習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2013年10月

01 02

4ヶ月ぶりに「鳥藤分店」にお邪魔してきました。

03

頼んだのはこちらの10月限定メニュー。
「鳥藤分店」でチャーハンなんて初めてじゃないかなぁ。

04

油淋鶏とキノコチャーハン・950円 です。鶏スープも付きます。

05

油淋鶏(ユーリンチー)ってのは、揚げた鶏もも肉に甘酢醤油をかけたもの。
本場中国では、衣をつけずに油をかけて火を通すみたいですけどね。

ジューシーな鶏もも肉の唐揚げに、黒ゴマと揚げネギの入った醤油ダレがかかってます。
衣とかタレには特筆すべきところはないのですが、素材の鶏肉がいいので旨いです。
身は新鮮でプリッとしてて、肉汁たっぷり!

06

キノコチャーハンは正直イマイチ。 (^^;
お米の水分量が多いのか、ベチャッとして油っぽい。
それでいて何故かパサつき感もあるという不思議な味・・・。

注文してから運ばれるまで、炒めてる音とか香りがしなかったので
作り置きしたものをジャーで保温か、温めなおして出しているのかも。
刻んだキノコが入っているけど、キノコの薫りが全くしない。 (-o-;

本格的な炒飯を出せとは言わないけれど、これなら普通の白飯の方がいいかな。

07

鶏スープは安定した美味しさで、口の中の油を流してスッキリさせてくれます。

こんな旨いスープが使えるんだから、調理の技量が大きく味を左右する炒飯ではなく
鶏ダシやキノコをふんだんに使った炊き込みご飯とか作るとウケそう。

08

でも炊き込みご飯に油淋鶏は合わないかな〜。 (^^;

09

久しぶりにお得な朝定も食べたくなりました。
二人以上で行けば、全てのメニューを食べられそう・・・。

※ 本日10月9日(水)は休市日なので、「鳥藤分店」はお休みです。

01

友人に予約を取ってもらい、地元で人気のビストロへ初訪問。
船橋駅の北口から徒歩一分の狭い路地。人目から隠れるようにその店はありました。

店名は「船橋ワインバル 八十郎商店」。
予約必須の人気店で、早い時間は二時間制とのこと。

02 03

今回は3人での訪問。飲める2人は スパークリングワイン・580円 を。
私は ドライジンジャーエール・380円。 お通しは オリーブのマリネ でした。

04

メニューは中々豊富ですね。値段もリーズナブル。

05

初めてということで、定番モノから頼んでいきますか。

06

本日の前菜盛り合わせ3種 ・980円。
左はゴルゴンゾーラチーズのポテトサラダ。
右はサーモンとクリームチーズのキッシュ。

07

お皿の裏に回って、鶏胸肉のサンバルマリネ クスクス添え。

08

夏野菜のラタトゥーユ。3種盛りを頼んだのに、4種類あるのが嬉しい。
味はどれも良かった。特に気に入ったのが鶏肉のサンバルマリネ。
鶏肉はしっとりとやわらかく、スパイスの薫りが立ってます。

09

生ハム(イベリコ・ハモン)盛り合わせ・1280円。
ハモンセラーノとイベリコの生ハム、イベリコのチョリソー。
イベリコ豚の質は中々! 値段の割にはボリュームもあります。

10

続いて 海老と京都九条葱のアヒージョ・580円。 バケット・280円 も一緒に。
アングルが悪いせいか、海老が見えづらくてすみません(笑)。
でもこれは海老よりもネギの美味しさが際立ってました。
バケットを熱々の油につけて食べると、ニンニクの薫りがたまらない!

11

新鮮!本日鮮魚のカルパッチョ・880円。 魚は築地直送とのこと。
サーモン、カンパチ、ホタテ、真ダコにムール貝。
刺身はまずまずかな。特に力を入れていると感じられたのはサーモン。
正直な話、サーモンは築地の海鮮丼屋で出されるものよりもずっと良質(笑)。

12

ここまで来ると結構お腹も膨れていたのですが
『 当店の目玉 』 と書かれた黒板を見てしまい、おもわず注文を!

13

店仕込み 米沢豚の特大ソーセージ・580円。
皿からはみ出る長さのソーセージにかぶりつくと、肉汁が口一杯にあふれます!
脂はサラッとしてるのに甘みが濃厚で、米沢豚の肉自体の味わいも強くて好印象。
これはこちらに来たら、注文必須ですね。

14

〆はやっぱり炭水化物をいただきましょう。 トリュフとフォアグラのリゾット・1080円。
高級食材の名前を見るとすぐに飛びつくのが、私の悪いところ(笑)。
でもこれは飛びついて正解でした。

フォアグラは火の通りが完璧で、お米はちょっと芯がある絶妙の炊きあがり。
生米から作るので勿論時間はかかりますが、待って悔いの無い味でした。

こちらは味だけでなくスタッフの接客も大変よかったので、是非再訪したいです。
築地や御徒町にも支店があるそうなので、機会があればそちらにも行ってみよう。

01

ちょっと辛いものが食べたくなった週末の夜。
辛いものというと中華かカレーですが、この日の気分は前者でした。
総武線の各駅電車に揺られること10分。
下総中山駅から5分ほど歩き、辿り着いたのは「忠実堂」です。

02

ツレとの訪問でしたが、二人ともそれほど空腹ではなかったので、軽くいただくことに。

まずは前菜から 揚げジャコとピータン豆腐の香味ソースがけ・630円 を注文。
カリカリのジャコが香ばしく、食感のアクセントに。

03

続いてお目当ての 麻婆豆腐・800円。 花椒がバシッ!ときいた本格的な麻婆豆腐。
挽肉もたっぷり。白いご飯が欲しくなりましたが、グッとこらえます。

04

何故ご飯を我慢したかというと、既に炭水化物を頼んでいたからなんですね(笑)。

ハイブリッドあんかけ炒飯・890円。 生姜のきいたスープが付いてきます。

05

基本の炒飯に砕いたおこげが乗せられ、その上から海鮮のあんかけが。
なるほど! これがハイブリッド(異質のものの混成物)と命名された理由ですな。

06

パラパラに炒められたせっかくの炒飯を、わざわざあんかけでしっとりさせるなんて!?

そう思われる方もおられるでしょうね。
ところがふわふわのあんかけの中でも炒飯の食感の良さは失われず
刻まれた海老やホタテ、高菜、おこげと一体になって、想像を超える旨さに!

これはちょっと驚かされたなぁ。いつも通りの優しい上品な味付けも私好み。
前回(記事は こちら)レポした あさりの和えそば と同じくらい気に入りました。

07

秋の期間限定メニューにも、興味深いものが色々あります。

特にきのこそばと、きのこ炒飯が気になるなぁ。

01

昨日から10月に入り、朝晩はめっきり涼しくなりました。
しかし夏のレポがいくつか残っていますので、どうかお付き合いください。 (^^;
まだ暑さが全盛だった頃、スイーツを食べにやって来たのは銀座。
訪問したのは「ピエールマルコリーニ 銀座店」です。見事なビルですね。

02

こちらではこだわりのチョコレートを使ったパフェがいただけます。
私は基本のメニューであるチョコレートパフェ。ツレは夏限定のレモンパフェを注文。

03

マルコリーニチョコレートパフェ・1680円 です。
チョコとバニラの二種類のアイスに、チョコレートクリームやバナナがそえられます。

04

主役(?)と思われるチョコレートアイスからいただくと、カカオの薫りが凄いですね!
そして甘いだけでなく、ほどよい酸味と渋味。
ほのかな苦味が味に奥行きと重厚感を演出し、高貴な余韻が長く舌に残ります・・・。
むぅ! これは私が今まで食べたチョコレートパフェとはレベルが違うなぁ。
きっと厳選されたカカオを使い、熟成もさせているんでしょうね。

05

ツレの頼んだ マルコリーニレモンパフェ・1575円 も少し食べさせてもらいました。
こちらは爽やかに酸味がきいたレモンアイスが主役で、カカオの薫りはあえて控え目。

なるほど! これが夏仕様ということか。
全体的なバランスは取れてますが、鮮烈なカカオの風味を楽しみたい人には向かないかな。
秋はマロンを使ったパフェが登場しているとのこと。そちらも一度試してみたいです。

06

すぐそばにあるこちらもチョコレートパフェが評判なんだとか。
次回はこちらにお邪魔しますかね。




07

最後にお報せを一つ。しょうさんが新たにブログを開設されました。

New Blog 『 今日も朝から千鳥足。。。 』こちら

タイトルがちょっと不安です(笑)。

このページのトップヘ