01

築地に来て、恒例の「高はし」の看板チェック。
するとそこには幻の 小あまだいの一夜干し の文字が!
写真では既にメニューから消されていますが、実はこれは店を出た後に撮影したもので
甘鯛の最後の1本をいただくことが出来ました。ツイてるなぁ。

02

甘鯛が焼き上がるのを待つ間に刺し盛をいただくことに。
今回は1500円でつくってもらいました。

03

刺し盛・1500円です。本マグロ、ブリ、平目の3種類。

04

まずはマグロに岩海苔を乗っけていただきます。
・・・美味い。 (=゜∇゜) これはいい中トロですね〜。

05

ブリも脂がいい具合にのってます。
単に脂がのっているだけではなく、身質がしっかりしてるのが天然モノの証しですな。

06

平目も旨み充分!「高はし」でも白身は数日間熟成させたりするんですかね?

07

ちょうど刺し盛を堪能し終えた頃に 小あまだい一夜干し定食・3300円が到着。

08

ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
小あまだいって書かれてますが、結構迫力ありますね。お皿からはみ出してます。

09

店の方に「最初は醤油をかけずにそのままどうぞ。」と言われ、まずはそのままいただきます。
・・・美味い! (゚∀゚)b 旨みが濃く、甘みを非常に強く感じます。名前の通りですね。

10

見た目は少し焦げているように見えますが、それはあくまでも表面だけで中はふんわり。
皮はパリッと香ばしく、身は脂がのってジューシー。このコントラストがいいですな。

絶妙な塩加減が甘鯛の甘みを更に引き出してます。これは調味料の出る幕がないなぁ。 (^^;
何もつけないまま、表を綺麗に完食してしまいました。

11

表を食べ終えてもまだ裏がある喜び。
大根おろしとスダチを使って食べると御飯によく合いますな。
スダチは絞るというより、香り付け程度に軽く塗るような感じで使うのが私のオススメ。

12

美味い刺身と、美味い焼き魚に、この日も大満足でした。