習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2014年07月

01

先月下旬に「 銀座しまだ 」へ行ってきました。
今回も予約をして、4人での訪問。

02

6月下旬のお品書きはこんな感じ。
過去二回の訪問記事(こちらこちら)で紹介したものは
今回は割愛させていただきます。

03

一品目にいただいたのは 蛸の柔らか煮。
じっくりと煮られたのか料理名通りに蛸はやわらかく
和風だしがよくしみこんでいます。

04

続いてほどよく寝かされて旨味が増した こち刺身。

05

鳥貝あぶり はちょっと火が入り過ぎてたかな?
貝の風味が完全にとんでました。 (^^;

06 07

鱧は二種類いきましょう!
鱧の焼霜造り と 鱧の白焼き の両方を注文。

どちらも骨切りが完璧でした。
淡白な味わいなのに、旨味が力強いんですよ。

08

こちは刺身だけでなく、揚物でもいただきました。
コチの唐揚げ甘酢餡かけ。
身がほどよくしまったコチは心地よい弾力で
穏やかな味付けの餡が、素材の旨味を引き出す感じ。

09

終盤に入って肉ゾーン突入!
黒毛和牛焼き胡麻ソース掛け。

10

中はよい感じにレアな焼き具合。
でもこのゴマソースと牛肉の相性って、いいような?悪いような?(笑)。

11

一口ビーフカツ。
これはいたって普通かな?

12

最後は〆の定番の からすみそば で。

今回は全体を通して、料理の出来にちょっとムラがあったかな。
いつも通りに美味しいものと、あらっ?どうしたんだろ?と
首を傾げる品がいくつかありました。
弘法もなんとやらって奴ですかね?
次回はちょっと期間を空けて再訪しようと思います。

ご一緒してくださった猫村さんの記事は こちら

01

今年5月に銀座に出来たばかりの「 俺の焼肉 」へ行ってきました。

02

予約をして4人での訪問。
座席は思ったよりもゆったりとしたスペースがとられ、快適ですよ。

03

メニューはこちら。
店がプッシュするのが、『 俺の黒毛和牛 』という盛合せ。
その日によって入る部位が異なりまして、多くの人数分で頼むのがお得だとか。
とりあえずこれを4人前お願いしました。肉のおともにサンチュもね。
最初にタン塩も欲しいので、2人前注文を。

04

ホルモンやサイドメニューがこちら。
中盤にスープ、終盤に余裕があればビビンバも頼みたいところ。

05

希少部位は単品での注文も可能です。

06

それぞれ飲み物を頼んで乾杯を。

07 08

まずは 牛タン塩2人前・1500円 から。
解凍は上手くされているけど、肉質自体は普通かな。

09

そして 俺の黒毛和牛4人前・3520円 がドドン!と登場。
なんといっても目を引くのは、でっかいサーロイン。

10

他にも三角バラ、上肩ロース、肩三角、なかにく、スネ。

11

ロースやカルビなども。
部位の種類が多く、ボリュームもかなりのもの。
これで3500円ってのはお得ですね。

12

俺のサンチュ・680円 も用意されて、準備万端。
後はひたすら焼いて、ひたすら喰らうべし!

13

サーロインは一枚のまま豪快に焼いて、ハサミでカット。

14

脂が多いので、早速サンチュが活躍します。
・・・うん、旨い。
肉はやわらかく、肉汁甘いですね。

15

脂が多い三角バラを強火で焼くと、炎が一気に!

16

表面がカリカリになるまで焼いていただきます。
・・・脂の旨味が強烈! 不惑を過ぎた私には重いかな(笑)。

17

脂の海に溺れそうになったので すっぽん玉子スープ・480円 を注文。
これで口の中の脂を流して、まだまだ食えます!

18

脂の少ないさっぱりとした部位も。これはスネだったかな?

19

塩でいただきました。

20

サンチュやスープ、セットに付く野菜のおかげで
最後まで美味しくいただけましたが
残念ながら〆にご飯ものを追加できるほどの余裕は
胃袋にありませんでした。 (^^;

食べてみての感想としては、肉質はまずまずながら
CPに優れているので、満足度は中々高いのではないかと。
手軽な値段で希少部位を楽しみたいときに、重宝しそうです。

01

先週末はランチを食べに「 河岸頭 」へお邪魔しておりました。
実は先々週に築地へ訪れた際に寄るつもりだったのですが
銀座で食べた鰻重のボリュームに負けて、行けぬまま帰宅・・・。

というわけで今回は、空腹状態で訪問したのでした。

02

まずは定番の刺盛からいただきましょう。
この日の主役はマグロ!
本マグロとインドマグロの赤身、中トロをそれぞれ食べ比べ。
どちらも素晴らしかったけど
薫りがよかった生の本マグロに軍配が上がるかな。

03

マグロの他には炙り太刀魚、サーモン、白イカ。
そして白身がマツカワ鰈、黒ムツ、金目鯛、アズキハタ、ノドグロ。

白身の高級魚をこれだけ食べ比べることが出来るのは
築地でも中々ないでしょう。

04

刺盛に続いて珍しく丼もお願いしました。
この日はのどぐろ丼、まぐろづくし丼の二つの特別メニューがあり
私達が選んだのは後者。

ダシのよくきいた味噌汁と一緒に。

05

生の本マグロの中トロ、大トロ、赤身のヅケが贅沢に乗ってます。
絶品のマグロに感動!
先々週来れなかったフラストレーションも解消出来たのでした。

今週末放送されるテレビ東京『 アド街 』の築地場外市場特集に
「河岸頭」も登場するそうなので、録画準備せねば・・・。

06

「河岸頭」に行く前に
ボンマルシェ デリ&バル 」でお弁当を購入してました。
この日の日替わりはイタリアンハンバーグ。

07

ここは夜になると、お酒と一緒に料理も楽しめるんですね。
築地らーめん(フランス風)ってのが気になるなぁ。

08

さて購入したイタリアンハンバーグ弁当・660円 がこちら。
「河岸頭」で撮影だけを。

夜に自宅でいただきました。
ハンバーグの肉質はいたって普通ですが、ボリュームがあるのが嬉しい。
トマトソースや付け合せの野菜にもう一工夫欲しいかな。

このページのトップヘ