01

週末は京成線に乗って京成大久保へ。お邪魔したのは駅から徒歩2分の場所にあるこちら。
以前オススメしていただいた「パンケ」です。味噌ラーメンの老舗なんだとか。

02

昼食どきを過ぎた中途半端な時間にも関わらず、客席は半分以上が埋まってました。
年季が入ったメニュー表から選ぶのはもちろん味噌。ネギ味噌や肉味噌にも惹かれましたが
初訪問でしたのでノーマルの味噌ラーメンを注文することに。

03

みそラーメン・750円です。深めの丼にネギがこんもりと盛られて出てきました。

04

ネギをちょいとどけるとたっぷりの野菜が顔を出します。もやしやキャベツ、人参、キクラゲ。
メンマやコーンもごっそりと。野菜はどれもシャキシャキ感が残ってました。

05

スープは動物系のダシで、豚骨の旨みがしっかり感じられます。
味噌の濃度や辛さはマイルドではありますが、まろやかで奥深い味。
油の量は一般的な味噌ラーメンに比べると控え目ですね。
ダシ、味噌、油のどれもが突出した主張をしないバランスで勝負するタイプ。

強烈なインパクトこそないものの、飲み進めていくうちにじんわりと旨さが伝わってきます。
この味が地元の方を惹き付けるのでしょうね。

06

麺は札幌からわざわざ空輸する特注の麺。スープとの相性がいいですね。
中細麺にちょっぴりスープを吸わせて、もっちりした食感にして食べるのが私好み。
野菜やメンマと絡めてガバッ!と食うと実に美味でした。 (=゜∇゜)

07

スープの味付けが優しく、油のクドさがないので、つい飲み干してしまいました。
味噌ラーメンで一滴も残さずに完食してしまったのは何年ぶりだろう・・・。

08

私が食べている間にも客は引っ切り無しに訪れておりました。
ここの味が恋しくなった頃に、私も再訪しようと思います。