01

先週ちょっと暖かかった日に「寿司大」に行くと、行列は10名となんとか許容範囲内。
というわけで久々に並ぶことに。気温が10度ぐらいあると、待つのもそこまで苦になりません。

※ 写真は店を出た後に撮影したものです。

02

30分ほど待って入店し、まず注文したのは 白魚。
常磐の白魚だそうです。普段のものより一回り太いですね~。

03

お次にいただいたのは 若筍。
シャクシャクっとした歯ざわりのよい食感で、鮮烈な旨味と爽やかな香りに圧倒されます。
若筍の握りは昨年もいただきましたが、この日の方が遥かに美味でした。
昨年いただいのは昼過ぎだったからでしょうか? 9時間違うとここまで味が違うんですね。

04

最近「寿司大」でハマリつつある 焼き穴子 は塩で。
これも香りと食感がたまらない一品。次回は煮切りと塩を食べ比べてみよう。
※ 焼き穴子は生の穴子をさばくところから始めますので、15分ほど時間がかかります。
なので注文される際は、お早めに。出来れば席に座った直後に注文されてください。
勿論お腹の空き具合によって追加注文したいと思われる方もいらっしゃると思いますが
終盤に注文されると表で待つ方を、15分も無駄に長く待たせてしまうのです。 (^^;


05

タラの白子 は今が美味しさクライマックスかもしれません。
軍艦からこぼれんばかりに乗せられたぷるぷるの白子は、まったりとしたコクがたまらんですな。
大きな軍艦をなんとか一口で頬張ります。鼻に抜ける空気までもが美味しい・・・。

この後ノドグロやアンキモ、見事なブリもいただいて、今回も至福の時間を過ごしたのでした。

06

さて、今日はおまけで以前お邪魔したこちらの記事も。
なべひろさんの『 築地あるき 』で知った「秋山商店」です。

07

こちらには何種類かおにぎりが売っているんですが
なべひろさんがオススメしているのがこの銀シャリおにぎり。
朝8時から8時半の間に売り始めるそうで、この日は出来たてを買えました。

08

場内で食べた後だったので、購入したのは一つだけ。
銀シャリおにぎり・100円 です。漬物がついてきます。

しっかりと握ってあって、塩気は控え目。米の一粒一粒が美味しさを主張してきますね~。
実は以前も昼過ぎに買ったことがあるんですが、気温のせいもあって少し硬さが目立ったんです。
まだ温かい握りたてだと、旨さが全然違いますね~。
胃袋に余裕があるときに、今後もちょくちょく買ってしまいそうです。 (^▽^;)