習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2014年09月

01 02

以前から一度食べてみたかったラーメンを食べる為に
都営新宿線に乗って大島へ。

訪れたのは駅から徒歩数分の場所にある
中華蕎麦りんすず食堂 」です。

03

こちらのご主人はラーメン屋でありながら
蕎麦屋で修行経験アリという異色の経歴の持ち主。

店内に貼られた こだわり には
日本蕎麦とラーメンを融合させた、他に類を見ない深い味わい
と書かれていますね。

そしてこちらの名物ラーメンが
まさに他では味わえないタイプのラーメンなんですよ。

04

それがレモンを丸々一個使い、蕎麦ツユと中華麺を合わせた
レモンラーメン・650円。
トッピング一番人気の 鶏天・200円 とセットで注文。

具はレモンとネギのみというシンプルなラーメン。
すだち蕎麦 にヒントを得て、このラーメンを完成されたとか。

まずスープからいただくと、ふくよかな鰹出汁の旨味がガツン!と来て
後から鶏や昆布、椎茸の優しい旨味と薫りがゆっくりと・・・。
その余韻の途中から、爽やかなレモンの薫りが鼻をくすぐる感じ。

おっ! これはウマい!
時間の経過とともに、レモンの酸味がスープに溶け出て爽やかさが増し
入れたままにすると、皮から苦味が出過ぎてしまうので
頃合いを見て取り出します。

05

麺はしなやかで、パッツンとした小気味良い食感の中細麺。
コシがあって、小麦の味も楽しめるタイプで
こちらの独特なツユと大変相性が良いです。

06

トッピングの鶏天は、200円にしてはやけにデカイなぁ!
ボリュームがあるので、男の私でもちょっと持て余すほど(笑)。

カラッと揚がって、衣がサクサク。中はジューシー。
下味がしっかりついてて、そのままでも美味しく食べられるし
ツユに浸して食べてもまた美味い。

07

ツレの頼んだ ラーメン・650円 も味見させてもらいました。
美味しかったけど、私はレモンラーメンの方が断然好みでした。

08

とても気に入ったので、またお邪魔しようと思います。

こちらはメニューが豊富で、つけ麺やニラ玉ラーメンも大変気になりますが
再訪した時にレモンラーメンの誘惑に勝てるかどうか・・・。

01

先々週は「河岸頭」に行く前に、築地場内&場外を少し散策。

猛暑の時期が終わり
屋外でもラーメンが美味しく食べられるようになりました。

もんぜき通りに並ぶ二つのラーメン屋。
「井上」と「大一」。
メディアに頻繁に取り上げられる築地を代表する人気店と
その隣の店。

記事にはしてませんが、「井上」のラーメンを
過去に一度だけ食べたことがあります。
築地に行き始めた頃ですから、もう8年ほど前になりますかね。

素材にこだわりを持たず、旨味控え目なダシを補うために
質の良い 魔法の粉 で味にメリハリをつけた中華そば。
わざわざ千葉から来て、並んでまで食べる味ではないかな?
というのが正直な感想でした。

一方、隣の「大一」ではいまだに食べたことがありません。
食べない理由は「井上」があの味で繁盛しているのに
隣で繁盛していない「大一」が美味しいわけがないと思うから。

ちょっと前の深夜のバラエティで、その「大一」が取材されてました。
なんでも「井上」と「大一」は同じ製麺所から麺を仕入れ
その製麺所は「大一」のご主人の父が営んでいるのだとか。

番組では「大一」の親子間の関係にまで切り込むような取材をされており
中々興味深く見させていただきました。

それ以降、試しに一度食べてみたいと思い
機会をうかがっているのですが、いまだ果たせていません。

というのもこちらのご主人、見る度にどこか自信なさげで
せつない 顔をされているので、注文しづらいんですよね。 (^^;

02 03

場内では生まれ変わった「豊ちゃん」が営業を開始されてました。
右半分のカウンター5席だけの営業みたいですね。
まだ試運転といったところでしょうか?

どんなメニューがあるのか気になったので
店の方に断りを入れて、ちょっと撮らせていただきました。
メインはカツ丼とあたまライスみたいですね。

既に行かれたお仲間に話を聞いたところ
揚げ置きのカツを使うそうで。
うーむ・・・、手間をかけてでも美味いものを提供したいという
気概 みたいなものを全く感じられませんね。

昔の「豊ちゃん」でも忙しい時に揚げ置きを使うことはありましたが
新店にのっけからあからさまに手を抜かれるとゲンナリしちゃいます。

新メニューのマーボー丼が少し気になりますが
麻婆豆腐も当然作り置きでしょうから
美味いわけがないもんなぁ・・・。

01

三連休の最終日もまもなく終わりを迎えます。
連休を利用して、旅行された方もおられるでしょうね。

私も土曜に出かけてきましたよ。
いつもの築地の、いつもの「 河岸頭 」ではございますが。
・・・何か問題でも? ( ゚Д゚)

実はツレと二週続けて「河岸頭」に行っておりまして。

02

まずは先々週のレポから。
昼過ぎにうかがうと、お仲間がカウンターにいるのを発見!
既にほろ酔いのお二人に、テーブル席でご一緒していただきました。

この日の刺盛はいつも通りの豪華さ!
手前の鯵のたたきに始まり、サゴチ、鰹、フエフキダイ、コハダ。
ノドグロやトリ貝といった高級なネタも。勿論マグロも有り。

03

そして最も嬉しかったのが新イカと、そのゲソ。
スミイカの子のことで、可愛い大きさなのに
嘘でしょ!?ってほど甘みが豊かなんですよ。

毎年この時期だけの楽しみなのですが
今までこんなに美味い新イカは食べたことないかも?
正直な話、この新イカを食べる為だけに築地に来てもいいくらい。

04

ただ他にいいものがあれば、当然そちらもいただくわけで。
店主の橋本さんから

『 生いくらの塩漬けもありますよ! 』

と言われたら、頼まないという選択肢はありません。

生いくらが、壺に納まりきれずにこぼれてます(笑)。
そのままいただくと、舌の上でスッと消えゆくように溶け
コクのある旨味がパ〜ッと口一杯に広がります。
生いくらならではの食感ですな。

05

ご飯もいただいて生いくら丼に。
・・・たまらん!

「寿司大」の生いくらももう始まってるみたいですが
行列が凄いので、今年は食べられないかもなぁ。

06

さて、ここから先週の土曜のレポになります。
「フォーシーズン」で築地を愛する皆さんと楽しくお茶した後に
やって来たのはまたもや「河岸頭」。

今回は6名で訪れたのでした。お仲間は早速お酒を。

07

まずは刺盛からいただきます。
この日のネタは一際目立つボタン海老を筆頭に
ブリや秋刀魚、クエやノドグロなど。

先々週に感動した新イカも!
この新イカも悪くはないんですが、先々週に比べるとレベルが違ったかな?
前回が横綱クラスの美味しさだとしたら
今回は前頭四枚目ぐらい(笑)。
個体差があるのは当然なんですけどね。 (^^;

08

甘みの強いボタン海老は文句無しの美味さ!
あと秋刀魚が大変旨かったです。
脂がびっしりのっている訳ではないのですが
爽やかな薫りがあって、身質が素晴らしかったです。

09

刺身を堪能した後は、久々にカレーを。
滅多に仕込まない海鮮カレーがあると友人に聞いて
この日はこれを目当てにやって来たんですよ。

たっぷりの魚のアラでダシを取った海鮮カレー。
魚介ダシの旨味が濃縮されてます。
「河岸頭」の使う魚のアラなので、クエやノドグロなど
高級魚もふんだんに使えるのが利点ですな。

10

具には海老やホタテ、マグロにツブ貝などがアホみたいに(笑)。
どれも刺身で使える鮮度の良いものです。

11

「河岸頭」のカレーは久々でしたが、やっぱり格別の味でございました。
店主橋本さんの気が向いたら、また作ってもらえると思うので
その日を静かに待つことにします。

01

先月の週末にランチを食べに訪れたのは、地元の人気のイタリアン。
クラッカ イタリアン 」という昨年出来たばかりの新店です。

02

ランチのコースは1458円。
パスタとデザートを一品ずつ選べ
サラダと小皿料理、パン、ドリンクが付きます。

03

注文を済ませると、パンとサラダ、小皿料理が運ばれてきました。
サラダは作りたてって感じじゃないけど、野菜は中々の瑞々しさ。
パンにつけるオリーブオイルまで用意してくれるのが嬉しい。

04

この日の小皿料理は ジャガイモ入りのスパニッシュオムレツ。
すんごい薄切りだけど、オムレツ自体の味はまずまず。
ちょっと冷たいのが気になるかな。

05

私が選んだパスタは
あさりとムール貝、枝豆・・・フレッシュトマト&ドライトマトのスパゲティ
伊産カラスミかけ。

ツレは
ローズマリー風味のバターソースで和えたジャガイモのニョッキ を。

最初にニョッキを味見させていただきましたが
素朴な味で、捉えどころの無い独特の食感が面白いですね。
ただコレだけをひたすら食べると飽きがきそう(笑)。

06

私のパスタはカラスミを軽く混ぜていただきます。
パスタの茹で加減よく、トマトの程よい甘みと酸味。

あさりとムール貝はカラスミの陰に隠れがちですが
枝豆がカラスミとは違う食感のアクセントを生んで
悪くない味に仕上がってます。

07

パスタを楽しんだ後は コーヒー を飲みながら
デザートの到着を待ちます。

08

私が選んだのは マンゴー&ヨーグルトのアイスクリーム。
ツレは レアチーズケーキのクレープ包み。

どちらも甘さ控え目で、津田沼のマダム達に好まれそうな味。
本格的なデザートまで付いて1500円弱なので
ランチコースのCPは、中々高いのではないでしょうか。

01

先月 『 哀しきボツネタ 』 という記事(こちら)を書きました。

友人が何ヶ月も前から予約を取ってくれたのに
ロクな写真が撮れなくて記事に出来なかったのは
山岸食堂 」という銀座にある人気のイタリアン。

今週、嬉しいことに別の友人に誘っていただいて
一年ぶりに再訪することが出来ました。

02

厳しい条件の中、改めて挑戦してみたものの
なんとか観賞に耐えうる写真は
名物の 生ハムのクレープ巻き のみ・・・。

03

美味しかったオムレツも、没ネタレベルの出来・・・。
パスタや特別注文してくれたラザニアもいただきましたが
営業妨害レベルの不細工な写真 をのせるわけにもいかず。

残念ながらリベンジは 失敗 に終りました。 (-o-;

いつかランチに訪れて、再挑戦したいと思います!

01

先週9月3日(水)の『 孤独のグルメ Season4 』の舞台となった
シャンウェイ 」という中華料理店に行ってきました。

今回も私を含めた4人の『 孤グル 』ファンで訪問。
先月訪問した「居酒屋まめぞ」(記事は こちら)と同じく
ドラマの影響で普段以上に混雑してるので、夜は 予約必須 ですよ。

02 03

店内はカウンターと4人席が3つ。
予備の小さなテーブルも用意されてます。
入口には紹興酒のカメが。

まずは各々飲み物を。私は五郎さんと同じく
ウーロン茶・420円(価格は全て税抜き)を。

今回もドラマに登場したメニューを中心に注文します。

04 05

一品目は 和牛イチボ山椒ステーキ・2480円 を。
やわらくて赤身の味がしっかりしたいい肉です。
穏やかに山椒をきかせたソースがよく合います。

06

続いて 蒸し鶏のネギ醤油・2980円。
五郎さんは一人なのでモモだけの注文。
私達は丸ごと1羽いただきます!

雛鳥を何時間も蒸して、骨までやわらかくなってます。
醤油ダレに熱々のネギソースがかかって香ばしく
やわらかい鶏肉とシャキシャキの三つ葉やネギとの
コントラストが実にイイ!

07

牛肉、鶏肉と来たら、次は豚肉!
ドラマのタイトルにもなった 毛沢東スペアリブ・680円(一本)。

下味をつけた骨付きスペアリブをカリッと揚げ
唐辛子やクミン、ニンニク、海老を合わせた特製スパイスで仕上げを。

08

五郎さんと同じく手掴みでいただきます。
カリッ!サクッ!ジュワッ!・・・ウマッ!
・・・そして辛っ!(笑)。

豚肉がそれほどコッテリしてないので、私好み。
ジャンクでクセになる美味しさです。

09 10

肉を制覇した後は海鮮。
天使の海老ロンジン茶炒め・620円(一尾) と
白はまぐりとニラの炒め物・1980円。

天使の海老ってのは、ニューカレドニアで養殖される高級海老。
甘み豊かで頭のミソまで美味しい!
中国野菜と一緒にお茶で炒められます。
パリッとした食感の紅芯大根など、野菜もいい味してました。

白はまぐりは、私の地元船橋で獲れるホンビノスガイのこと。
出汁が出たスープが特に旨いんですよ。

11

さぁ、〆の炭水化物ゾーンに入ります。
ドラマのタイトルになった 黒チャーハン・1200円 から。

中国のたまり醤油を使った真っ黒なチャーハン。
見た目の通り、味は濃い目です。

12

チャーハンをもう一品。 盪咳龍炒飯・840円。
台湾の高級茶葉で作った烏龍茶を使用とのこと。
カリカリに焼かれたオコゲが乗っています。
素揚げされた茶葉もかかって、食感に更なるアクセントを。

味付けはお茶と塩だけなので、サッパリしてるかな?と思いきや
油も当然使ってるので、そこまでサッパリもしてません(笑)。

13

ダブル炒飯を平らげた後、麺で〆を。
ホンコン焼きそば・880円。

具はネギだけ。オイスターソースで味付けされたシンプルな焼きそば。
滑らかでコシのある平打ち麺がやけに旨かったです。
最初は具がネギだけなのは寂しいと思いましたが、食べると納得。
別に具を入れると、麺の味わいの邪魔をするかもしれませんね。

ドラマの話でも盛り上がり、美味しく楽しい夜となりました。
こちらには仕上げに鉄板で焼き上げる巨大な餃子など
名物料理が他にも色々とあるので、是非再訪したいです。

ご一緒してくれた猫村さんの詳細なレポは こちら


【 五郎's セレクション 】
ウーロン茶
蒸し鶏のネギ醤油(もも)
天使の海老ロンジン茶炒め
毛沢東スペアリブ
黒チャーハン
麻辣湯



【 久住先生's セレクション 】
生ビール
和牛イチボ山椒ステーキ
かめ出し紹興酒
白はまぐりとニラの炒め物
ホンコン焼きそば



今夜の『 孤独のグルメ 』に登場するのは江東区の食堂みたいですね。
行ってみたいけど、うちでは取り上げない方がいいかな? (^^;

01

桃の時期もまもなく終わりを迎え、次は葡萄が旬に・・・。
フルータス 」で ナガノパープル のパフェをいただいてきました。

種が無く、皮ごと食べられるんですよ。
弾ける果肉の鮮烈な甘みに圧倒されます!

美味しいけど、 シャインマスカット に比べると
ビジュアルがちょっと地味なんですよね(笑)。

01 02

昨年の夏に訪れた船橋の「 将泰庵 」。
記事は こちら

週末にその「将泰庵」の支店
将泰庵 〜HANARE〜 」でランチをしてきました。

本店よりも駅に近いので利用しやすいですね。
人気があるので予約をオススメします。

03

ランチのメニューはこんな感じ。

04

本店よりも広くて席数が多く、ゆったりと座れます。
焼肉屋なので焼いて肉を食べたいところですが
今回はちょっと時間がなかったので、丼を頼むことに。

05

私は 和牛炙り鉄火丼・1400円。
ツレは 和牛なめろう御膳・1400円 を。

最初に前菜とサラダが。
いい肉を使ってるのか、そぼろがやけに旨い。

06

前菜を食べ終えた頃に、和牛炙り鉄火丼が運ばれてきました。
酢飯の上に軽く炙られた赤身肉。

他には大葉、ネギ、ワサビ、ガリ、沢庵。
見た目はマグロの鉄火丼に似てますね。

07

赤身肉をくるくると巻いて、お好みで醤油をつけていただきます。
・・・美味い! いい赤身肉です。

でも良質な和牛肉を使っているとはいえ
値段を考えると肉が薄すぎるような・・・。 (^^;
あと個人的な感想ですが、酢飯ではない方が好みかな。

08

ツレのなめろう御膳も丼での登場。
一見ハンバーグが乗ってるようですが、火が入ってるのは表面だけ。
赤身肉のたたきの表面だけを長めに炙り、味噌で味付けがされてる様子。

ちょっと味見させてもらいましたが
味付けが濃くて、せっかくの和牛肉の邪魔をしてるかな?

09

こちらはお好みで和風ダシと薬味をかけて
お茶漬けにして食べることも出来ます。

赤身肉にほんのりと火が入ると同時に
ダシのおかげで味付けの濃さが中和されて、あっさりと。

コレはいい!お茶漬けは気に入りました。
正直最初からお茶漬けで食べてもいいぐらい(笑)。

10

夜のメニューも気になるところ。
〆にはタンカレーなんかいいですね。

01

今夜は『 孤独のグルメ 』で登場した店へ巡礼を。

い・の・が・し・ら!

ドラマをご覧になっておられない方には
全く解らないネタで申し訳ありません。

02

かなり暗い席でしたので、写真の出来がどれも酷いです。
もしかしたら没ネタになるかも・・・。 (^^;

01

移動中に門前仲町を通る機会がありまして
遅めの昼食をとりに訪れたのは「 麺屋 縁道 」。

今年の3月に出来たばかりの新店です。
ご主人は亀有にある人気店「つけ麺 道」で修行されたそうで。
ってことは、こちらも豚骨魚介系ですな。
ラーメンのジャンルの中でも、いまだ根強い人気を保っています。

02

私がお邪魔した8月の昼は、つけ麺のみの提供。
平日の14時でしたが、店内はほぼ満席。
結構暑い日だったのに・・・!
食券を買い、空いていた席に滑り込みます。

03

全国でもトップクラスの名店と呼ばれる
「中華蕎麦とみ田」の自家製麺を使用とのこと。
あちらにはもう何年も行けてませんが
相変わらず長い行列が出来ているのでしょうね。 (^^;

04

注文したのは 得製つけ麺(中盛300g)・1030円。
特製じゃなくて得製なんですね。
お得感をより表現したいということでしょうか。

05

具は大きいチャーシューが二枚と味玉。海苔が三枚。

06

つけダレからいただきますと
動物系の出汁が濃厚で、粘度のあるタイプ。
素材から出た甘み豊かで、ほのかに酸味も。

魚粉を下手に使うと、渋味や粉っぽさも目立ってしまいますが
こちらでは嫌味の無い程度に抑えられてますね。
具には鶏団子と水菜、ネギが。

07

麺は噛み締めてる感が堪能できるムッチリした太麺で
小麦の薫りと甘みが楽しめます。

08

太麺につけダレがしっかり絡みます。
本気(マジ)の豚骨魚介系のつけ麺って
久々に食べるとやけに美味しく感じますね。

つけダレに甘みが強く、麺の食感が単調なせいか
後半食べ疲れしてしまいましたが、なんとか完食!
まだまだ中盛クラスなら楽勝です(半分嘘。

メニューに書かれた東北トッピングが気になるので
再訪したときに頼んでみようと思います。

このページのトップヘ