01

数年ぶりに鶯谷の「遊」にやってきました。

02

オーソドックスに 中華そば・600円 を注文。

03

煮干しの粉がキラキラと光るスープをいただくと、コクと旨味が口の中に広がります。
それでいて煮干しの苦味はクセは感じさせず、力強さとまろやかさが同居した上品な味わい。
「伊藤」のような煮干しの津波が襲ってくるような衝撃こそありませんが
ご主人はバランスに重きを置いて、「伊藤」とは違ったベクトルで高みを目指しているのかも!

チャーシューは私がかつて「伊藤」で食べたものよりも遥かに美味い・・・。
様々なサイトで見る限り、ブレが大きいこちらのチャーシューですが
この日のものはしっとりして柔らかく、程よくジューシー。理想的な味でございました。

04

滑らかな舌触りの麺は決して太いわけではないのに圧巻の存在感。
噛むとパツンパツンと気持ちよく弾ける様に切れ、麺の甘みと一緒に小麦の香りがぶわっ!と。

こちらに来るのも数年ぶりですが、麺は旨くなってるような気がします。
これなら本家にも引けをとらないんじゃないでしょうか?

05

瞬く間に食べ尽くし、店を出た後に外観写真をパチリ。
もう一度暖簾をくぐりたくなった欲求をなんとか抑えて、鶯谷を後にするのでした。

※ こちらは既に閉店しています。