01

「米花」へ行ってきました。外観写真は使い回しです。 (^^;

02

この日のおまかせは メジいくら丼。
まず小鉢の煮物からいただきますと、シャキシャキしたタケノコから甘いおツユがドバッ!と。
釣りキチ四平さんが土曜に持ってきてくれたんだとか。びっくりする旨さでした。

03

さてメインのメジいくら丼がこちら。
ニュージーランド産の生いくらって初めていただきました。
日本のものに比べると粒が小さいけれど、旨味は中々のもの。
皮が柔らかく、口の中でねっとりと溶ける様はまさしく生いくらです。

ただこれは某御大お好みのお茶漬けには不向きでしょうね。
お茶をかけるとドロドロになってしまいそう・・・。 (^▽^;)

04

ヅケにされたメジマグロもいいお味。
こちらもねっとりとした食感で、ヅケの香りが食欲をそそります。
これならお茶漬けにも合うでしょう。

05

ついでに先週食べたものも。
このときのメインは イサキの塩焼き。

06

イサキがお皿からはみ出しております。 (^^;

07

香ばしく焼かれた皮目の旨さにノックアウトされました。
旬にはまだ早いはずなのに、じゅわっと滲み出る脂が美味い。

08

小鉢のぜんまいの煮物もさることながら、色々な具材が入ったジャガイモの天ぷらが美味!
「米花」では毎日のように食べたことのないものが出てくるのも魅力の一つ。

私もこの小鉢の味に魅せられて、ついつい通ってしまうのです。 (^▽^;)