01

「高はし」に10時頃にやってくると、店頭の看板にあんこう煮となめたかれい煮の文字が!
写真は店を出たあとに撮影したもので、入店したときにはまだあんこうはあったのですが
ちょうど前の客で売り切れ。(-ω-;) うーむ、本当にあんこう煮に縁がない私・・・。

ではそろそろ販売終了になるなめたかれい煮を、シモがあれば頼もうと思ったのですが
こちらも残りはカマの部分のみとのこと。やはりシモは人気なんですなぁ。
第一候補、第二候補に続けてフラれてしまいましたが、ここは「高はし」。
美味い魚のメニューはいくらでもあるのでさほど困ることはありません。

02

今回は 寒ぶりかま塩焼定食・2300円を注文しました。そして追加で ねぎとろ・1700円も。

03

ぶりかまは一昨日の「米花」の記事と同じく神崎さんの記事を読んで食べたくなったメニュー。
ボリュームありますね〜。 (=゜∇゜)
実は今夏にいただいた わらさの塩焼き はこの量の多さがアダとなったのですが
わらさに比べると身がふんわりと柔らかく、脂ものっているので最後まで飽きません。

04

カマのとこは脂のノリが最高潮! 香ばしく焼かれた皮もまた旨し!
大根おろしとスダチが最高に合いますね。
脂がのっているのに身の歯ごたえもしっかりあり、味が濃いのが天然モノの特長なんでしょうね。
養殖モノだと脂が多すぎて身がグズグズになっちゃうとか。

わらさを食べたときは少々持て余した土台(?)まで残さず綺麗にいただきました。 (^▽^;)

05

ねぎとろも是非とも食べたかった一品。
マグロは味が濃く、脂が上品にのった上質なもの。ネギには程よい酸味が。
ねっとりまったりしたマグロの中にシャキシャキしたネギが混ざるとよいアクセント。
ワサビを使わずに醤油をほんの少しつけて食べるのが一番美味しいかも!?
1700円とそこそこの値段はしますが、量も多くCPはかなり高いです。

あんこう煮となめたかれいのシモは食べられなかったものの、ぶりかまとねぎとろの味に満足!
「高はし」にも今年中にあと1、2回はお邪魔したいなぁ。