習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2012年05月

01

GWに、千葉県市川市にある「じゅんさい池」にやってきました。
天気の悪い日が続いておりましたが、この日は朝から清々しく晴れておりまして
ご一緒してくれた皆様と、しばし散策を楽しんだのでした。

02

勿論ただ散策をするために、友人を市川までお呼びしたわけではございません。
「じゅんさい池」へ行く前に、先日下見にも訪れた「いさと」へ皆様をお連れしたのです。

03

今回は8名でお邪魔しまして、コース料理を注文しました。
私は おろしコース・2000円 を。
焼き味噌、玉子焼、おろしそば、デザートからなる全4品のコースです。
ちなみにコース料理は二人以上から注文可とのことです。

04

別注文で そばがき・1000円(一人前) もお願いしました。こちらで2人前。
蕎麦に明るくない私は分かりませんが、このように煮立った小鍋で出されるのは珍しいとか。

05

皿にとって、お好みでワサビ、ネギ、醤油をかけていただきます。
いただくとねっとりした舌触りで、口の中で蕎麦の香りがふわっとふくらむ感じ。
これは面白い。醤油がなくても美味しく食べられます。

06

前回紹介した焼き味噌と玉子焼の写真は割愛いたしまして、メインのおろしそばを。
レモンを絞ってツユに入れ、おろしと一緒にいただきます。

07

レモンを絞った頃に、蕎麦も運ばれてきました。

08

粗挽き蕎麦の美しさは数日前と変わらず。
こちらではその日に使う分だけを、朝に挽いているのだとか。
レモンの香りと酸味が加わっても、蕎麦の存在感は失われないのが凄い。

09

蕎麦のお代わりをいただきます。今度は 十割そば(ざる)・800円 を。
実は先日下見に伺った際にお願いして、十割そばも特別に用意していただいたのです。

10

十割とは思えないほどの滑らかな蕎麦に驚嘆!
こちらは寝かせることで甘みと強いコシが生まれ、のど越しがよいのが特長。

ご主人に、十割はどこにでもあるから面白くないでしょ? と聞かれましたが
こんなに旨い十割そばって滅多にないような気が・・・。 (^^;

なお今回作っていただいたこの十割そばは、予約状況に余裕がある上で
まとまった人数が希望するときにしか受けられないとのことです。

11

さて、美味しい蕎麦を堪能した後に出されたデザートがこちら。そば久寿餅です。
くず餅といっても葛は使われておらず、冷やしたそばがきに、黒蜜とキナコをかけたもの。

甘さにいやらしさがなくて、旨いんですよ。最後のデザートまで蕎麦が主役でした。

12

「いさと」での美味しい料理、「じゅんさい池」の美しい風景、
そして市川までお越しくださった皆様との楽しい会話は、素晴らしい思い出となりました。

ご一緒してくださったつきじろうさんの記事は こちら

01

総武線沿線でいい焼肉屋がないかとネットで探しておりまして、気になったのが
以前紹介した亀戸の「肉処 寛」。そしてもう一軒がこちらでした。

小岩駅から南に10分ほど歩いたところにある「秋元」です。
今回は3人の友人にご一緒していただきました。

02

席に着くと、お通しのサラダが。

03

飲み物をそれぞれ注文。やっぱり焼肉にはビールですよね。

04

さぁ、乾杯です。・・・飲めない私は緑茶で。(^^;

05

まずは レバ刺し・900円 から。今でもこれが食べられることに驚き&喜び。

06

この日は日曜でしたので、鮮度には期待しませんでしたが、味は悪くないですよ。
ちょっと塩をつけ過ぎちゃったかな。 (^^;

07

これは自家製の 和牛ローストビーフ・1500円。
肉はしっとりとやわらかく、赤身の味が濃く出てます。

08

焼き肉の最初はタン塩でしょう。 最上タン塩・2200円 を。
事前に調べた情報通り、まだ少し凍っておりました。焼く前に少しインターバルを(笑)。

09

凍ったタンがいい具合にやわらかくなった頃に、両面を軽く焼いていただきます。
脂は甘く、やわらかさの中に程よい弾力が。美味しいタンでございました。

10

お次は 塩上カルビ・2000円 と タレ上カルビ・1900円 を。

11

こちらがタレ。
並、上、極上とある中から、とりあえず真ん中を注文しましたが、上でも十分旨そう。

12

肉の管理は各々で(笑)。焼きすぎてしまっては、せっかくの肉も台無しでございます。

13

キムチ・500円 と サンチュ・500円 もカルビのお供に。

14

カルビの魅力はなんといっても脂の旨さ。その脂の質が味を左右するわけです。
甘くとろける脂は、クセがなくすっきりした後味。良質な脂ですね。

サンチュに合わせるのはタレが王道ですが、味濃い目の塩カルビも合うじゃないですか!
おかげで野菜もバリバリ食えます。

15

タン下の角煮・500円 なんていう変り種も試してみました。
じっくり煮込まれたであろうタンは、口に入れるとほろっと崩れるほどやわらかく
お酒やご飯に合う濃い目の味付け。しかしまだライスは我慢です(笑)。

16

タン、カルビと来て、ロースでございます。
塩上ロース・2000円 と タレ上ロース・1900円 の食べ比べを。
ロースはここで最も評判の良いメニュー。

17

タレの中に沈むロースを見ていたら、無性にライスが欲しくなって注文を!

18

ご飯と一緒に食べるときは、あえて少し焦がすのが習志野流!

19

ライス・300円 が来たら、熱々のご飯と一緒にいただきます。
・・・旨い! しっとりとやわらかく、赤身と脂の旨さのバランスが実にイイ!
当然ながら、ご飯が進みますね〜。

20

続いて並の品質も知りたくなって、 塩ロース・1100円 と タレロース・1000円 を注文。
並でも十分美味しいのでした。CPが一番高いのは並かもしれません。 (^^;

21

ホルモンも一つ注文。 てっぽうホルモン・900円 を。
脂をあえて落としたホルモンを使うことで、モツ自体の味が良く分かるさっぱりした一品。
これが私の中で、中々のヒットでございました。

22

〆はご飯ものを。 カルビクッパー・700円。

23

見た目は真っ赤ですが、卵のおかげかマイルドで優しい辛さでした。

24

最後にデザートのアイスをいただいてご馳走様。

A5の和牛にこだわるというだけあって、美味しい肉を楽しませていただきました。
総武線沿線にはまだまだ美味しい焼肉屋がありそうなので、探してみようと思います。

ご一緒していただいたかなめさんの記事は こちら
まいたーんさんの記事は こちら

01

市川に評判の蕎麦屋があると聞きまして、週末にお邪魔してきました。
駅からバスに10分ほど乗り、少し歩いた先にその店はありました。

「SOBA ISBA いさと」です。ISBAとは英語で小屋という意味だとか。

02

ご自宅の一部を客席に使われてるみたいですね。
実家に帰ってきたような落ち着いた空間にホッとします。

03

席に座ると、お茶とカブの漬物が。

05

お品書きはこちら。
蕎麦の量が少なめと聞いてましたので、二種類ぐらい頼みますかね。あと玉子焼きも。

07

こちらは焼き味噌。お品書きにあったので、どんなものか聞いてみたところ
お試しにどうぞと出していただきました。生姜のきいた味噌の中には蕎麦の実が。
香ばしく焼かれた味噌の香りがたまりません。これはお酒のアテに最高でしょうね。

08

玉子焼きM・800円 です。上に乗るのは食感のよい蕎麦の芽。

09

ふわふわとろとろの玉子焼きの中には、鴨のそぼろ肉が入ってます。
一人で食べるには大きいかと思いきや、あまりの美味しさにお代わりしたいほど。 (^^;

10

さて、いよいよメインの蕎麦をいただきます。

11

まずは ざるそば・800円 から。こちらは粗挽きの二八そばとのこと。

12

うっすら緑がかった透明感のある蕎麦を、何もつけずにいただいてみると
ほのかな甘みが感じられ、のどを通ったあとに蕎麦の香りがふわっと。いいですね。

鰹の風味豊かなツユにつけて食べると当然のように旨い。ツユは私の好みより甘めかな。

13

ざるを瞬く間に平らげた後に、 鴨ざる・1200円 を。こちらは温かいツユ。

14

鴨肉はやわらかく、旨味強し! 火の通し加減が絶妙ですね。
また鰹のダシと、鴨の旨味を吸ったネギの旨いこと!

15

二枚目の蕎麦なのに、またもやすぐに平らげてしまったのでした。 (^^;

実はここには近々お仲間と一緒にお邪魔する予定でして、今回は下見にやってきたのです。
味にも雰囲気にも大変満足させていただきました。再訪する日が楽しみです。

このページのトップヘ