01

え〜、1月ももう半分が終わりますが、皆さん、あけましておめでとうございます!
今年もサラッと読めるけど、あまり身のないブログを書いていこうと思ってます。 (^▽^;)

さて、築地が始まった5日にお邪魔したのは「高はし」です。
店頭の あなごの白焼き の文字に誘われて店内へ・・・。

02

まず最初に運ばれてきたのは あなご丼・1100円。
今年はダブルで穴子初めしようと思って頼んじゃいました。

何度も食べてますが、「高はし」のあなご丼には飽きませんね〜。
素材がいいのは勿論のこと、魅力はなんといっても絶妙の火加減とすっきりしたタレの旨さ。

03

間もなくして あなご白焼き・1500円 も到着。

04

久々にいただきましたが、これまた絶品!
穴子本来の甘みを強く感じ、身の弾力を楽しめます。柔らか煮とはまた違った美味しさですな。

05

醤油をサッと回しかけてもまた旨し! (=゜∇゜)
「高はし」で一番好きな煮物は? と聞かれると悩みますが、焼き物は? と聞かれたら
私はこの あなごの白焼き と即答できます。今年は何回食えるかな?

06

そして二日後はお隣の「米花」へ。
ジローさんと新年の挨拶を交わし、おまかせを注文。

07

今年最初にいただいた おまかせ はやけに豪華!
メインは鶏肉の南蛮焼きで、副菜がマグロの中落ちとヒジキ煮。お椀はタラ汁でした。

08

「米花」の中落ちはマグロの味が濃厚! 相変わらず美味いですね。

09

タラ汁にはでかい切身がごろっと入ってます。ダシを吸ったネギがまた美味いんですよ。

10

主役の鶏肉は甘辛く仕上げてありますが、味付けはあくまでも控え目。
でもジローさんが
『マヨと韓国の辛いのを一緒につけて食うと美味いよ〜!』と言うので試したら
それもまた旨かったりするんですよね。 (^^;

量がかなり多かったですが、気合を入れてなんとか完食いたしました。
今年も「米花」には一番お世話になるでしょう。 (*゜v゜*)

同じ日に中落ちご飯とヒジキご飯を堪能された神崎さんの記事は こちら
鶏肉を食べ切れなくて持ち帰りされた旦八さんの記事は こちら

11

おまけで今週お邪魔した「寿司大」での写真を少し。
閉店間際に滑り込むように入店すると、あんまり魚が残ってませんでした。 (^^;

まだ 生いくら があったことに驚き! 味も全く問題なく美味! 2度お代わりしちゃいました。

12

この日の珍しいネタはこの 甘海老。冷凍モノとは旨さに格段の差がありますね。
臭みが無く、ねっとりとした食感で、名前の通りの豊かな甘み!
ちょっと付いてる卵がまたいい仕事するんですよ。 (゚∀゚)b

では新年一発目の記事はこの辺で! 今年もよろしくお願いします〜。