01

先週の金曜は築地へ。
まずは恒例の「高はし」の店頭メニューチェックをすると 噂のしじみ味噌汁 の文字が!
ところが店内を覗いてみると、既にお品書きから消えていました・・・。

うーん、残念。食べるなら朝一を狙う必要がありそうですな。 (^▽^;)

02

そこでお隣の「米花」へ。久しぶりにここの焼鳥丼を食べたくなったんですよね。
ただいつもとはちょっと違ったものを食べたくなりまして・・・。

『もも肉、レバー、つくねが入った焼鳥丼って出来ますかね?
    出来ればももとレバーは塩で、つくねはタレで食べてみたいんですが。』

『出来るけど丼だと全部タレの味になっちゃうから、つくねだけ丼にしようか。』

03

そう言って出していただいたのがこちらの 焼鳥丼・1150円。
もも肉が3本分入った通常の焼鳥丼は味噌汁付で1000円なので、つくねを入れるとこのお値段。
小鉢のタコの柔らか煮はサービスでいただいちゃいました。 (^^;

04

『昨日おまかせ用に煮たんだけど、あとこんだけしかないから食べて。』
と出していただいたこのタコは驚くほどの柔らかさ! (=゜∇゜)
ただカズオさんによると、煮上がりだと更に柔らかくて最高に美味いのだとか。

味付けは見た感じよりもずっと上品で、口の中でふんわりもっちり。

05

焼き鳥は相変わらずの大きさ。炭火で香ばしく焼かれたももは、噛み締めると脂がじゅわ〜と。

若焼きしてもらったレバーも中はしっとりジューシーで私好みの焼き加減。
レアとミディアムの中間の、うっすら血が滲んでるぐらいが一番美味いですな。

06

そしてつくねもまたいいお味。食べ応えがあるのはやっぱりコレですね。
鮮度の良い鶏を挽いているので臭みなど全くなし。
甘辛のタレとの相性も抜群で、ご飯が進むのなんのって!

合間に挟む味噌汁も、いつものようにダシがよく効いて美味。
瞬く間に食べ終えて、プーアル茶を飲んでホッと一息・・・。(゚∀゚)b 

以前いただいた通常の焼鳥丼の記事は こちら