yabkab01

去年の4月から道路拡張のために休業を余儀なくされていた
「らーめん房 やぶれかぶれ」が昨年11月に改装オープンしました。
新京成線の前原駅から徒歩1分のところにあります。
休業前も連日行列する人気店でして、年が明けてオープン熱が冷めた今でも
行列はなくなりません。

店頭には並んでるお客のために超強力ストーブが。
これ普通のストーブの感覚で近くに寄ると燃えるぐらい強力らしいです。
確かに物凄い熱風・・・。( ̄Д ̄;;

yabkab02

なんとか燃えずに店内へ入り、休業前からよく頼んだ
やぶつけ・800円と山椒じゃこご飯・300円を注文。器がかなりお洒落になってますね〜。

yabkab03

やぶつけとは、いわゆるつけ麺のことです。
麺は食い応えのある太麺。休業前に比べるとザラザラした舌触りに変わったかな?
加水率はそれほど高くなく、少しボソッとした食感。
つけダレとの絡みは非常に良いです。

yabkab04

で、そのつけダレですが、かなり味が濃いですね〜。
こちらのつけダレは一緒にスープ割り用のスープが出されて
お好みで濃度を調整して食べるスタイルなのですが、スープ全部を入れて薄めても味が濃い。
店主さんががんこ系列のお店で修行されただけあるなぁ。(^▽^;)

味はすごく甘辛いです。すき焼きの煮詰まったおツユをイメージするとわかり易いかな?
甘辛さと脂の旨味が主体で酸味を感じない独自のつけダレが中々人気で
私も結構気に入ってたのですが、さすがにこの日のは味が濃ゆすぎ&脂が多すぎ。
そのせいか口直しの焦がしネギが旨いのなんの。(^▽^;)
う〜ん、これはちと残念。( ̄Д ̄;;

yabkab05

サイドメニューの山椒じゃこご飯は文句なしの旨さ。
でも300円はちょっと高いかな〜。(^▽^;)
具も米もかなりいいものを使っているのはわかるんですけどね。