習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2011年04月

01

御徒町の「VEGE HERB SAGA」に再訪しました。

02

ランチにも提供されているマサラドーサが食べたかったのです。

03

サウスインディアンセット・950円 です。
マサラドーサにカレーと3種のソース、生野菜のサラダがつきます。

04

内部が見えるように一枚撮った後、端っこを一口。
お! 旨い! 表面がパリッとしたクレープみたいな食感ですね。
生地にはほんのり甘味もあって、何もつけなくても美味しい。
ドーサについて詳しく知りたい方は、後にリンクする魔神さんの記事を是非読んでください。

05

ドーサの中には数種のスパイスを効かせたジャガイモが入ってます。
生地で巻くようにして食べるとこれがまた美味。

06

カレーやソースにつけるとより薫り高く、複雑な味わいに。
ただドーサだけでも美味しいせいか、半分も使いませんでしたよ。 (^^;

07

この日はまだ腹具合に余裕があったのでナンも追加で注文。 ガーリックナン・400円 です。
ほうれん草のカレーとマンゴージュースもサービスでいただいてしまいました。

08

ドーサも旨いけどナンも負けてませんね。やっぱり粉の使い方が上手いのでしょう。

魔神さんのマサラドーサのレポは こちら
今度は夜にお邪魔して、ワダを食べようと思います。

01

先週のとある日の夜、ふと思いついて日本橋の「お多幸」にお邪魔してきました。
突然の誘いにも関わらず、寒い中お集まりいただいた優しき方々に感謝を!

02

ランチは二度お邪魔してますが、夜は初めての訪問。
この名物のとうめしが無性に食べたくなったのです。
店に入るとまだ早い時間なのに4階まであるフロアがほぼ満席。人気ありますね。

03

とりあえずおでんを大皿で注文。お好みで頼むと結構値が張りますからね。 (^^;

04

串焼きも盛合せで注文することに。

05

お酒とウーロン茶で乾杯した数分後、大皿盛込み四人前・3400円 が運ばれてきました。
はんぺんやちくわ、さつま揚げ、がんもどきなど16品。

06

関東風のおでんなので色が濃いですね。味付けも濃い目ですが素材の味もしっかりと。
特に大根がいい味してました。

07

串焼盛合せ(大)・1800円 も到着。軟骨や皮、正肉、砂肝、ぼんじりなど計10本。

08

「米花」や「鳥藤」の焼鳥と比べると鮮度や肉質、大きさでは劣るものの及第点。
実際「米花」と同じ大きさの焼鳥が10本も出されたら、食べ切るのにも苦労しますけどね。 (^^;

09

そこそこお腹がふくれたところで〆に とうめし・370円 を。
茶飯と豆腐、テーブルと照明の色が丸被りという過酷な条件での撮影となりました。
写真を加工してなんとか見られる程度には補正しましたが、あまり旨そうに見えませんな。

10

硬めに炊かれた茶飯の上にふわふわぷるぷるの豆腐が。
お箸を入れて豆腐を崩すと、中からあふれ出たおツユが茶飯にじわ〜っとしみ込んで・・・。
後はひたすらかっ込むだけ! ネギすら入ってないのに何でこんなに旨いんでしょうね?
その答えが見つからないまま、ものの数分で平らげてしまいましたよ。 (^▽^;)

11

以前ランチにお邪魔したときの記事は こちら
今度はランチでとうめしの大盛に挑戦してみますかね!?

01

3月の限定を食べに「鳥藤分店」にやってきました。こちらも店頭の灯りを消して節電モード。

02

3月の限定はこちら。

03

鳥藤のスタミナもつ鍋・900円 です。

04

寒い時期は鉄鍋が出てくるだけでちょっと嬉しいですね。 (^^;
まずはスープだけいただいてみると、ダシがしっかり感じられます。
モツからも豊かな味が出るんですね。担々風と書かれてますが、ピリ辛で爽やかな辛さ。

05

糸唐辛子とニラをどけると、ごっそり入れられたモツやつくね、キンカンなどが顔を出します。
新鮮なモツを使うだけあって臭みは全くないですね。様々な部位の味や食感の違いを楽しめます。

06

これはやはりご飯に乗せるでしょ。勿論スープもかけて、七味をパラパラと・・・。
シャキシャキ、ザクザクしたニラやキャベツの食感もいいですね。

場内店のモツ炒めも久々に食べたくなりました。4月は場内、場外の両方にお邪魔しないと。

このページのトップヘ