01

宿題であったとあるメニューを求めて築地本願寺周辺をウロウロ。
地図ではこの辺なんだけど・・・と歩き回っているとお目当ての看板を発見。
夜は「SiSi」という名前のBarなんですが、平日の昼限定で面白いものを出しているんですよ。

02

昼は「たれめん十六」の名で営業。たれめんってのはジャンルで言うと、まぜそばになりますかね。
麺とタレをかき混ぜて食べるスタイル。「ジャンクガレッジ」とか有名ですね。

03

麺量によって値段に差があります。今回は中盛りを注文。

04

たれめん中盛り(200g)・700円 です。
トッピングで 滋養卵の温泉卵・100円 と日替わりの野菜から 揚げ赤ネギ・100円 を追加。

05

具はチャーシュー、メンマに白ネギといたってシンプルな構成。
なので各々がトッピングと卓上に置かれた調味料で個性を出す必要があるわけですな。
揚げ赤ネギは香ばしく、サクサクした食感が非常に良かったです。
これをニンニクにしちゃうと匂いのせいで敬遠されるでしょうね。 (^^;

06

麺は浅草開化楼の太麺。モッチリ感の強い噛み応えのある麺は熱々で提供されます。
底にたまったカエシ濃い目のタレとよく混ぜていただくと旨いですね。

07

基本的に味付けが濃いめなので、温玉を入れると味がまろやかになるとともに
程よくとろみもついていい感じ。ここでは温玉は必須のトッピングと言えるでしょう。

卓上の調味料を使用した例はつきじろうさんの過去記事でどうぞ。 こちら