01

近場でいい店はないかと検索していると、「船橋更科」の近くにうどんの美味い店があるとか。
それがこちらの「手打ちうどん 蔵」。船橋の住宅地にひっそりと佇む小さな店です。

02

店内に貼られたこだわりを読むと、こちらでは『さぬきの夢 2000』という希少な国産小麦を使い
茹で置きのうどんは出さないのだとか。これは期待できますね〜。

03

初めての訪問だったので何を注文するか迷いましたが
お昼に頼むとちょっとお得になる お茶漬けセット・700円にすることに。

04

注文から10分後、まずは ざるうどんの登場です。

05

うどんは中太でコシの強さはそれほど感じないものの、甘みが非常に強く、香りも豊か。
太さと強力なコシを売りにするうどんが多い中、こちらは麺自体の味で勝負していますね。
機械を使わない古式手打ちの製法が、粉の味の真価を引き出しているのでしょう。

06

麺の甘みが強いので、ツユもカエシをピンと立たせてるんですね。
ちょこっとつけて一気にすするのが一番美味い食べた方かも。 (=゜∇゜)
最初に麺の風味がパ〜ッと広がり、後からツユのダシの風味がふわっと追いかけて来ますよ。

07

うどんを食べ終えた頃にお茶漬けが到着。
今回は5種類のお茶漬けの中から店がオススメする天茶を選択。
結構大きな丼にでっかい野菜のかき揚げがドドン!と乗せられておりました。

08

かき揚げは揚げ立てではありませんが、サクサクとした食感がよく
中にふんだんに入れられた野菜の味も悪くありません。特にさつま芋の味が印象に残りました。
ただかき揚げが大きすぎるので、後半は油が溶け出してご飯がドロドロに・・・。
(-ω-;) うーむ、これはちょっと〆めには重すぎるかな? かき揚げは別皿に乗せるといいかも。

09

お茶漬けは微妙でしたがうどんの味はかなり気に入りました。
船橋の隠れ家的な店として重宝しそう。スープカレーや鴨汁も試してみたいですね。

※ こちらは既に閉店しています。