01

ランチの丼を食べに久しぶりに「からく」へやってきました。
実は築地場外の「瀬川」でまぐろ丼を食べる予定だったのですが、既に閉店しておりました。
12時半閉店って早すぎる〜。(^▽^;) この日はなんとなくヅケまぐろ丼な気分でしたので
門跡通りの「きつねや」と「井上」の行列を尻目に銀座までトコトコと歩きました。

02

未食のづけあさり丼にしようかと思いましたが、冬はあさりの美味しい時期ではないとのこと。
ならば冬に脂が乗って美味い穴子を!と思ってづけ穴子丼・1000円にしました。

03

まずは「瀬川」で食いそびれたマグロのヅケを。
ありゃ?この日のマグロはぶつ切りにされた切り落としみたいなマグロ。
定食屋の小鉢じゃないんだからもう少しまともな形のものを出して欲しいなぁ。
今まで数回ここで食べたけどこんな形のマグロは見たことないです。(^^;
味は一日漬け込むだけあってヅケの味と香りが非常に濃いです。
数分サッと漬けるだけの瀬川と対照的な味ですね。

04

期待した穴子は脂ののりがそれほどでもなくちょっと残念。
身が冷えているのもこの時期は特に気になるなぁ。(^^; タレの味は良いんですけどね。
「寿司大」や「鮨文」で食べた煮あがりの穴子が恋しくなりました。
そういえば長らく「鮨文」に行ってないなぁ。
あそこは写真撮影が出来ないので記事には出来ませんが、近いうちに食べに行こうと思います。