01

さて、2軒目にやって来たのは「香味屋」です。ここを目当てに鶯谷駅まで来たのでした。
魔神さんが5ッ星をつけたハヤシライスとメンチカツを食べたかったんですよね。
その魔神さんによるレポは こちら

てっきり「こうみや」だと思っていたら「かみや」と読むのが正しいそうで。(^^;

02

頼むのは、私が最近その美味さに目覚めたハヤシライス。
メニューにタマゴカツ重なんてのもありますね。洋食屋が一体どんなカツ重を出すんだろ?

03

そしてメンチカツ(小)も注文。

04

ハヤシライスを頼むと最初に出てくるのがこの漬物。
後からハヤシと一緒に食べたのですが、どれも旨かったなぁ。
特にらっきょうとピクルスがシャキシャキして、漬かり具合も絶妙で美味でした。

05

15分ほど待つと料理の到着です。
まずはライスに目を奪われました。瑞々しい米の一粒一粒が立って光り輝いてました。
写真では白飛びしていて判り難いですけどね。(^^;

06

メンチカツ(小)・1150円の衣は細かいパン粉を使ってて、美しいキツネ色。
こちらでは最初からデミグラスソースが下に敷かれています。
デミグラスソースを少しすくって食べてみると、ヾ(@⌒¬⌒@)ノ 美味い!
詳しい味の分析は魔神さんのレポを読んでもらいましょう。
甘み、酸味、苦みのどれもが突出していない優れたバランスを持ちながら
重厚な旨味が押し寄せて来ます。(=゜∇゜)

07

そしてメンチカツはナイフを入れるとスッと切れます。
衣は思った以上に薄く軽く、カリコリッ!とした食感で、中には肉汁がたっぷりと。

08

中から溢れ出る肉汁とデミグラスソースが最高の組み合わせ。
肉汁たっぷりなのに全然重くないのは、タネに使う肉質がいいからでしょうねぇ。
口に入れるとふんわりと柔らかく、脂はサラッとしてますよ。
これはまさしく絶品のメンチカツ!

さくらい」で食べたメンチカツも美味しかったけど、私の好みはこちらかな。

09

ハヤシライス・2300円は非常に具沢山。
牛肉とタマネギとマッシュルームが入り、特に牛肉がたっぷり入ってるのが嬉しい。

10

瑞々しいツヤツヤのご飯の上にかけて頂くと、これまたとんでもない美味さ!
デミグラスソースが美味いから、ハヤシライスも美味いのは想像できましたけど
衝撃的に美味い! (*゜v゜*)
「さくらい」のハヤシライスも絶品でしたが、こちらはタイプがちょっと違いますね。
あちらが甘み、酸味、苦みのそれぞれの主張が強いのに対し
こちらはそれぞれが一体となって複雑でありながらも太い芯が一本通ったような味。

11

具の中ではやはり牛肉が圧倒的な存在感を持ちます。
多分ヒレのとこだと思うんですが、柔らかく肉の旨味が濃いですね。
脂分が少ない部位を使っているのでソースがクドくならないんですよね。

(-ω-;) うーむ、このハヤシはスゴイなぁ。
でも「さくらい」の味の主張が強いハヤシも甲乙つけ難いほど美味いんですよね。
個人的には毎日食べたいのはこっちで、たまに無性に食べたくなるのはあちらかな。
とにかく両方とも美味です。(゚∀゚)b

魔神さんが5ッ星を付けただけあって、メンチもハヤシも激ウマでした。
これからも食べ歩きの参考にさせていただきますぞ!

12

こちらへの行き方は、山手線を使われる場合は鶯谷駅南口を出て左へ。
陸橋を降りた後は地図を参照されてください。

13

メトロ日比谷線ですと、入谷駅の3番出口を出ると一番近いようです。