01

ランチのアジフライが評判の京橋「松輪」にやってきました。
ここもメディアで何度も取り上げられる有名な店ですね。
有名な店が必ずしも旨いものを出すわけではありませんが、私が食べ歩きの参考にしている
ドダン・ブーファンのポトフ』で絶賛されていた記事を見て、是非食べてみたかったのです。
前回私がお邪魔した際はあえなく売り切れ終了の憂き目に会っております。(^^;

02

昼のメニューは究極のアジフライ定食と海鮮づけ小鉢しかありません。
ともに限定品ということで両方注文することに。
究極のアジフライって強気なメニュー名だなぁ。(^▽^;)
かつてメニューに 日本一の親子丼 があった銀座のとある、今は鰻丼を出しているとか。

03

究極のアジフライ定食・1200円です。注文後10分しないうちに運ばれてきました。
メニューが一つしかないのであまり待たなくて済むのが嬉しい。

04

最近漁が不調で小ぶりの鯵しか獲れず、2尾半のアジフライを出しているとのこと。
まず何もつけずにいただきます。・・・美味い! (=゜∇゜)
薄めの衣がつけられた表面はパリッとして身はサックリ切れ、口の中でホンワリと。
見事な揚げあがりです。衣が立ったバリバリタイプのアジフライも旨いですが
この手の上品な仕上がりのアジフライもまた美味。
香ばしい中骨せんべいもそのままバリバリいただきます。

05

小ぶりとのことでしたが身のジューシーさは充分で肉汁の旨さがたまりません。
店のオススメの食べ方であるワサビと大根おろしを混ぜたものを乗っけて食べるのも美味。
ただこれだとワサビと大根のいいところをお互い消しあってる感じがしました。
個人的にはそれぞれ別につけるか、何もつけずに食べるのがオススメ。(*゜v゜*)
醤油にもこだわってもらうともっと旨いかもしれないなぁ。

06

こちらは海鮮づけ小鉢・300円です。これはちょっと微妙かな? (^▽^;)
鮮度の良い魚を使っているのはわかりますが、それぞれの身が薄く小さ過ぎるのと
数種類の魚が全て同じ味付けで何を食べてるのかよく判りません。

07

小鉢はちょっと残念でしたがアジフライ定食の方はご飯も見事な炊き加減で非常に美味でした。
アジフライが普段出しているサイズのものだったらもっと美味しいのでしょうね。

ここは都内では松輪漁港との直接取引きが許されている唯一の店とのこと。
アジフライ以外の鮮度を活かしたランチメニューも作って欲しいなぁ。