01

今週の水曜日に大盛況!+大好評!?のうちに幕を閉じた 大つけ麺博。
ラストの第三陣でも3軒で食べてきましたので、土日月と1軒ずつ記事をあげていきます。

もう誰も食べられない終わったイベントのレポを上げる意味はあるのか?
なんてことは言わずに温かく見守ってくださると助かります。 (^▽^;)

02

さて第三陣に最初にやってきたのは「頑者」。
川越に本店があるこちらは、豚骨魚介スープに魚粉を加えたスタイルを確立した店なんだとか。
「六厘舎」や「とみ田」のルーツ的な味ということで一度食してみたかったんですよ。

03

その元祖が今回用意されたつけ麺がこちら。
ネクストレベル・800円 です。トッピングに炙りチャーシュー・100円 を。

04

まずは麺からそのままいただきます。
四種類の小麦をブレンドした自家製麺は、表面がツルツル、食感はモチモチ。
程よくコシがあり、香りは希薄ですが、甘みがしっかりと感じられます。

05

つけダレは豚骨・鶏がらの動物系に、煮干しや昆布、カツオ・サバの魚介系をバランスよく
合わせたもの。舐めてみるとザラリとした魚粉が舌に残ります。

おお〜! これが元祖の味ですか。魚粉は使ってもそれだけに頼った味ではないですね。
魚粉はあくまでも粘度や魚介の香りを増すために補助的に使い、ダシの旨さで勝負してる感じ。

06

麺とスープの絡みも当然よいですね。
太麺につけて一気にすすると、魚介の香りとともに動物系の重厚なダシがどーんと響いてきます。

これは美味い! あっという間に食べ尽くしてしまいました。 (゚∀゚)b
麺大盛のトッピングがあれば嬉しかったなぁ。
本店がある埼玉の川越は遠いけど、近くに寄る機会があれば是非行ってみたいですね。

07

この後はこちらで連食。記事は明日更新します。