01

7月にしては珍しくちょっと涼しい朝でした。
6号館にやって来ると、お目当ての「寿司大」には20人を軽く超える大行列。
土曜じゃなくても朝から2時間待ちになる日もあるんですね。(-o-;

「寿司大」を諦め、どこで食べるか考えながら歩いていると
「大和寿司」に行列がないのに気づきました。しかも親方の前の席が空いてる!
実は私、今まで親方の握りを食べたことがありません。
親方の握りをどうしても味わってみたくて、滑り込むように入店しました。

02

せっかく親方の前に座れたのでお好みで注文することに。
まずは小肌・300円を。薄めの〆加減で中々美味。

ふと隣を見ると、若い女性がでっかいカメラでじっくり撮影中。
ヤバイ! こりゃ間違いなくオバちゃんに注意される・・・。
私もお好みで頼んでチンタラ食いながら撮影してると注意されるのは必至!

03

というわけでここからおまかせ・3500円を注文。この日の大トロは本マグロ。
こちらでは基本的にインドマグロを使うのでこれはラッキー。
脂のノリはそれほどでもありませんが、マグロの味がしっかりして美味。

04

ウニは濃厚な甘さがたまらない。
先日ある店で微妙なウニを食べたので、一際美味しく感じます。(^▽^;)

05

車海老はブリブリの食感!
変なとこにワサビがついてるのはご愛嬌。(^^;

06

巻物は鉄火と小柱でした。

07

中トロは脂と赤身の旨さがバランスよく味わえる一貫。

08

イカは甘みがあってシャキシャキしてます。

09

この日はハマチが出てきました。
味がよく、不自然に脂がのっていることもなかったので天然モノかな?

10

最後の一貫は穴子。表面が少し乾いてたけど身は柔らかく中々美味。
でも「鮨文」や「寿司大」に比べると明らかに落ちますね。

私は10分ほどで食べ終わったので何も言われませんでしたが
隣の撮影していた韓国の女性はオバちゃんに何度か注意されてました。
しかし言葉が通じなかったのか普通に撮影を続行。女性は強い。(^^;

最後に親方の握りの感想をいいますと・・・、正直息子さんの方が上かな〜。(^▽^;)