sushidai01

既に12月も半ばですが、今日は私が築地で最もオススメの寿司屋である
「寿司大」で秋に食べたものをご紹介します。

sushidai02

こちらでは握りの前にいつも1、2品ツマミをいただきます。
まずは11月中旬に食べたアンキモです。
蒸されて作られるのに素材の良さを生以上に感じるのは何故なんでしょうね。
食感はネットリ、肝の脂の濃厚な甘さと旨さに、鼻に抜ける鮮烈な香り。
どれもが素晴らしいです。(゚∀゚)b

sushidai03

もちろん旬の魚を刺身で食べることも出来ます。
これも11月中旬に食べた寒ぶりの刺身。
醤油を弾くほど脂の乗ったブリの美味しさって単純ではありますが
他のネタでは味わえない脂の強烈な旨さがたまりません。(゚∀゚)b
これからの時期はもっと旨くなるでしょうね。

sushidai04

これは11月下旬に食べた赤ムツの刺身。
赤ムツは私の行きつけの船橋の「吉光」では滅多に入りませんが
さすがに築地だけあって、寿司大ではこの時期毎日食べることが出来ます。
赤ムツって他の白身魚と違い、嫌味のない独特な脂の旨さがあって旨いですな。(゚∀゚)b

sushidai05

こちらも11月下旬に食べたタラの白子。
これはほんのり温かいまま出されます。これも激旨!
白子の臭みは皆無で、繊細にして濃厚な旨味と香りが。d(⌒ー⌒) グッ!!

sushidai06

最後におまけで夏のツマミの1品も。
8月に食べた生牡蠣です。
これも旨かったんですが、磯の香りが強烈すぎてビリビリ来たな〜。( ̄Д ̄;;

ツマミの値段は大体800円から1000円前後だと思います。
どれを頼んでもハズレはありませんぞ。
記事が長くなりましたので、秋の握りについては次回にします〜。