01

お盆休み明けの月曜に築地に来てみると、場内は大混雑!
そして「寿司大」、「大和寿司」、「鮨文」の前にはものすごい行列が・・・。
海外の方が特に多い日だったんでしょうね。

そんな中、私は人を掻き分けるように「米花」へ。
店に入ると 『今日のおまかせスゴイいいよ〜!』 とジローさんの声が。迷うことなく決定です。

02

この日いただいたのは 銀鱈の煮付け定食。小鉢は私の大好物のナスの味噌炒めでした。

03

大きな銀だらがお皿にドーンと乗ります。
この皮がまた旨いんですよね。上手く調理しないとボロボロになっちゃうそうですが。 (^^;

04

肉厚な身も見ただけで脂が乗ってるのが判ります。
箸を入れるとホロッと取れて、口の中でふんわり! 思った以上の脂のノリです!
身はびっくりするぐらい甘い・・・。これは美味いなぁ〜! (=゜∇゜)

見た感じではかなり味付けが濃いと思われるでしょうが、これが全然くどくないんですよ。
骨までしゃぶりつくすように、一片の身も残すことなく綺麗に平らげてしまいました。

05

小鉢のナスの味噌炒めもいいお味。食感がしっかり残ってるのが美味さのポイントですな。
「米花」の煮物とかお惣菜って食べると何故かホッとするんですよね。

ふとジローさんを見ると、台湾からのお客様に日本語を教えている最中で
厨房ではカズオさんが 『今日は魚が全然無くて、仕入れに苦労したよ〜。』 と苦笑してました。

さ〜て、「米花」でもそろそろ生いくらが登場する頃かな?