01

西日暮里にやってきました。目的地の「TETSU」までは駅から徒歩10分ちょいで到着。
開店20分前に着きましたが既に数人の待ち客が!さすがは人気店ですね〜。(^^;

02

初訪問なので前もってオーダーは決めてありました。
通常メニューのつけ麺200g・700円に限定メニューの強麺200g・100円を追加で注文。
全部で400gですが旨いと評判の店なので食べきれるでしょう。味玉・100円も追加。
まず魚介の香りとともにつけダレが運ばれてきました。

03

豚骨と魚介のダシが濃厚に出たスープが旨い! 粘度があって「六厘舎」を思い出します。
ただこちらの方がライトで鰹の風味が際立っている印象。魚粉はかなり控え目かな。
こってりし過ぎてないので万人受けするのはこっちかも知れませんね。
そういや六厘舎にも長いこと行ってないので再訪したいなぁ。(^^;

04

麺は浅草開化楼製。まず麺だけ食べてみると瑞々しく滑らかで口の中に吸い付いてくる感じ。
小麦の香りと味が強く非常に甘みを感じます。これ旨いなぁ!(=゜∇゜)
特に麺の滑らかさと瑞々しさが気になって、浅草開化楼のスーパー営業マンである
カラスさんのブログで「TETSU」について検索してみるとこんな記事が。

05

こちらの店主は毎日製麺所まで切り立ての麺を取りに行ってるんですと。
それなら打ちたてが売りの自家製麺の店と変わらない鮮度の麺が食べられますね。
粘度の高いつけダレとの絡みが悪いわけもなく見る見るうちに麺が無くなります。

06

茹で時間の長い強麺は少々遅れて登場。おもしろい形状してますね〜。

07

寄って見るとこんな感じ。名前の通り強い麺で非常に強い歯ごたえを持つ麺。
食べると口の中で麺がのたうち回ってる感じ。味はなんとなく田舎そばを思い出します。

08

インパクトが強い麺なのでマニア受けしそうですね。こちらも美味でしたよ。
でも個人的な好みで言えばレギュラーの麺の方がずっと好み。

09

全部で400gの麺はあっという間になくなり最後の楽しみはスープ割りです。
「TETSU」と言えば焼き石、焼き石と言えば「TETSU」ですね。

10

残ったつけダレに割りスープを入れ、焼き石を投入すると一瞬にして湯気が立ち込めます。
これを見るのも楽しみの一つ。急激に温められ熱々になったスープ割りは非常に美味。
電子レンジで温められるのとは味わいが全然違うな〜。(^▽^;)
焼き石に触れないように注意しながらスープ割りも完飲。いや〜、旨かった。(゚∀゚)b
店を出ると20人を超える行列が・・・。この人気はしばらく衰えることはないでしょうね。