01

先週は神崎さん、ジローさん、Cちゃんと4人でまたもや立石へ。私は皆から遅れての到着。
暖簾が新しくなった「宇ち多゛」の店内を覗いてみると、3人並んでもつ焼を堪能中。

時間潰しに魔神さんおすすめの「玄庵」と「土日庵」の場所を確認のためにウロウロしていると
神崎さんから着信が。私を気にして早めにお店を出てくれたようです。 (^^;

02

立石の街をぶらぶらした後、お邪魔したのは「鳥房」です。

03

ここでは前回と同じメニューを。まずは ぽんさし・530円。
薬味をたっぷり乗せて食うとビシッとした辛さがいいですね。

04

若鶏唐揚・630円 は4人で2つを注文。
4人で2本しか頼まないことで女将さんに嫌がられたけど、連食するなら丁度いいんですよね。
ちなみにここでは一人必ず1本注文するのが決まりということで、それぞれ御土産にも購入。

05

「鳥房」で土産用の唐揚を受け取った後は「栄寿司」へ。

06

夕方だったので既に無くなったネタもちらほら。
ここでは神崎さんと一貫ずついただくことに。

07

金目鯛・400円 はいい色出てますね。脂がのって中々。

08

炙ってから出してくれる 穴子・400円 は口の中でホロッととけます。

09

脂がノリノリの さば・200円 と たこ頭・200円 をいただいてここではお勘定。
タコの頭って面白い食感ですね。でも味は身のほうが美味しいかな。 (^▽^;)

10

「栄寿司」を出た後は「舟和」でまったりと過ごし、最後にお邪魔したのは「蘭州」です。
こちらも立石での定番コースの一つになりました。

11

ここに来たら餃子を全種類注文するのが決まりみたいになってます。

12

餃子が出来るまでのつなぎとして 牛すじ香菜のせ・600円 を注文。
香菜の香りも味も控えめで食べやすいのは相変わらず。

13

烏龍茶玉子・100円 なんてものも頼んでみました。味は普通のゆで卵とあまり変わらないかな。

14

さて 焼餃子・350円 と 焼ニラ餃子・400円 が到着。
カリッと焼かれた皮が香ばしく、中からは肉汁があふれます。旨いですが、これはまだ前座。

15

主役の 水餃子・350円(写真は2人前)が湯気とともに登場するとテンションもクライマックス!

16

自家製ラー油をたっぷりかけて食うと格別の美味さ!
気の合う仲間達との食べ歩きを締めるにふさわしい味でございました。