01

「小田保」にお邪魔しました。

02

今回は以前から気になってた上かつ丼を食べに来たのです。
あと何か一品欲しいと思ってメニューボードを見ると、ホタルイカの文字が。

03

つい反射的に注文してしまいました。ホタルイカ・450円です。

04

寿司屋じゃなくても鮮度の良いホタルイカを使えるのが市場の強み。
臭みなど全くないんですよ。

05

醤油は足にチョンとつけるぐらいが美味いですな。ワタが実に甘い! (=゜∇゜)

06

そして主役の 上かつ丼・1100円の到着です。

07

ふんわりした玉子のかかり方が芸術的な美しさ。
早速いただくと豚肉は柔らかく、衣にはサクサク感がしっかり残ってます。
カツを包む玉子のとろみがたまらないですね〜。

08

割り下は甘辛さが主張しすぎない、いかにも「小田保」らしい穏やかな味付け。
後にほのかに香る三つ葉もまたいい仕事をしてくれます。

合間にホタルイカを挟みつつ、食べ進めているといつの間にか完食。 (゚∀゚)b
カツ丼を食べた後なのに口の中にしつこさが残らないのも「小田保」らしいところ。

09

女将さんに伺ったところ、並のカツ丼とは肉質やカツの大きさなどに違いがあるそうです。
でもつきじろうさんが以前食べられたカツ丼も実に旨そうです。

「小田保」と「八千代」のカツ丼の食べ比べをされたつきじろうさんの記事は こちら
写真を見る限り、「八千代」のカツ丼の方がこってりしてそうですな。 (^^;