきめし(大)に変更できます。

04

1年ぶりの再会となったかきめし。聞いていた通り牡蠣の粒は小さめ。
大きさに比例するのか香りや旨味も例年にくらべると少々物足りないかな。
昨年の3月に食べたかきめしの記事は こちら

05

この日は炊き込みご飯のコンディションもちと微妙。
米の水分量が少ないとこにあたったのか食感がかなり硬め。全体がオコゲみたいになってます。
カピカピしたご飯は味気ないんですよね。ベチャッとした柔らかいご飯も苦手ですけど。 (^^;

06

牡蠣はご飯の中にも小さいのが二つ入ってます。

あまりいい牡蠣がとれないと聞いて、今シーズンのかきめしはスルーしようかと思いましたが
これを食べないと春を迎えられないんですよね。来シーズンの牡蠣に大きな期待を込めます。

07

これで豚ロースの生姜焼きが驚くほど美味しかったりすると大逆転なんですが
いたって普通ですな・・・。 (^▽^;)

かきめしのいい相方探しは来年も続きそうです。

08

牡蠣の炊き込みご飯といえば「米花」のおまかせにも一度出たんですよね。二月下旬の話ですが。
塩味で優しい味付けのいかにも「米花」っぽい一品でしたがこれが実に旨かった!

これにも来シーズンに再び出会えることを祈っております。

01

東西線東陽町駅から徒歩5分のところにある「モンシェール」にやってきました。
こちらは24時間フル稼動しているパン工場なんですが、店頭で直売もしてまして
パターや生クリームなど上質な材料を使った高級デニッシュ食パンが評判なのです。

02

チョコやカスタードが入ったパンもあるのですが、そちらは要予約。
予約なしでも買える プレーン(2斤)・900円 を購入することに。

03

数時間後に帰宅した私は早速いただいてみることに。
美味しい食べ方が書かれた説明書(?)が同封されていました。
まずはそのまま食べて、次にレンジで温めて食べ、最後は更にトーストして食べると。

04

厚切りにカットしてそのまま食べてみます。
・・・冬ということもあってか説明書の通り硬いなぁ。 (^^;

ちなみに2斤からはこの厚さのパンが10枚前後とれます。

05

次にレンジに入れるのが面倒になって、説明書を無視して直接トースターで焼くことに。
表面がほんのり焦げるぐらい焼いてみました。食べてみるとこれが思った以上の美味しさ!

06

水分がいい感じに飛んでもっちり&ふんわり。表面の焦げ目はカリカリ&サクサク。
熱を加えると生地に練りこまれたバターがじんわりと溶けてきますね〜。
バターやジャムも用意していたのですが、使う必要もなく2枚のパンを完食!

個人的にはかなり美味しいと思いましたが、この手のパンを食べなれていない私の感想なので
あてにならないかも? (^▽^;)
でも試してみる価値は充分あると思いますよ。興味を持たれた方は是非どうぞ。

01

築地から外国人観光客がいなくなり、超行列店「寿司大」にも待たずに入れると聞いた私。
先週の金曜、この機を逃すものかと店頭までやってくると待ち客ゼロ!
風になびく暖簾が私には手招きしてるように見えました。 (^▽^;)

02

店内を見ると空席もあったので、お誘いしたなべひろさんとすぐさま入店。
ネタケースの中にホタルイカを見つけました。聞くと今シーズン初入荷だそうで。

今回は 上にぎり・2500円 をいただいた後に、お好みで数貫握ってもらうことに。
記事ではその中からいくつか取り上げていきます。

03

上にぎり最初の一貫は 中トロ。
おまかせだと大トロから始まるのですが、旨さではこちらが上かも。

04

二貫目は 小肌。
昔に比べると最近はしっかり塩をきかせてますね。後味がビシッと締まります。

05

鮭を挟んで 春子鯛。
身が厚いですね。春が旬と言われてますが、旨いのは冬。

06

佐賀の 鯖。
鯖ももう終わりですね。脂がノリノリの鯖と再会できる日を楽しみに待ちましょう。

07

巻物、シマアジ、煮穴子が出て七貫一巻の上にぎりが終了。あら汁と玉子焼きも付きます。
シマアジ は「寿司大」でほぼ通年使われるネタの一つ。白身なのに旨味が濃いんですよね。

08

さてこの後はお好みで。まずは 鰆。脂の乗った砂ずり。
鰆の脂って特徴的。甘みが非常に強いのでポン酢が合います。

09

席に着いてすぐに注文しておいた 焼き穴子(塩&醤油)。
煮穴子とは違った穴子の美味しさが楽しめます。

(※)焼き穴子は注文後、生の穴子をさばくとこから始めますので15分ほど時間がかかります。
なので頼む際はお早めに! 出来れば入店後すぐに注文されてください。
終盤に注文すると無駄に15分も待つことになり、表で待つ方にも大変迷惑がかかってしまいます。


10

網目模様の美しい 金目鯛の昆布〆。
元々水っぽい金目鯛から余分な水分を取るとともに、昆布の旨味を吸わせてより美味しく。
「寿司大」の看板ネタの一つ。

11

ここで 滑川のホタルイカ。
鮮度がよいので臭みのないワタの濃厚な甘みに思わず目を細めます。

12

赤身のヅケ。
以前こちらで中トロのヅケも試してみましたが、やっぱりヅケにするなら赤身ですね。 (^^;

13

最後にホタルイカをお代わりしてご馳走様。
今回も大変満足させていただきました。空いてる内にもう一回ぐらい行っておくかな。

先々週の金曜に行かれた神崎さんの記事は こちら
先週の月曜に行かれたしょうさんの記事は こちら
先週の木曜に行かれたつきじろうさんの記事は こちら 
同じく木曜に行かれたまいたーんさんの記事は こちら

先週の金曜に行かれたしょうさんの記事は こちら
先週の土曜に行かれたメタbowさんの記事は こちら

待たずに入れるのはいつまででしょうね・・・。

01

少々お休みをいただきましたが、今夜からいつも通り更新いたします。
浅草の「今半」ですき焼き丼をいただいた後にデザートが欲しくなった私。
雷門のすぐそばにあるどら焼きで有名な「亀十」を訪れました。

02

どら焼きはあずきと白あんの二種類がありまして、初めてなので基本のあずきを。

03

どら焼き(あずき)・315円 です。一個315円とは中々バブリーな値段ですね。

04

持っただけで皮がふわふわなのが判ります。
食べてみるとまるでホットケーキのような食感・・・。
餡は量、甘さともに控え目で存在感があまりないのですが、この皮の美味しさは格別!
変化球のどら焼きではありますが、この個性の強い味はハマるなぁ。

05

さて、「亀十」でどら焼きをいただいた数分後に私がいたのはこちら。
これまたどら焼きで有名な「おがわ菓子舗」です。

06

浅草の名店のどら焼きの食べ比べをしようというわけです。
「おがわ菓子舗」のどら焼きにはあずき餡、白餡、うぐいす餡の三種類がありますが
私が選んだのは勿論あずき。 (^^;

07

どら焼き・220円 です。

08

「亀十」のどら焼きに比べると小振りに見えますが、こちらの方がズッシリと重いです。
皮はふわっと柔らかいですが、しっとりして舌を優しく包み込む感じ。

09

そして「亀十」のどら焼きと決定的に違うのが小豆の存在感!
真ん中で割るとみっしり詰まったつぶ餡があふれるように・・・。
こちらも甘さは控え目ですが、たっぷり入ってるので小豆の風味が実に豊か。
これは私の大好きな「うさぎや」と同じく王道のどら焼きですね〜。

「亀十」と「おがわ菓子舗」。
名を馳せるだけあってどちらのどら焼きも美味でした。浅草土産の有力な候補になりそうです。

※東日本大震災によって亡くなられた方に謹んでお悔やみを。
被災された方々にお見舞い申し上げます。行方不明の方が一人でも多く助かり
避難されている方が一刻も早く無事に帰宅できることを祈っております。

01

週末に浅草に寄って「浅草今半」へ行ってきました。
浅草には経営が異なる「今半本店」、「浅草今半」、「今半別館」の3つの今半がありまして
こちらは「浅草今半」の本店。オレンジ通りに支店もあるのですが、9月末まで休業とのこと。

02

今半ですからメインメニューは勿論すき焼きやしゃぶしゃぶ。
しかし私が食べたかったのは丼なんですよ。

03

明治すきやき丼・2100円 です。赤出しと漬物がつきます。一日20食の限定品だそうで。

04

盛り付けが綺麗ですね〜。
黒毛和牛に焼き豆腐、白ネギ、チンゲン菜。えのきにシメジに糸こんにゃく。そして温泉玉子。

05

カメラを寝かせてもう一枚。早速お肉からいただきますと、柔らかく肉の旨味がしっかりと。
さすがにいい肉を使ってますね。割り下は甘さ控えめで私好み。

06

豆腐やネギ、きのこ等の脇役も上品な味付け。赤出しや漬物の味も隙の無い旨さ。

07

無粋かも知れませんが、どのくらい肉があるのかと丼の上に広げてみたら結構ありました。
ご飯の量も割りと多目でお腹一杯になれますよ。ニンマリしながら美味しくいただきました。

08

私の好きな「吉野家」の牛鍋丼が七杯も食べられるお値段ですが、たまにはいいかな。 (^^;

『 浅草に来て今半で食べる 』 というベタ中のベタな記事は
これまたベタに雷門の写真で〆ることに致します。 (^▽^;)

01

先週はしょうさんと「米花」のジローさんに夕食に付き合っていただきました。
訪れたのは、良質なお肉をリーズナブルな値段で食べさせてくれると評判の「鶯谷園」です。

02

場末の定食屋を思わせるような外観ですね。 (^^;

03

ネットで下調べをしてきた私が注文を担当。まずは キムチの盛り合わせ・650円 から。
辛さ控え目で旨味の濃いキムチは中々の味。特に気に入ったカクテキを何度か追加することに。

04

肉のお供に サンチュ・400円。

05

スープも一品。でっかい牛テールが入った コムタンスープ・800円 を注文。
テール肉はお箸で簡単に切れる柔らかさ!

06

お肉が来たらさぁ、焼きましょう。最初は 特上タン・1200円 からいただきます。

07

まだほんのり赤いぐらいが食べ頃です。

08

お次は 並ロース・800円。
ロースは特上もあるのですが、並でも充分旨いということでこちらを注文。
鮮度が良く生でも食べられるそうで、軽く炙る程度で食べると美味。

09

ここに来たら必食!と言われる 特上ヒレ(二人前)・3200円。

10

さっぱりとおろしポン酢でいただきます。
口に入れると驚くほど柔らかく、甘い肉汁がじゅわっ!とあふれます。

11

これまた必食メニューの 特上ランプ・1300円。ランプにしてはサシが見事に入ってますね。

12

厚切りハラミ・1700円 はじっくりと焼いて、肉汁を閉じ込めてからいただきます。
こちらは並のハラミも評判なんですよ。次回はそちらも頼まないと。 (^^;

13

牛肉が特に人気の店ですが、豚肉のメニューもいくつかあります。
ジローさんが食べてみたいという 豚タンナン骨・600円 を注文してみました。
豚タンといっても耳のとこについた軟骨だそうで。
この他に魔神さんがレポされた コリコリ・600円 という心臓の動脈もいただきました。
ただ正直どちらも食感だけで、味はいまひとつ・・・。しかし何事も経験ですな。

14

並カルビ・900円。
並でもこんなにサシが入ってますよ。一人前にしてはボリュームもありますね。

15

サンチュに巻いて、辛みそをつけて食べるとこれが美味いのなんの!
美味しいものを食べると会話も弾みますね。制限時間の二時間があっという間に過ぎ去りました。

16

「鶯谷園」で焼肉を堪能した一行は、〆の麺を求めて近所のラーメン屋へ・・・。

17

鶯谷の名店「麺処 遊」で 中華そば・600円 をいただきました。

18

煮干しの旨味たっぷりのスープに、エッジの立った自家製麺。
久しぶりに食べましたがやっぱり美味いですね。
これにて鶯谷ツアーの偵察は無事完了。本番が一層楽しみになりました。

今回同行してくださったしょうさんの
「鶯谷園」の記事は こちら  「麺処 遊」の記事は こちら

3年前にお邪魔された魔神さんのレポは こちら
レポで見た牛刺しを頼むのを忘れてました。 (^▽^;)

01

神田で昼食を取る機会がありまして、二年ぶりに「磯野」へお邪魔してきました。
二年前はまだピカピカだった暖簾がいい感じに汚れてきましたね。

02

こちらは海鮮わんたんや味玉が旨いのですが、今回はオーソドックスに醤油ラーメンを注文。
追加で未食だった炊き込みご飯を。

03

醤油らーめん・780円 と 本日の炊き飯・150円 です。
炊き飯は本来は300円なのですが、ランチタイムは半額で食べることが出来るのですよ。

04

名古屋コーチンや鴨を筆頭に、昆布などの魚介の素材までこだわったスープは変わらず美味。
・・・いや、なんだか以前よりも旨味が増し、更にバランスが良くなったような。

無化調で優しい口当たりなのに、物足りなさを感じさせないのはお見事!

05

具のチャーシュー、メンマの味もクオリティーが高く、岩海苔の風味が実にイイ。

06

スープをまとった小麦の香り高い麺を一気にすすると美味いのなんの!
麺上げは平ざるで丹念に湯切りされまして、その調理工程を目の前で見るのも楽しいですよ。

07

4度目の訪問でようやく食べられた炊き飯は優しい味付けで、大変美味でございました。
ラーメンのスープで炊き込んでるのかも!? この味なら昼に売切れてしまうというのも納得。

次々とやってくる客の多さに、神田でも屈指の人気店となったことを確信。
今後は更に円熟味をまし、より美味いラーメンを出してくれるでしょう。次の訪問が楽しみです。

昨年塩らーめんを食べられた魔神さんのレポは こちら

01

日本橋の「そばよし」に久しぶりにお邪魔してきました。

02

季節限定メニューの中から、評判の生のりそばをいただきます。

03

生のりそば・370円。
丼から立ち上る鰹の香りに食をそそられます。

04

熱々のツユからいただきますと、鰹ダシの旨味と香りが口の中で炸裂!
鰹節問屋直営だけあって、惜しみなく使われた鰹節から出たダシの濃さには驚かされます。
無化調にこだわる点も好感が持てるのですが、甘めのバランスなのが個人的に惜しいところ。
カエシがもう少し辛口だったら、無化調ゆえのぼんやりした味がグッとしまると思うんですけどね。

05

蕎麦をたぐると生海苔がごっそりと絡みます。 (^^;
海苔の産地にもこだわっているそうで、優しい磯の香りが実にいいですね。
蕎麦自体の味は至って普通。難をいえばコシが弱いかな。

06

今回は頼みませんでしたが、おかかごはんに生海苔を乗せて食べても美味いでしょうね。

07

次回はうどんを頼んでみようかと思います。鶏そぼろつけうどんなんか良さそうですね。

このページのトップヘ