01

この日の夜は葛飾で2軒ハシゴすることに。
最初にお邪魔したのは京成立石駅そばにある「蘭州」です。
本場中国の方が作る餃子が絶品なんだとか。

02

メニューはラーメンと餃子とお酒がメイン。
水餃子と焼餃子、焼ニラ餃子の3種類をご飯とガッツリ食いたいところですが
2軒目のことを考えて控えめに注文することに。

03

水餃子・350円 と 焼餃子・350円 を一人前ずつ注文しました。
お酢とラー油で食べたのですが、この自家製のラー油がとんでもない旨さ。
家で使ってる市販のラー油とは味も香りも全然違うなぁ。(^▽^;)

04

まずは焼餃子を何もつけずにいただくと
こんがり焼けた表面はカリッと香ばしく、中からは肉汁がジュワッ!と。
中の餡は鶏肉メインかな? 肉汁たっぷりだけど後味は意外とさっぱりしてます。

05

そして何といっても特筆すべきは皮の旨さでしょう。
焼餃子にしては厚めで存在感のある皮はモッチリとして小麦の味を強く感じます。

極上のラー油をたっぷりつけていただくと
最初に肉汁の旨さとラー油の刺激的な辛味・香りがガツン!と来て
後に皮の美味しさがずーっと残ります。これは美味い! (=゜∇゜)

06

水餃子はその皮の美味しさがもっと鮮明に感じられる一品。
魔神さんが言われるように、皮を焼く焼餃子とは違って
皮本来の味がダイレクトに出てしまうので、誤魔化しが効かないんですな。

07

焼餃子よりも更に厚く滑らかな皮は、口に入れると吸い付いてくるかのような・・・。
噛むと食感は優しいのに焼餃子以上にモッチリして皮の旨さを堪能することが出来ます。
中の餡ももちろん美味しいのですが、完全に皮が主役の水餃子ですね。
ネットで焼餃子よりも水餃子を評価する人が多いのも納得の味! (*゜v゜*)

08

いや〜、噂にたがわぬ美味しさでした。(゚∀゚)b
2軒目の予定がなければ焼・水餃子ともにお代わりしてたでしょう。(^^;
次回行くときはご飯も頼んでガッツリ食べたいですね。

*詳細な味のレポと他のメニューについて知りたい方は
魔神さんの記事を参考にされてください。その記事はこちら