習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

2015年11月

01

小岩に美味しい鳥料理を出す居酒屋があると知り、初訪問。
駅南口から10分ほど歩いたところに「 素揚げや 」はありました。

その名の通り、ひな鶏の素揚げが看板メニューのようです。
当日予約をして、ツレとお邪魔してきました。

02

さてまずは飲み物を。
ココは元祖最強レモンサワーなるものが大変人気のようです。

03

というわけで
元祖最強レモンサワー・450円 と ジンジャーエール・300円 を注文。

もちろん私が後者です(笑)。
サワーには凍らせたレモンが氷代わりに入ってます。
味が薄まらないってのが、最強たる所以なのかな?

04

お通しは シラスと水菜のサラダ。
シンプルですが、さっぱりしてて旨いですよ。

05

まずは看板メニューを頼まねば。
素揚げから 砂ぎも、手羽、もものセット・1800円 を一つ注文。
あと 野菜素揚げのおまかせ盛り・730円 も。

06

揚物が出来るまでのつなぎに 煮鳥(はつもと)・350円 を。
鳥の心臓とレバーを繋いでいる部分を
焼鳥のタレでさっと煮ています。

クニュクニュ、プルンとした食感が心地よく、いいやわらかさ。
コレいいなぁ。ご飯が欲しくなります。

07

お目当ての素揚げが登場。最初は砂ぎも。
カラッと揚がって程よい弾力! サリサリした歯ざわりがいい。
鮮度がいいのか、香りもいいですよ。

08

続いて手羽。

09

店の方がテキパキと解体してくれるので、一安心(笑)。

10

大山鶏を使った素揚げは、しっとりとやわらかく揚がって
あっさりした中にも力強い旨味が。

それぞれの部位ごとに旨さが違うのも面白い。
骨の周りの肉が、特に味わい深い。

11

手羽を夢中で食べていると、野菜の素揚げも運ばれてきました。
盛り付けも美しいですね〜。

玉ねぎ、人参、ごぼう、かぼちゃ、トマト
じゃがいも、さつまいも、おくら、ズッキーニ。

12

素材の甘みが引き出されていて、どれも美味い!
そのままでも、塩をかけても、自家製の味噌をつけても美味い!

一番感動したのは、ブロッコリーかな。

13

野菜が無くなった頃に、セットの最後のももが。

14

熱々ジューシーなもも肉にかぶりつくと
口いっぱいにあふれる肉汁・・・。

パリッと揚がった皮も美味いね〜。

15

鶏と野菜の素揚げで結構お腹一杯になりましたが
〆に 玉子かけごはん・400円 を。

山形のつや姫を土鍋で炊き、卵は赤玉子を。

16

中央に卵を乗せ、薬味も全て乗せた後、醤油をちょいとかけて。

ご飯がやわらかめの炊き加減で、そこだけが好みじゃなかったけど
黄身の味が濃厚でよかった。

ひな鶏のセットと、野菜の素揚げをメインにいただきましたが
素晴らしい味でした。
駅から少し歩きますが、この味を知ったらそれも苦にならないでしょうね。


今回の記事をもちまして、しばらくブログをお休みいたします。
再開時期は全くの未定ですが
来春以降になることは間違いないと思います。
年内に食事会の予定がいくつか入ってますので
ゲリラ更新があるかもしれませんけどね。 (^^;

ではまた来年お会いいたしましょう!

01

船橋駅から歩いて5分ほどかかるビルの地下に
鮪を中心とした海鮮料理を売りにした居酒屋があります。

それがこの「 海旬 まぐろ市 」。
昼にランチをやっているので、週末にお邪魔してきました。

02

平日は鮪の尾身の煮物定食や、アジフライ定食などもありますが
土曜、祝日のメニューはこちらの丼のみ。

鮪が自慢の店なので、希少部位を楽しめる四色丼を頼まねば!
ツレは旬の魚が入った海鮮丼を注文し、二つをシェアすることに。

03

四色丼・1800円 と 海鮮丼・1600円 です。

セルフですが、もずくの小鉢、漬物、あら汁が付けられます。
あら汁には鮪のダシが結構出てて旨いんですが
何故かラー油で味付けされてるのが不思議・・・。

漬物にもラー油がかかっているので
こちらのご主人は辛いもの好きなのかもしれません。

04

生本鮪の希少部位が入った私の四色丼。
丼は大きめで、シャリの量もたっぷり。

鮪がそんなシャリを覆いつくすように乗せられ
玉ねぎをきかせた特製醤油がかけられます。

05

写真の右下から時計回りに
眼肉、のど肉、ほほ肉、脳天。

一番脂が乗っているのは眼肉。とろっとしてます。
赤身の味わいが最も豊かなのはのど肉。
ほほ肉は弾力が心地よく、脳天はスジが気にならないやわらかさ。

本鮪自体の質、鮮度も中々のもので
希少部位を食べ比べられるのが、なんとも楽しい。
一つ難を言えば、玉ねぎが入った特製醤油は好みが分かれるかも?
しかし船橋の鮪好きならば、一度は試す価値ありですぞ!

06

ツレの海鮮丼には鮪の他に
鯖や鰤、サーモン、メカジキなど具沢山。
こちらのネタの質も中々のものでございました。

正直な話、
築地場外に乱立するXX系の海鮮丼屋で食べるよりもオススメです。
店頭のメニュー写真に比べて
ネタがはるかに小さく、明らかに鮮度も悪い丼を出すような
詐欺まがいの商売をする店も築地にはあるので、ご注意ください!

07

「海旬 まぐろ市」は
地下に降りる階段に置かれたこの看板が目印です。
夜にも一度来てみたいです。

そうだ! 最後に大事なお知らせを一つ。
事情がありまして、次回の記事の更新後
またしばらくブログを休止させていただきます。

01

先月上旬、二ヶ月ぶりに「 鮨 はしもと 」に再訪を。
記事にするのをすっかり忘れておりました・・・。
ご一緒してくれた方々は、とっくに記事をあげられてます。 (^^;

そうさんの記事は こちら  65さんの記事は こちら

02

ひと月半も経ってしまうと魚の旬も変わり、今さら感が強いので
つまみと握りから特に印象に残ったものを少しだけご紹介。

おまかせ・14000円(税込み)のスタートは 銀杏 から。

03

毎回最初に出される刺身。今回は 利尻の朝〆の平目。

同じ朝〆では以前いただいたマコガレイも美味でしたが
こちらもよく出来てます。
半日寝かせただけとは思えないほど旨味があります。

04

ブリの漬け は赤身とトロを食べ比べ。

赤身はブリ自体の味が濃く、炙られたトロには香ばしさが。

05

秋の味覚の代名詞。 秋刀魚の炙り には肝味噌を乗せて。
ワタの甘みが身の脂と合わさって、なんともまろやか。

06

同じく肝を使った 姫サザエのとも和え。
秋刀魚に比べると風味は穏やかですが、繊細なこちらもまた美味。

脇にそえられた すじこの味噌漬け の濃厚な甘みが対照的です。

07

握りは三貫ご紹介。まずは 淡路の鯖 から。
この時期にしては中々の脂のノリ。

秋から冬にかけて、鯖は毎日食べたいくらいの好物。
今頃はさらに美味しくなっているんでしょうね・・・。

08

この日の握りで一番美味しかったのが ホッキ貝。

ワタの部分に半分だけ火を通して臭みをとるのだとか。
師匠直伝の技が光る一貫。薫りが際立っておりました。

09

最後の写真は印象に残ったというか
無理矢理印象に残させた(?)一品。

コースの〆の穴子を二貫分お願いし
ウニ用の小さな小鉢に丼っぽく乗せていただいたもの。
寄って撮った写真なので
実物はそんなに大きくはないんですよ(笑)。

ふんわり穴子を口いっぱいに頬張る幸せ・・・。
その場の思いつきでお願いしてみましたが、大正解でした。

「鮨 はしもと」には今後も定期的にお邪魔する予定ですが
予約が埋まるのがどんどん早くなっているのが心配。
貸切予約できるのも、あと二、三回かもしれないなぁ。

01

昨夜は『 今日も朝から千鳥足。。。 』の昌さんと
ニクQ通信 』の猫村さんと三人で食事を。

最初は神田の某店にやって来たのですが
お目当てのメニューが売り切れだったために予定変更!
神田の街をブラブラし、フラリと入ったのは
ジンギスカンの「 ヤマダモンゴル 」。

予約がそこそこ入っていましたが
まだ早い時間だったせいか、席を確保することが出来ました。

02

とりあえず飲み物を各々注文し
ジンギスカンはお得なセットメニューを一つ注文。
単品で何品か追加することに。

03

乾杯後、まもなく運ばれてきたのは
上もも肉、ショルダー、ロースの お得!生ラム3種セット・2480円。

追加した ラムカルビ・720円 、どさんこマトン・590円 もほぼ同時に。

04

どんな味か気になった ラムウインナー・580円 も。

05

ここは生のラムにこだわっているようです。臭みは全くありません。

06

ひたすら肉を焼いて食べるべし!

写真は生ラムショルダー。肩肉ですな。
赤身に適度にサシが入って美味いです。
冷凍していない生のラムなので、やわらかくて旨味が抜けていないのが特長。

07

タレは醤油ベースのあっさりタレと
フルーツの甘みを加えたまろやかなタレの二種類。
お好みでつけて食べると、あっさりした中に旨味がしっかり。
脂にクドさが無いので、いくらでも食べられる感じ。

もも肉、ロースとそれぞれ脂のノリややわらかさが
微妙に異なるのが面白い。
薄切りのどさんこマトンはやはり羊特有の匂いがあったけど
嫌味にならない程度。
ラムウインナーは羊の風味が薄いので
正直普通のウインナーとあまり変わらないかな?(笑)。

ラム肉の質が想像以上に高くて、一安心・・・。
あっさりジンギスカンを食べたくなったら、また来ようと思います。

08 09

前菜(?)のジンギスカンを軽く平らげた一行は
7分ほど歩いて、秋葉原の「 アールティ 」へ。

ここにはビールに合うつまみが豊富ということで
私も珍しく中ジョッキなんか頼んでみたりして・・・。 (^^;

10

そら豆のクミン炒め・480円。

11

砂肝とガーリック炒め・580円。

12

ジャガイモコロッケにひよこ豆を乗せて
ヨーグルトとスパイスで甘辛く味付けされた アルティッキ・560円。

どれもこれも確かにビールに合う(笑)。
飲めないはずの私もビールが進む進む・・・。

13

スパイスのおかげで胃が軽くなったのでしょうか?
気付いたらカレーも注文しておりました。

アールティチキンカレー・1120円。
ナッツやチーズが入ったまろやかでクリーミーなカレー。

14

カレーとあわせて ナン・330円 と
チーズやジャガイモが入った マサラクルチャ・530円 を。

マサラクルチャはそれだけ食べても
スパイシーで美味いんですよ!

15

全てを食べ終えると、嬉しいことにチャイのサービスが。

久々に昌さんと猫村さんと食事できて
大変楽しい夜となりました。
昔はこのメンバーでよく食事したものですが
最近はご無沙汰だったなぁ・・・。

今後は月一ペースで会食したいです。
そうだ!
まずは近いうちに神田の某店でリベンジせねば!

01

香川旅行記も最終回となりました。

旅行二日目は「うどん 一福」で遅めの朝食をとりまして
その数時間後にやって来たのは「 うどん棒 本店 」。

実は今回の旅行では、
魔神さんにオススメのうどん店を十軒ほど教えていただきまして
その中で特に評価の高かった一つが、ココだったのです!

02

昼過ぎの到着でしたので、運良く空いてました。
セルフではないので、席に座って注文を。

03

メニューはこちら。
まだそんなにお腹が空いていないので
うどんを一品と、おでんを何品かつまむことに。

04

店内の貼り紙を見ると、たこ天うどんがオススメみたい。
うどんはそれにしますかね。

05

うどんの注文を済ませた後、
お好みでおでんを二品いただきました。

やっぱりダシにはこだわっているんでしょうね。
鰹が薫るダシが玉子にしっかりしみてます。

06

おでんを食べ終えた頃に たこ天うどん・680円 が到着。

07

一口サイズに切られたタコが、カラッと揚げられてます。
揚げたてなので、衣はサクサク。中はふんわりと。
国産のタコなので、甘みが違います。

塩をパッとかけて食うもよし、おダシに入れて食うもよし!

08

鰹節やアジ節、昆布などからとったダシは
香川では一般的なイリコダシとは香りが異なりますね。

うどんは讃岐にしては細めだけど、
モッチリしててのど越しも良いですよ。

09

特筆すべきは麺自体の甘さ。
さぬきの夢2009という国産小麦を使っているからか
小麦の香りと甘みが際立っています。

かけうどんも美味しかったけれど
このうどんが一番美味さを発揮できるのは
釜あげか、ぶっかけでしょうね。
次に高松に来るときは、必ずここにも再訪しないと・・・。

10

一泊二日の短い旅行でしたが、五軒もの名店を巡ることが出来て
讃岐うどんと濃密な時間を過ごすことが出来ました。

まだまだ高松には未訪の名店が多く、再訪したい名店もあるので
いつかまたこの地に戻って来たいです。

01 02

高松ではうどんのハシゴや移動の合間に
カフェに二軒訪れていました。

一軒目にお邪魔したのは、琴電瓦町駅そばの「 三びきの子ぶた 」。
高松空港からのリムジンバスの停留所も近いので、重宝します。

パスタやサンドイッチ、惣菜中心の軽食が楽しめる店なんですが
併設された果実店のフルーツを使ったスイーツも評判なのです。

03

注文したのは ももパフェ・800円。
桃の旬は過ぎた頃でしたが、店のイチオシぽかったコレに。

04

早速桃をいただいてみると
熟れすぎなのか甘みやジューシーさに欠けてます。

シャーベットは結構酸味が強く、食べ進みません。
今回は選んだメニューが失敗だったみたい。 (^^;

他の客が頼んでたBLTサンドが旨そうだったので
再訪できたときはそちらを頼むかな。

05 06

もう一軒のカフェも瓦町駅からほど近い「 おんまいルーヴ 」。
おんまいとは讃岐の方言で
お菓子とか美味しいものを意味するんだとか。

こちらもまた旬のフルーツを使ったパフェやスムージーが人気。
秋が旬のぶどうがオススメですか。コレに決定!
ツレは梨のスムージーを。

07

ぶどうパフェ・600円 と 梨スムージー・500円 です。

梨スムージーには余計な味付けはされず
素材のスッキリした自然な甘みが出ています。

08

ぶどうやマスカットがアイスを囲むように盛られます。
食べてみるとどれも瑞々しく、旬ならではの鮮烈な甘み。

アイスには和三盆が使われ、その下にはチーズケーキとぶどうゼリー。
お互いのバランスがよく、主役のぶどう達に引けをとらない存在感。

この値段でこのクオリティの高さには、正直驚き!
おそらく都内の有名スイーツ店にも負けてませんよ。
高松でのスイーツは一勝一敗ってところかな?

09

おまけに観光の写真を何枚か。
高松駅の近くにある『 高松城跡玉藻公園 』に訪れました。

10

小さなお城も。これは櫓かな?

11

あまり見所はなかったのですが
天守台から眺める景色は中々のもの。

12 13

もう一つおまけに高松琴平電気鉄道、通称『 ことでん 』の写真を。
ことでんのフォントといい、車体といい、いちいち可愛い(笑)。

香川ではうどん屋にあと一軒だけ訪れておりますので
最後はそちらの記事を。

01

ようやくラーメンが恋しい季節になってきましたね。

水曜は本更新の日なのですが、時間が無いので
またもこのカテゴリの更新で失礼いたします。

02

理想とする麺あげ写真は中々撮れません。
精進あるのみ(笑)。

うちのブログってラーメンマニアの方も読んでおられるのでしょうか?
この二枚の写真だけで、店の特定が出来たら凄いなぁ。

01

久々に 『 独り言 』 のカテゴリで記事の更新を。

グルメブログを長年やっていると
再訪したい店、したくない店がそれぞれたくさんあります。

築地だと一番再訪したいのは「 寿司大 」。
でもお邪魔していないのは、あまりの人気で入れないから。

三年ほど前であれば、最も混雑する土曜、平日だと月曜と金曜を外して
空いてそうなタイミングを狙えば
一時間ほどの待ちで入れることもあったのですが
今ではどんな時間に着いても最低二時間は待つことになるそうで・・・。

恥ずかしい話、年のせいか今ではどんなに美味しい店でも
二時間も待てなくなってしまったんですよね。 (^^;
私より年上にも関わらず
定期的に行かれてる Sさん のような強者もおられるというのに!

脂がのった鯖の握りを
あと一度でいいから食べたいと思っているので
冬に気合を入れて、完全防寒仕様で並んでみるかな。

02

冬の前に築地で食べたいものと言えば、「 磯野家 」のかきめし。

毎年牡蠣のシーズンになれば一度は食べていたのですが
昨シーズン、今シーズンと続けて食べておりません。
店には今年も夏に訪問しているのですけどね。

その理由は基本的に画代わりしないから(笑)。
毎年牡蠣の大きさが微妙に違うだけで
味の感想もほとんど変わらないので、記事にしにくい。
いや、しにくいというより
記事にするのに飽きたというのが正しいのか・・・。

03

シーズンといえば新そばが始まりましたね。
市川の「 いさと 」も大好きな店なのに、再訪していない店。

こちらに再訪しない理由というのは、ちょっと特殊でして。

JR市川駅からバスに乗るなど少し交通の便が悪いこともありますが
近くにはじゅんさい池があって、休日の晴れた日に散歩するのは最高だし
もちろん蕎麦を始めたとした料理も美味しいし
食べに行きたい気持ちはやまやまなのです。

04

なのに行かない理由は
二年前に書いた記事(こちら)に私自身が満足してしまい
その記事を超える写真を撮る自信がないから。

なので次回お邪魔するときは
カメラを持たずに行ってしまうかも(笑)。

01

夏にお邪魔して好印象だった「 芳葉 」に三度目の訪問。
前回の記事は こちら

02

今回のお目当ては
月に一回だけ提供されるグリーンカレーチャーハン。

私はコレをいただきます。
ツレは名物の富士山チャーハンを・・・。

03

チャーハンの前に前菜(?)として 焼餃子・400円 を。

パリッと焼かれた皮の中には、ジューシーな餡がたっぷりと。
それでいてあまり油っこくないのが嬉しい。

04

ちょうど餃子を食べ終えた頃に、待望のチャーハンが到着。

チキンのココナッツミルクグリーンカレーチャーハン・850円。
サラダが付きます。

ツレは 富士山チャーハン・900円。
チャーハンの上に乗せる料理は色々と選べまして
ツレは大好物のレバニラを選択。

05

見事にパラパラになるまで炒められた炒飯は
そのまま食べても絶品。

上に乗せられたレバニラも火の通り具合が絶妙で
シャキシャキのモヤシとニラが、レバー以上に存在感を!

06

私のグリーンカレー炒飯には
ココナッツミルクベースのタイカレーが注がれます。

カレーだけをいただくと、サラサラしてるけど甘みとコクがあり
後からじんわりと辛さが・・・。

07

いわゆるグリーンカレーを使ったスープ炒飯なのですが
これがまたカレーも炒飯もそれぞれが主張し過ぎず
上手いこと一つの料理として完成しているのに驚き・・・!

鶏肉もやわらかく仕上がってますよ。

パクチー好きとしては、ここにガッツリとパクチーが乗っていれば
言うこと無いんだけどなぁ(笑)。

01

香川旅行の二日目は、遅めの朝食のレポから。
高松駅から10分ほどJRに乗って、降り立ったのは端岡駅。

02

端岡駅からさらに10分少々歩くと
お目当ての「 うどん 一福 」に到着しました。

03

こちらは今年8月、神田にオープンした「香川 一福」の本店。

私も9月にお邪魔しておりまして(記事は こちら
そのとき食べたうどんが正直イマイチでしたので
香川の本店の味を、どうしても確かめたかったのです。

04

高松のうどん屋にはおでんも売ってる店が多いんですよ。
一ついただいてみますかね。

05

こちらは神田の支店とは違い、セルフスタイル。
天ぷらは種類が豊富で、神田店にはないものも。

06

ツレが頼んだのは 冷かけ(一玉)・220円。
半熟玉子天・110円 と すじ肉・150円 も。

すじ肉は私がもらいました。
臭みはないけど、ちょっと硬いかな。

07

私が頼んだのは ぶっかけ(一玉)・280円。
トッピングには とり天・140円 と 金時豆天・110円。

金時豆の天ぷらって関東では見かけませんよね。

08

まずは神田で食べた冷かけをこちらでも食べて、味の比較を。

・・・美味い!

写真を見ても差が判り難いですが、麺はこちらが細めで
モチモチ感が強く、細めの割りにコシが強い!
これが『 伸びのあるコシ 』か・・・。

繊細な薄味のダシが美味いのは、本店も神田店も同じ。

09

私のぶっかけも同様に、麺の美味さが光ります。
キリッと辛口のつゆがかかると、麺自体の甘さが際立ちます。

冷やされる時間が長いのか、
かけよりもより強靭なコシが楽しめるような。

10

トッピングした天ぷらも美味かった。

特にホコホコした金時豆の天ぷらの美味さに驚き!
コレ神田店でも出してくれないかなぁ。

11

神田店とのうどんの味の違いに驚かされました。
おそらくあちらで食べたときは、まだ開店間もなかったので
味にブレがあったんでしょうね。
今頃はこのレベルの美味しさを
神田でも安定して提供しているのかな。

いつか確かめにいかないと・・・。

このページのトップヘ