習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2011年12月

01

秋葉原駅と浅草橋駅の中間ぐらいという、交通の便がいいのか悪いのかわからない場所に
評判のラーメン屋があります。それがこちらの「饗(もてなし) くろ喜」。

02

塩と味噌がメインですが、最初に頼むのはやはり塩でしょう。

03

券売機で食券を購入し、素材へのこだわりを読みながら、ラーメンが出来るのを待ちます。

04

特製塩そば・980円。 特製にするとチャーシューが増え、味玉と海老ワンタンが乗ります。
中々美しいラーメンですね。

05

琥珀色のスープは丸鶏をベースとした動物系ダシに
鰹節や羅臼昆布、焼きアゴなどの魚介系ダシを加えたもの。
味付けは優しく繊細で、6種類の塩を使うせいか後味がまろやかで、旨さの余韻が長いです。
揚げネギの風味もたまらないですね。
この淡く深い味わいのスープで、ラーメンの旨さの9割が構成されていると言えるでしょう。

低温で焼き上げたチャーシュー、味玉、メンマなどの具もそつのない出来。
詳しくは若干辛口(?)の魔神さんのレポを読んでいただきましょう。 (^▽^;)

06

麺は細麺と平打ち麺から選べまして、今回は細麺を。
小麦の香り高い麺が極上のスープをしっかり持ち上げます。
スープの持ち上げが良いのが、細麺が持つ大きな利点ですな。
出来るならば、替え玉をお願いしたかったですよ。 (^^;

大変美味しい塩ラーメンでした。次回は味噌ラーメン? 夜限定のタンメンもいいですね。
夏に行かれた魔神さんの記事は こちら

01

12月になりましたが、もうしばらく先月、先々月のレポが続きます。
11月には「天房」にも久しぶりにお邪魔しておりました。ピッカピカの暖簾が目に眩しい。

02

未食だったくじら肉天。この日はこれを食べにきたのですよ。
くじらだけでは寂しいので、ボタン海老もいっときますか。

03

パチパチと心地よい音と、ごま油のいい香りに期待を膨らませながら待つこと数分!
ボタンエビ天・550円 が運ばれてきました。

04

まずは酢洗いされた卵を刺身で。さすがは築地の天ぷら屋! 鮮度が素晴らしい。

05

ふんわりとした衣を美味しさを損なわないために、天つゆではなく塩で。
ボタン海老の身はひたすら甘く、鼻に抜ける香りには気品すら感じさせます・・・。

頭のほうはバリバリと音を立てて、ワイルドに喰らうのがいいんですよ!

06

ちょうどボタン海老を食べ終わった頃に、くじら肉天・500円 が。
値段の割にはしっかり量がありますね〜。

07

カラッと揚がった衣には天つゆで。
厚切りの鯨を噛み締めると、思いのほかやわらかく、クセのない旨味が口一杯に!
イワシ鯨だそうですが、刺身でも使える鮮度、極上の部位だという話も納得の味。
実際に刺身で出してたこともあるそうで、そちらも是非一度食べてみたかったですね。

08

さてもう一軒。築地ブロガー諸氏の記事で、皆さん既にご存知と思いますが
場外のカレーの名店「真寿舎」が10月末をもって、閉店いたしました。
私も友人からその情報を教えていただきまして、閉店前にお邪魔することができました。

09

こちらの常連であった方と並んで座り、私が注文したのは 魚河岸オムカレー・900円。

10

マイルドな辛さとどこか薬膳を思わせる優しい味わいのカレー。
インパクトこそないものの、気づけば夢中になって食べさせられてしまう不思議な魅力。
具の帆立や海老の大きいこと! そして揚げたてのエビフライは食べ応え充分。

11

ふわふわのオムレツもエビフライに負けない存在感。
もっとこちらで食べておくべきだったと、後悔しながらいただくのでした。

12

おまけで隣りの常連様が召し上がっていたカレーの写真を。
オムカレーにトンカツをトッピングして、ビーフ、魚河岸、ハヤシの3種の合いがけカレー。

マスターがちょっと苦笑いしながら作っていたのが印象的でございました。 (^^;

01

今日は10月末に訪れた有名焼肉店のレポを。
以前から行きたいと思っていた三ノ輪の「七厘」です。予約をして3人でお邪魔を。

02

こちらは国産黒毛和種の牝牛のみを使用。中でも希少部位が旨いと評判なのです。

03 04

タレにはワサビと柚子胡椒が付きます。まずは カクテキ・500円 から注文。

05

値段の割には量の多い ナムル・500円。歯ざわりがいいですね。

06

最初のお肉は予約時に注文しないと食べられない 幻のタン・三人前3900円。
あまりにも人気で、一人一人前しか注文できないメニュー。

07

タン元、タン先、タンすじがそれぞれ一枚ずつ。

08

中でも特筆すべきはこの厚切りタン元。炭火でじっくりと焼きまして・・・。

09

いただきますと、めちゃくちゃウマイ!
表面はプリッとして、サックリ切れるやわらかさ。そして口の中にあふれる肉汁の甘さに感動。
タン塩なのに、ご飯が進む進む! 大盛りライス・350円 を頼んでて良かった。 (^▽^;)

10

さて、タンを堪能した後はコースで。
予約時にお願いした おまかせコース・5500円 の始まりです。
コースの一番手はサシの入り方がなんとも美しいサーロイン・・・!
とろける脂はクセがなく、後味の余韻が長い一品。いきなりガツンとやられました。

11

お次はびっしりと脂ののった部位である トモ三角、ブリスケ。

12

芯々、リブ芯 と続きます。
力強い脂の旨さは勿論のこと、赤身の旨さも光ります。
この辺はマグロと同じですね。赤身が弱いと脂がクドく感じるんですよね。

13

軽く炙るようにして食べるのが私好み。肉汁を落とさないように焼くのがポイントです。

14

内モモ、とうがらし。
全7種類の希少部位の美味しさに、同行してくれた方も満足してくれたようで一安心。

15 16

コースの最後は 切り落とし。これが切り落としというには勿体無いぐらいの肉質。
しっかりとした辛さの ユッケジャンスープ・850円 も気に入りました。

17

ホルモン系の品質も知りたくて、ギアラ・900円 を追加注文。
悪くないんですが、ちょっと硬いかな? 正肉系の素晴らしさを考えると、少し見劣りします。

正直おまかせコースだけで充分な量のお肉を堪能出来るので、追加する必要はないかも。
でも幻のタンは必須ですよ。是非予約してご注文を。

18

こちらには悶絶コースという完全予約制の特別なコースもあるんですが、
今はユッケなどの生肉メニューがないので、注文するのを躊躇ってしまいますね。
焼肉ばっかりだと、あんまり量が食えないですから。 (^^;

同行してくださったまいたーんさんの記事は こちら
辛いスープを涼しい顔で飲んでおられたのが、非常に印象的でした。
昨年の7月に訪問された魔神さんのレポは こちら

このページのトップヘ