01

メトロ東西線が通る江東区には「吉左右」や「こうかいぼう」といった名店がありまして
どちらも味だけではなくご主人と奥さんの接客の良さも評判です。
そして同じ江東区の南砂町にも味と接客が評判の夫婦で営まれるラーメン屋があります。
それがここ「とうかんや」。南砂町駅から10分ぐらい歩いたとこにあります。

02

実はあまり下調べをしてこなかったので、何を注文するか迷いました。
店頭の貼り紙を見たところ『塩』に自信があるみたいですね。
ダシの風味を妨げないように、淡い味付けにしてあるという塩ラーメンをいただくことに。

03

塩玉らーめん・750円と卵かけご飯・250円です。
食券を買ってから気づいたんですが、卵をダブルで注文してますね。(^^;
鶴瓶師匠がいれば「卵 X 卵なりますよ!」と突っ込まれていたところ。
(-ω-;)うーむ、日本で数人しかわからないようなネタを書いてしまった。

04

塩らーめんはでっかい丼に熱々のスープがなみなみと注がれています。
名店と呼ばれる店では多くの客に提供するためにスープの量が少ないことが多々ありますが
こちらは惜しみなく使ってくれます。これは客にとっては喜ばしい。

まずはそのスープをいただくと、最初に塩と香味油がガツン!ときます。
貼り紙には淡い味付けとありましたが私には結構濃く感じますね〜。(^^;
室戸産の海洋深層水塩という特別の塩だけあって、たしかに甘みも感じますが
塩分濃度が高いのか塩辛さが際立って感じられます。
揚げネギの入った風味のよい香味油は丁度いい量なんだけどなぁ。
ダシのベースは鶏と魚介で特に魚介の味が強く
飲んだあとに魚介の風味が帰ってくるような感じ。余韻の長い深い味です。

05

麺は中太で加水率が低いのかワシワシした食感のもの。
旭川らーめんによく使われる麺のようなボソボソっとした感じもありますね。
私自身はあまり好みの麺ではありませんがこのスープには意外とマッチしてました。
チャーシューは柔らかく、味玉は黄身の味が濃くて美味。

ちょっとスープが塩辛いと感じたものの、ベースのダシがしっかりしてるので見事完食。
次回注文するときは『味薄め』で頼んでみよう。

06

卵かけご飯も卵の味が良くて文句のない美味さ。ご飯が硬めに炊かれてるのが嬉しい。
ただ店で食べる以上、何か一つ工夫が欲しいかな?

07

店主夫妻の接客は噂どおり気持ちのよいもので好感が持てました。
売り切れるほど人気が出るのも納得です。またお邪魔したいですね。