01

年末の激混み前にもう一度食べたいと思って「寿司大」へ。
まだ薄暗い時間に着くと、なんとか待てる範囲内の行列。慌てて最後尾に並びます。

02

30分ほど待って無事に入店。最初に頼んだのは未食の アワビの肝焼き。
つきじろうさんが以前記事にされてますね。まさぞうさんも先日堪能されたとか。

味噌の香ばしさとともに運ばれてきます。

03

別アングルからもう一枚。
肝から出た旨味が味噌と混ざり合って濃厚な味わい。身と絡めて食べると美味いですね。
アワビの肝自体はあんまり一般受けする味ではないですが、興味を持たれた方は
一度は食べてみるといいかも!? ちなみに値段は1500円前後といったところです。

04

この後は特に印象に残ったネタを。まずは マグロの漬け。
ネットリした食感で、まろやかな漬けだれが赤身の旨さを優しく包み込んでますね〜。
久々にマグロを上手く撮れたような気がします。 (^▽^;)

05

鰆 はこの日もお腹のところをお願いしました。
うーん、これまた絶品! 脂の旨さはマグロやブリにも一歩を引けを取りません。

大好物のサバやブリもいただきましたが、前回の記事でも写真をのせてますので割愛。
未読の方は前回の訪問記事をどうぞ こちら

06

最後の写真は 煮穴子 です。
見た感じでは普通の煮穴子ですが、実はコレはお腹の真ん中の部分だけを握ったもの。
口に入れるととろけるのはいつものことですが、不思議なことに歯に感じるのはシャリだけ。
しかし舌と頬ではトロトロの穴子が徐々に溶けていくのを確実に感じるのです。

小骨も全くなく、舌触りが実に滑らか! これは「鮨文」の穴子に勝るとも劣らない味でした。
こんな穴子も出してくれるんですね。「寿司大」まだまだ奥が深いです。

つきじろうさんの「寿司大」のアワビの肝焼きの記事は こちら
牡蠣も美味そうだなぁ・・・。
神崎さんも先週お邪魔されてます。記事は こちら
私としては「寿司大」後の「米花」のレポの方が羨ましいのでした。