習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2015年02月

02 01

1月中旬、猫村さんにお誘いをいただき
移転再開された「 ぺるしぃ 」に初訪問を。
現在ランチはやらず、夜に予約のみの会員制で営業されています。

久々にお会いしたけど、皆さん元気そうで何より。
ぶどうジュースの変わらぬ味と
迎えてくれた店の方々の変わらぬ笑顔にホッとしたのでした。

今回のディナーのテーマはラムですってよ。

03

前菜は赤根ほうれん草のテリーヌと春のお野菜たち。

04

ふわふわもちもちの自家製パンとともにいただくペーストは
日向鶏のレバーペースト、山形ワカニンニク、熊本肥後ナスの三種。

これが旨いせいで、どうしてもパンを食べ過ぎてしまいます(笑)。

05

タラとほうれん草で作られたテリーヌは上品な舌触り。

そえられた大根やカブなどの野菜も旨い。味と薫りが濃いです。

06

メインの皿が運ばれてきました。
一足先に春がやってきたような華やかさ!

主役はスプリングラムです。

07

ゴボウと豆のキッシュ、玉ねぎのグラタンや比内鶏のロールキャベツも。

なんて贅沢な一皿でしょう・・・。
付け合せにはシャドークイーンなんていう紫のジャガイモも。
甘みが強くて、味わいはちょっとさつま芋に似てるかも。

キャベツや玉ねぎ、比内鶏なども素材の良さをバチバチ主張してきます。

08

メインを張るスプリングラムはやわらかく、臭みが皆無。
味噌やニンニク、もろみを使ったタレに漬けて焼いてあります。

香ばしい薫りに食欲を大いにそそられる私。
既にパンを一つ平らげた後だというのに(笑)。

09

漬け焼きなので表面が焦げているようにも見えますが
中はご覧の通りの見事な火の入り具合。

ラムをこうやって和風の味付けでいただいたのは初めてかも?
意外な(?)相性の良さに驚かされました。

10

スプリングラムの余韻の覚めやらぬまま、運ばれた次の皿に目を移すと
そこにもまた春が。

シェルマカロニのジェノベーゼの中で、花が咲いておりました。
その正体はニンジン? かと思いきや、山形の桜麩とのこと。
ブイヨンで戻してあるので、可愛いだけでなくちゃんと美味しい。

マカロニの茹で加減も私好みで、大変気に入りました。

11

デザートは苺のミルフィーユのキャラメルアイス添え。
皮もクリームもアイスも自家製だそうで。

ふんわりサックリした皮の中には、優しくあっさりしたクリーム。
最後にズドンと重いクリームはキツイので、ちょうど良かった。

12

薫り高いハーブティーが、素敵な夜の締めくくりとなりました。

今回の幹事を務めてくれた猫村さんの記事は こちら
「ぺるしぃ」への愛情に満ち溢れた力作となっております。

01

魔神さんが絶賛するラーメンを求めて埼玉県へ。

長年行きたいと思っていた「 こしがや 」は
越谷駅から歩いて5分ほどのところにありました。

13時前に到着すると店外に並びはないものの
店内満席で待ち客も6人ほど。
私達も15分ほど待ったのでした。

02

スープは塩と醤油の2種類。

二人で訪れたので、塩と醤油を一杯ずつ頼みますかね。
魔神さんが高評価のワンタンは絶対にトッピングせねば。

03

塩ネギワンタンメン・980円 です。

160gと他店に比べて多目の麺と、黄金色に輝くスープ。
丼の表面には揚げネギが散らされます。
具にはチャーシュー、メンマに小松菜。中央に白ネギ。
トッピングしたワンタンも入って、かなりのボリューム。

04

名古屋コーチンや本枯れ節、焼き甘海老、粟国の塩など
高級な素材を惜しみなくスープに使用とのこと。

そのスープはかなりの高温で提供されます。
それゆえ最初は旨味が判り難く、ぼんやりとした印象を受けますが
冷めてくると舌にハッキリとその旨さを伝えてくれます。

ただ魔神さんが★★★★★をつけるほどのスープかは
正直疑問の残るところ。
無化調ゆえの味の丸さのせいか、どうも私の舌では
数々のこだわり素材の旨さを捉えきれていない感じ・・・。

魔神さんの評価はそこまで高くないんですが
肩ロースのチャーシューもやわらかくて旨いです。

05

ゆきちから という最高品質の小麦を使った細麺は
モチモチ感があり、麺自体の甘みと薫りが実に豊か!

ただスープが冷めるのを待って食べたせいか
麺が伸び気味で食べることになってしまった。 (-o-;

06

トッピングしたワンタンは出色の出来。
皮が舌触り滑らかで、小麦の味わいが強い。
鶏もも肉と海老が入った餡にはしっかり肉汁も。

麺が旨いから、ワンタンが旨いのも想像出来ましたけどね(笑)。

07

こちらはツレの頼んだ ワンタンメン(醤油味)・980円。

2年もろみ天然醸造醤油をタレのベースに使い
豚がら、帆立貝柱、干し海老などをさらに加えた醤油スープ。

私も味見しましたが、塩に比べるとこちらの方が
旨味がクリアで判りやすかったです。

08

次回は私も醤油をいただこう・・・。

食べ終えて表に出ると、10人ぐらいの行列が。
今度はもう少し早めの時間に行くことにしよう。

昨年8月の魔神さんのレポは こちら

01

1月中旬、冬の味覚を楽しもうと「 都寿司 」へ。

02 03

年明けの挨拶を済ませた後、ツレと並んで座り
今回も ツマミと握りのコース・16200円 を。

お通しはコリコリした なまこ酢。
下手な店で食べると臭みやヌメリが残ってますが
こちらでは丁寧な仕事がなされ、完璧な仕上がりに。

04

刺身はともに北海道のもの。
様似産のツブ貝 と 野付産の天然ホタテ。

色合いが微妙に異なるのがお分かりいただけるでしょうか?

ツブ貝は薫り豊かで、ホタテは天然ならではの主張の強い味。
私もこういうワイルドな漢(オトコ)になりたいものです。

05

続いて前回(記事は こちら)もいただいた タラの白子 を今回は焼きで。
白子が熱されることで旨味が増し、よりまろやかに。

でも私は白子はサッと煮て、ポン酢で食べるのが一番好みかな。

06

同じく前回もいただいた 〆鯖巻。今回は石巻産の鯖。
秋にいただいた鯖よりも脂がのってました。

他にカワハギの刺身(肝醤油)、コノワタの茶碗蒸しもいただき・・・。

07

焼物はお久しぶりの ノドグロの塩焼き。
今冬初のノドグロは、こちらでいただくことが出来ました。

これでもか!というほどに脂がのってます。幸せ!

「寿司大」のノドグロも食べたいけれど
今の3時間待ちが当り前の状況では無理な話・・・。

08

さて握りに移ります。
定番の小肌に始まり、真鯛、鰆など前回と変わらず美味。

そして楽しみにしていた ブリ はヅケでの登場。
薄切りのブリを炙った後にヅケにすることで
香ばしさが生まれ、甘い脂が舌によく馴染む感じ。

独特のスタイルですね。これ美味いなぁ・・・。

09

中トロ、サヨリを挟んで
築地に通っている舌の肥えた友人達をも唸らせた 車海老。
こちらの外せない定番の一つ。

10

面白かったのはこの手巻の 鉄火巻。
ご主人がまかないで食べたものがあまりにも旨かったらしく
今回めでたくコース入り。

漫画 『 美味しんぼ 』 をこよなく愛す友人がこれを見たら
『 ちゃんと寿司巻きを使って巻いてもらいたい。 』 なんて言いそう(笑)。
でも手巻にも細巻にも、それぞれ違った魅力があるんですよね。

マグロの質の良さは言うまでもなく。
シャリを優しく包む海苔は、パリッとした食感の良さが際立ってました。

11

握りは他に定番のウニと穴子をいただき、〆はアサリの味噌汁と玉子焼。

焼いた後に一晩寝かせることによって、味を落ち着かせた玉子焼。
しっとりした滑らかな舌触りがとても好きです。

冬の「都寿司」にも満足させていただきました。

01

先週土曜の昼は久々に築地へ。
今年初の 築地詣で は1月末日となりました。

12時半に到着すると、場内も場外も大混雑・・・!
つきじろう御大やなべひろ達人が出演された
マツコDXの番組(1月6日放送)も影響があるのでしょうね。

お二人は紹介していないけど、平日なら待たずに入れる店や
空いてても入りたくない店にも長い行列が出来ていました。

ここなら待たずに入れるかも!? とお邪魔したのは
昨年10月にリニューアルオープンした「 にっぽん漁港食堂 」。
以前に比べて飲食スペースが2倍になってましたが、こちらも満席!
席につけたのは15分後になりました。

02

メインのメニューがこちら。
この他に刺身や小鉢料理、ご飯セットが付く定食も。
ハシゴする予定なので控え目に注文します。

煮付けや塩焼きも気になるのですが、リニューアルオープン直後に
テレビで頻繁に紹介されていたアジフライが、今回のお目当てです。

03

こだわり鯵フライ(二枚)・1200円 です。
他に 明石タココロッケ・500円。 あと 〆鯖・700円 も
値段はいずれも税別です。
アジフライは一枚だと700円ですが、二枚だと割引になるみたい。

さて、お目当てのアジフライはかなりの大きさ。
塩で〆た鯵を高温でカラッと揚げて、酢醤油がかけられてます。
冬の鯵は大きいけど、旬に比べると旨味が落ちます。
でもこの鯵は脂のノリもまずまず。

衣は厚めで、バリバリッ!としたクリスプな食感。
ハードな揚げ具合で、鯵自体の肉厚さを感じられないのが少し残念。
旬の夏になれば、もっと鯵の薫りも感じられるのでしょう。
酢醤油は悪くないけど、好みの分かれるところかな。

04

タココロッケは前身の「Re-Fish食堂」(記事は こちら)の頃と
ここのリニューアル前(記事は こちら)にもいただきました。

具の明石のタコよりも、ジャガイモの甘さと粘りが魅力なんですよ。

値段の推移は、200円(3コ)⇒ 400円(5コ)⇒ 500円(3コ)と
急騰するスイスフランを彷彿とさせますね(笑)。

05

大好物の〆鯖は身質が良くて、気に入りました。
そえられたツマが、カッピカピだったのが気になったけど。(^^;

06

この写真は「八千代」のアジフライ。
「にっぽん漁港食堂」のアジフライも美味しかったけれど
番組で築地食べ歩きスペシャリストのお二人が紹介された
「八千代」には敵いませんね。

昨年2月にいただいた「八千代」のアジフライの記事は こちら

余談ですが、マツコの番組の反響は私の周りでもありまして
「米花」の海鮮丼って美味しいの?
「フォーシーズン」のパスタって美味しいの?
とよく聞かれました。

そしてもっともよく聞かれたのが
つきじろうさんてどんな人なの?
「八千代」の看板娘には、いつ行けば会えるの?
という二つの話題。

番組では収録時間の関係上、エンディングの強引な締め方もあってか
自分勝手な人、無駄に話の長い人 などと不名誉なキャラに映ってましたが
実際は自分勝手どころかその真逆で
あの人ほど思いやりがあって、優しい人はそういないんですよね。

・・・でも話が長いってのは否定できないかも(笑)。

そして「八千代」の看板娘として登場してた綺麗なお姉さんに関しては
私は見たことがないので分からないんです。

人づてに聞いた話で申し訳ないのですが
あのお姉さんが店に出てる確率は

はぐれメタル

の出現率より低いとか(笑)。

なので「八千代」には不純な動機は抱かず
美味しい料理を食べたい!という清い心で行かれることをオススメします。

07

話が少し脱線しましたが、築地での食べ歩きの続きを。

「にっぽん漁港食堂」で食べた後、年始(?)の挨拶を兼ねて「河岸頭」へ。

刺盛をお願いいたしました。
ウニ、イワシ、赤貝、ブリ、大トロ。
ホタテ、キビナゴ、サーモン。

08

どれもいい味してました。ウニだけちょっと微妙だったかな。
今年も築地での食べ歩きの〆に
何度もお邪魔させてもらうことになりそうです。

このページのトップヘ