01

「寿司大」狙いで5時40分に築地に行くも、行列は30名超・・・。
15人程度なら選択の余地もあるのですが、その人数では悩むことすら出来ません。
とっとと諦めてお隣の「八千代」にお邪魔するのでした。

02

やっぱり旬のハモを食べなければ。穴子との食べ比べなんてもいいですね。

03

注文したのは ハモ穴子ホタテフライ定食・1500円 です。

04

穴子フライがどーんとお皿に横たわります。
サックサクの衣に包まれた身をワシャッ!と噛むと、口の中に甘みがぶわっと広がります。

05

次に肉厚のハモにかぶりつきます・・・、あれっ? ハモにしては身に弾力がないなぁ。
穴子に比べると筋肉質(?)なしまりのある身がハモの特徴のはずですが
優しくふんわりとした食感で、歯を押し返すような抵抗感がありません。

ハモにも個体差があるんでしょうな。でも身の甘さには文句なしです。

06

ぷりっぷりのホタテの弾力には毎度のことながら驚かされます。
ここと「米花」のホタテは格別の旨さですね。そうそう、「寿司大」のホタテも美味いですよ。

07

鮎の唐揚げも一度食べないと。でも鮎だけだと途中で飽きそうな気も・・・。
これも何かと組み合わせたセットがあると嬉しいんですけどね〜。

3種のフライを美味しく平らげて店を出ると、「寿司大」の行列はさらに増えて40人超!
愛しの煮ハマを食えるのはいつの日か・・・。