01

なんとなく五目焼きそばを食べたくなる時ってありませんか? ある夜の私がそうでした。
というわけで、神田で見つけた小さな中華料理屋でいただくことに。
「東華楼」ってあちこちでよく見かける名前ですよね。何か関連あるんでしょうか。

02

店内に入り注文したのはもちろん五目焼きそば。

03

厨房から聞こえる調理の音にテンションを高めながら待つこと少々。
五目焼きそば・780円 の到着です。

04

麺の上にこんもりと盛られた餡には具材がたっぷりと。
コレコレ! やっぱり五目焼きそばはこうでなくっちゃいけません。

05

中から麺を引っ張り出すとこんな感じ。いいですね〜。
焼き加減をところどころ変えることで、様々な食感の麺を楽しむことが出来るのですよ。

06

麺に具を絡ませていただきます。
パリパリでいてカリカリでありながら、時にもっちゃりしてて、とろ〜んと。
読んでもよく判らないと思いますが、ニュアンスで理解していただけると幸いです。 (^^;

07

具材には豚肉、芝エビ、イカに白菜にタケノコ、キクラゲ、人参、ウズラの卵・・・etc。
五目といいながら、実際は十種類ぐらいの具が入ってるんじゃないですかね?

これだけ贅沢に具を使って780円はお得だと思います。
以前どこかで食べたときは、魚肉ソーセージが使われてたのに1000円ぐらいしたなぁ。 (^▽^;)