習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2012年08月

01

今夜は「都寿司」の続きを。
握りの前に出される自家製のガリは、甘さが控え目でついつい食べ過ぎてしまいます。

02

一貫目に出されたのは熊本天草の新子。
今シーズンに鮨屋で最初に食べる新子が、「都寿司」のものになるとは嬉しいですね。
ふんわりした身は淡く繊細な旨味を持ち、のどを通った後も余韻が儚げに・・・。
これを食べるまでは、どんなに暑くても夏の到来を実感出来ません。

03

続いて出されたのは小肌。親と子の違う旨さを、同時に味わってもらおうという心憎い演出。
旨味が力強く、舌の上で瞬時に脂の甘みが広がる感じ。新子とは似て非なる美味さ!
新子が旨い時期は、小肌も旨いというのは本当ですね。

04

黒アワビは城ヶ島のもの。歯をあてるとサクッと切れるやわらかさと心地よい弾力。

05

春子鯛の昆布〆は鹿児島産。
いい春子でしたが、私には身がやや大き過ぎて、前回ほどの感動は覚えず。
といっても前回のものは、私の生涯で一番旨い春子鯛だったんですよね。 (^^;

06

中トロはもう既に大間産が。
8月上旬に大間でこんなにいい本マグロが獲れることに、ご主人も驚かれたとか。

07

ミルガイはコリコリの食感が楽しい。
香りもありましたが、つまみのホッキの素晴らしさには及ばず。

08

車海老のミソの甘みと香りの豊かさは、先月以上のもの!
もちろん、身自体にも甘みがしっかりありますよ。

09

金目鯛の炙りは、前回と同じく辛子を乗せて。
次回は炙らない金目鯛も握ってもらって、食べ比べをしてみたいです。

10

旬のキタムラサキウニは、甘みにコクがあります。

11

握りの最後の一貫は穴子。
今回はツメでいただきました。口の中でほわっととろけます・・・。

12

でっかいアサリが入った味噌汁は、味噌はほんのわずかでアサリの出汁が濃厚!
すっきりした雑味のないおツユに、ホッとさせられます。

13

最後はデザートがわりの玉子焼。
これは前回に比べると、ややしっとりとした仕上がりでした。

14

先月に続いて今月も、大変満足させていただきました。次回の訪問が待ち遠しいです。

01

先月まいたーん女史に連れて来てもらった「都寿司」に、今月もお邪魔してきました。

02

こちらは17時半〜、20時半〜の二部制でして、今回は17時半からの回に一人で予約を。

03

つまみと握りのおまかせコースをお願いしました。
お通しはまだほんのり温かい枝豆。きっと出す直前に茹でられたのでしょうね。

04

ちょうど枝豆を食べ終えた頃に、刺身に使う塩や醤油が準備されます。

05

刺身は襟裳で獲れた鰹と、長万部のホッキ貝。
気仙沼から北上して襟裳に辿り着いた鰹は脂のノリがよく、香り豊か。
塩で寝かせることで、さらに旨味が引き出されています。

06

ホッキ貝は裏側をほんの少し茹でることで、生の食感を残しつつ、甘みを増してます。

07

旬のゴマサバは大葉とガリを挟んだ巻物での登場。ゴマサバは軽く〆てあります。
どっしりした重厚な旨味に驚かされましたが、これでも秋のマサバには及ばないとのこと。
ご主人にそう言われたら、秋の予約も取らざるをえません(笑)。

08

続いてホタテの磯辺焼き。
火の入れ加減が絶妙で、歯をあてるとパラパラと繊維がほぐれるような心地よい食感。
ホタテ自体の甘みも強いですね〜。こんなに旨い磯辺焼きを食べたのは初めてかも!?

09

面白かったのがこの甘く煮付けられたあん肝。
私には味付けが強すぎましたが、これは酒好きにはたまらないでしょうね。 (^^;

10

焼物はのどぐろの一夜干し。
パリッと焼かれた皮と、ふっくらした身の食感のコントラストが素晴らしい。

11

のどぐろを食べ終えた頃に、 『 そろそろ握りましょうか? 』 とご主人に聞かれましたが
もうちょっとつまみが欲しくなって追加を。

佐島のタコです。半生をこえたレアに仕上げられております。
香りを残しつつ、自然に甘みをふくらませる超絶技術!
ただ素材の良さに胡坐をかいているわけではないのが、この一品からも判ります。

12

つまみの最後に出してくれたのは、平貝の味噌漬け。「都寿司」の定番の一品です。
西京味噌と信州味噌をブレンドしたものに、二週間も漬け込むのだとか!

そんなに漬けると平貝の味と弾力が失われ、極端に塩辛くなるんじゃないかと思いきや
もっちりとした歯応えは生き、二つの味噌の香りに優しく包まれているような印象。
これは酒が飲めない私にとっても、体中に衝撃が走るほどの美味しさでございました。

この後は握りに入ります。写真が多くなり過ぎてしまったので、続きは次回に。

01

先月お弁当をいただいて、その美味しさに驚かされた「つきじ芳野」へやってきました。
今回は友人とお邪魔して、カウンターで丼を注文することに。
出来たての丼はお弁当より美味しいでしょうね! 期待に胸が高まります。

02

メニューはこちら。
丼をいただくのは初めてなので、とりあえず今回はこちらの最高峰の一品である
極(きわみ)のばかしをいただくことに。

03

これは友人の注文した あなごの白焼き・2000円。
白焼きは最高の穴子があるときしか出せないとのこと。この日は活けの穴子を使用。

04

網でじっくりと焼かれた穴子は皮はパリッ。身はふわっとして旨味がじゅわっ!と。
穴子自体の香りもしっかりと感じられ、塩すらつける必要がないほど旨い!
私の好きな「高はし」の穴子の白焼きを超えたかも!?

05

こちらは 極のばかし・2500円。とろろ汁と玉子焼きが付きます。
煮穴子と焼き穴子が、お重を覆いつくすように贅沢に乗せられます。

06

極と名付けるだけあって、極上の穴子があるときのみの提供だとか。見事な厚みですね。
焼き穴子はご飯に合うように、白焼きよりもやや濃い目の味付け。
それでいて穴子の味わいの奥深さは変わらず、脂の甘み、旨味に圧倒されます!
ご飯に入れられた山椒の香りもよいアクセントに。

07

ふわふわ&とろっとろのやわらかさの煮穴子は、スッキリした後味のタレが実にイイ!
味濃い目が好きな方は、タレを追加することも出来ますよ。

『 ばかし(化かし) 』 とは鰻のように仕上げたという意味だそうですが
そういう意味だと穴子に申し訳なく思ってしまうほどの美味しさでした(笑)。

築地で久々に全メニューを制覇したいと思える店に出会えました。
営業は10時からご飯が無くなるまでとのこと。
この日も13時前には売り切れてしまいましたので、早めの訪問をオススメいたします。

もう既に6回も行かれているしょうさんの最新の記事は こちら
先月行かれたまいたーんさんのあなごのばかしの記事は こちら

09

穴子の美味しさの余韻がまだ残る中、涼をとりに「フォーシーズン」へ。
マスターと女将さんの面白いかけあいにも癒されたのでした。

01

美味しい餃子が食べたくなって、久しぶりに立石までやってきました。
立石で餃子となれば、お邪魔するのは勿論ここ。名店「蘭州」です。

0203

まだ早い時間でしたので、貸切状態でした。飲み物にはウーロン茶をいただきます。

04

メニューはこちら。禁煙なのが嬉しい。

05

餃子の前に注文したのは 牛すじ。パクチーも乗せてもらいました。

06

八角が香る牛すじは適度にやわらかく、ゼラチン質のプルプルが心地よい。
牛すじの周りについた肉も味わい深いですね。パクチーとの相性も素晴らしい。

07

さて、お待ちかねの 水餃子 です。皿には小振りなものが10個ほど。
茹でる直前に皮から手作りしてくれるので、小麦の風味が全然違うんですよ。

08

皆さんそれぞれ餃子の食べ方にはこだわりがあると思いますが
ここでの私のオススメは、ラー油オンリーの 『 直がけ! 』。
それも油ではなく、瓶の底に溜まった焦がし香辛料をメインに入れるのが私流!

水餃子のモチモチっとした皮に、香辛料のザラザラした舌触りが意外に合います。
中の餡はジューシーで、ちょっと厚めの皮とのバランスも絶妙。

09

焼餃子 だって水餃子に負けないクオリティの高さ。見事な焼き色ですね。
パリッと焼かれた皮の中には、たっぷりの甘い肉汁。
餡に下味が付いてるので、そのまま食べても美味しいんですよ。

10

水餃子はラー油オンリーでいただきましたが、焼餃子にはお酢+ラー油で!
お酢を入れると後味がさっぱりしますからね。ここでもラー油の油は少なめに。

11

こちらでもやっぱり 『 直がけ! 』 するのでした。
餃子にタレをつけるというより、香辛料をガッツリ乗せるって感じですね。 (^^;

久々でしたが餃子の美味しさには変わりなく、満足させていただきました。
ここの餃子が恋しくなった頃に、またお邪魔しようと思います。

12

「蘭州」の後は、ちょっと怪しげな横丁に足を踏み入れたのでした。
二軒目にお邪魔した店の記事は、またの機会に。

01

猛暑になる前ですが、錦糸町にある評判のカレー屋に友人とお邪魔してきました。
「カレーのアキンボ」という店名には、どんな意味が込められているんでしょうね。

02

ゆったりと奥行きのあるカウンターがあると、不思議と心が落ち着きます。

03

最初にカレーの注文を済ませ、飲み物をいただきます。友人は ビール・450円 を。

04

私は 自家製ジンジャーエール・400円 をいただきました。
品のある甘さで、程よい辛さ。後味に生姜がしっかり香るのが嬉しい。

05

飲み物を頼むと、カマンベールチーズとドライバナナが付いてきました。
これがジンジャーエールにも合うんですよ。

06

こちらは飲み物のお供にと注文した スナギモのオイル煮・500円。

07

これが値段以上のボリュームとクオリティの高さ! カレーにも期待が高まります。

08

カレーはチキンとキーマの二つのレギュラーの他に、週替わりのカレーもあるのですが
今回は初めての訪問ということで、レギュラーのカレーを注文することに。

私が頼んだのは チキンカレー・750円。
ほんのり紫色のご飯には、古代米を混ぜてあるんだとか。

09

スパイスが複雑玄妙に香るカレーは、粘度がなくサラリとしてます。
チキンはやわらかく中々の大きさ。
皮の部分を使わないのは、脂の味が強く出過ぎてしまうことを嫌ってのことでしょうか。

10

ご飯は硬めに炊かれているので、サラッとしたカレーでもよくなじみますね。
古代米の食感もよいアクセントに。
食べ進めると、じんわりと心地よい辛さがやってきます。これは私好みのカレーだなぁ。

11

こちらは友人の頼んだ ラムのキーマカレー・850円。

12

挽肉はラムの旨味は濃いのにクセがなく、パクチーや生姜と食べると一段と風味豊かに。
チキンも美味しいと思ったけれど、こちらもまた私の好みのど真ん中!

次回お邪魔するときは、週替わりカレーを食べようと思ったけれど
当日になって迷うことになりそうです・・・。 (^^;

1314

〆にいただいた 自家製濃厚プリン・300円 は、名前に違わず卵とバニラが実に濃厚で美味!

サイドメニューにクミンピザという、激しくハートを揺さぶられる一品も見つけたので
涼しくなった頃にまたお邪魔しようと思います!

※ 昼夜に関わらず、電話での予約をオススメいたします。

このページのトップヘ