01

つきじろうさんの記事を拝見して以来、ずっと宿題だった「南ばら亭」に行ってきました。
日本料理の職人が作る親子丼が評判の店です。

02

メニューはこちら。今は和牛スキヤキ丼はやってないみたいですね。
炙り親子丼を食べる予定でしたが、限定の丼に惹かれてそれを注文することに。

03

南部地鶏親子丼・1200円です。
雑誌の情報によると「紅孔雀の卵」という特別の卵を使っているとか。

04

おっ! 半熟トロトロタイプですね〜。卵の黄身の色が濃くて甘みが強そう。
食べると予想通りまろやかでコクがあります。(=゜∇゜)
南部地鶏は身の弾力が強く、地鶏ならではの味の濃さを感じます。

割り下に砂糖やみりんを使わず赤酒を使うことで、甘みがありながらくどさのない
上品な味付けとなってます。地鶏と卵の味が活きますね。

05

個人的な好みで言えば、もう少し鶏肉を大きめにカットしてくれたほうが
地鶏の味が強く楽しめて好きですが、火力の限られた小さな厨房ですばやく火を通し
卵をトロトロに仕上げるのに適した大きさなのでしょう。

食後の感想としては、味には満足できましたが地鶏の量の割りに値段が少々高いかな?
主役を卵に奪われているのでもっと地鶏の旨さを味わいたいところ。
次回は800円の炙り親子丼を食べてみよう。