01

2週間ぶりに築地にやってきました。既に場内はほとんどの店が閉店してる時間でしたので
場外のこちらに久々にお邪魔。2年ぶりの訪問となる「長生庵」です。

02

前回は変化球的メニューのつけカレー蕎麦をいただきましたので
今回はオーソドックスなものを。温かい天ぷらそばなんかいいですね。

03

海老穴子そば(温)・1250円です。ここは蕎麦屋でありながら天ぷらも評判でして
その中でも特に穴子がつきじろうさんやなべひろさんに絶賛されております。

04

まずはその穴子をツユに浸かっていないところからガブリと一口・・・、美味い!
肉厚の穴子は柔らかで臭みなどなく、甘い脂がじゅわ〜っと口の中に広がります。
衣はふんわりサックリして、油切れも文句なし。海老天もプリッとして中々いいお味。

しまった! 天ぷらは別皿に盛ってもらえばよかった。塩で食べるともっと美味いはず。
まぁ、ツユでふにゃっとなった衣もまた美味しいんですけどね。 (^▽^;)

05

そばは香りは強くありませんが、なめらかでツルツルシコシコしてます。コシも強くて私好み!
ツユも甘ったるくなく、上品でスッキリした味わいでかなり気に入りました。

前回お邪魔したときは、カレーつけダレの味と塩分の濃さにノックアウトさせられまして
しばらく遠ざかっていたこちらの店ですが、普通のそばも食べておけば良かった・・・。

06

開花丼ってみなさんご存知?
丼モノも気になるけれど、私は次回もそばを頼んでしまうでしょう。

07

「長生庵」を出た後はこちらへ。
つきじろうさんの記事でその存在を知った「さのきや」です。

08

基本メニューの 本マグロ・150円を注文。
本マグロといっても、材料にマグロが使われているわけではありません。 (^^;

09

マグロの形をした鯛焼きなのです。カツオにも見えるとか野暮なこと言っちゃいけませんよ。

10

割ってみますと、厚めの皮はパリッパリ、サクッサク。小倉あんは甘さ控え目で私好み。

・・・ただ正直な感想を述べると、ごく普通かな。衣と餡のバランスがイマイチ。
小倉も甘さ控え目なのはいいですが、特別美味いというわけでも・・・。
私は「うさぎや」のどら焼きを定番土産にしているので、つい辛口になっちゃいますね。

11

場外をちょっと見て回ったところ、格安の鰻丼を食べさせる店を見つけました。
値段からして中国産の鰻を使われてるのは想像できましたが、HPを拝見したところ
自社で中国に鰻の工場を作られたとのこと。 HPは こちら

中国産鰻で気になるのは味は勿論のこと、その安全性。
その問題がクリアされて、旨い鰻が格安で食べられたら言うことないですよね。