01

秋葉原の「玄菜院」に再訪してきました。
工事中でしたので臨休かと思いきや、普通に営業されてて一安心。

02

今回は野菜を使ったラーメンをいただくことに。
3種ある野菜メニューの中から基本の玄菜麺を注文。

03

玄菜麺席・1000円 です。ラーメンに野菜の盛り合わせがつくセット。

04

具の中で揚げレンコンが目を引きます。
まずはスープをいただくと、思った以上に旨味の強さを感じます。
動物系、魚介系のダシを使わずに野菜だけで取ったスープとは思えないほど。
味噌が入っていて、もちろんそこから旨味も甘味も出ているのですが
ベースのスープが味噌に全く負けてないですね。ただこの味噌なくしてこの味は出ないのかも。

05

麺は全粒粉が練りこまれた中太麺。軽くウェーブがかかってスープとの絡みよし。
野菜だけで取ったスープだとどうしても香りが弱いので、それを麺の全粒粉が補ってます。

06

和の盛り合わせは左からわさび菜の胡麻和え、カレー風味のジャガイモスライス。

07

焼き獅子唐、辛味をつけたほうれん草にゴボウの酒粕漬け。
どれも和食の料理人によって作られ、一つ一つの完成度が高いです。
野菜だけでも立派なトッピングになることに改めて気づきます。

08

『 様々なアレルギーを持つ人でも食べられる 』というコンセプトから生まれたというこのメニュー。
野菜だけで作ったラーメンなのに、物足りなさを感じさせないのに驚き!

09

ラーメンを食べ終えた後、魔神さんが記事でふれていたケールを練りこんだ麺について
玄さんに色々と聞いていたら、試食をさせていただきました。美しい色が出てますね〜。

10

麺だけで食べてみると、ケールの穏やかな苦味が小麦の甘さを引き立てる感じ。
香りも実にいいですね。スープに入れて食べるよりもそのまま食べた方が美味しいかも!?
これでさっぱりしたつけダレのつけ麺を作ったらさぞ旨いのではないでしょうか。

今はコストの問題で商品化は難しいというのが残念。
試作品はもう一つ、胡椒を練りこんだ麺もあるとのこと。そちらの味にも興味津々です。

魔神さんのケール麺のレポは こちら