01

魔神さんが数回記事にされた港区にある「港屋」に行ってきました。
TVでも見かけたことがあり、蕎麦にうるさい魔神さんの評価も上々だったので
是非一度食べてみたかったんですよね。

混雑を外して4時過ぎに伺うとさすがに行列なし。店内の先客は2名でした。

02

一番人気だという温かい鶏そばを注文する予定でしたが
この日は朝からポカポカ陽気でしたので、冷たい肉そば・850円を注文。
生卵がついてきます。ずっしり重いお盆を慎重に運びました。(^^;

03

丼にそばがたっぷりと入れられ、その上に刻んだ海苔がこんもりと。
甘辛く煮られた牛肉とゴマもどっさり入ってますね〜。腹一杯食べたいときには嬉しい。

そばは殻のまま挽いているので香りが強く、冷水で〆られているのでコシがあります。
ただ蕎麦の甘みはどうしても希薄になっちゃいますね。私が苦手なタイプ。(^▽^;)

04

ツユは見た目からしていかにも辛そうで、想像通りかなりの辛さ。
明らかに一般の蕎麦屋とは違いますね。温かいそばのツユは鶏の脂と和風ダシに辛子油を
加えて作ってるそうですが、この冷たいそばもベースは同じかな?

ちょっと舐めてみるとダシの味はほとんど感じません。辛子油の辛味が先行してますね。

05

そばと具を箸で豪快に掴んでツユにつけていただくと、強烈なインパクト!
ゴマの風味、ネギの風味、辛子油の辛味、肉の脂と甘辛さが一体となって襲ってきます。

そば何処行った・・・? (-o-; 香りはまだ感じられますが
そば本来の味、甘みは個性の強いツユに完全に消されてしまいますね。
なんだか何を食べているのかよくわかりません。こりゃ私には合わない・・・。

ツユもインパクトは強いけれど旨さが表層的で薄っぺらい。
ベースが弱いのをごまかす為か、調味料に頼りすぎなんですな。
具体的な名前は控えますが、東池袋系の粗悪な大勝軒で食べたつけダレを何故か思い出し
2口ぐらい食べたところで飽きてしまいました。
そして目の前には丼に残った大量のそば・・・。

06

本心では残して帰りたかったですが、セルフなので大量に残すのも憚られて
ほぼ完食しました。いや〜、小市民ですねぇ。(^▽^;)

魔神さんはこのメニューに★★つけてますが、私は全然美味しいと思えませんでした。
これは珍しいなぁ。私の評価が魔神さんの評価より低いのはこれで2軒目です。
と言っても1軒目は魔神さんの評価は★★
私は★★★をつけたいようなどうしようもない店なのですが。(^^;

さて「港屋」の話に戻しますと、内容から考えても強気の価格設定なのは明らか。
この味と値段で行列するほど人気なら、今後似た様な店がどんどん出来るでしょう。
あと外観、内観を見る限り、店のコンセプトに店主のビジネスマンとしての側面が
色濃く表れてますね。やり手なのはわかりますが、あからさま過ぎてゲンナリします。(-o-;

温かい鶏そばも試してみたいですが、次回の訪問はかなり先になりそうです。